プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/04/26 (Sat) 23:55:53
長期投資は実は難しい?
 最近、仕事が忙しくて、正直言うと投資にあまり時間が割けなかった。まだ仕事は忙しいのが続いているが、気分転換も兼ねて読んでいなかった4月のセゾン投信の「お客様へのメッセージ冊子」を読んでみた。4月はGAIA株式会社の中桐啓貴氏が寄稿していた。GAIA株式会社のというより「会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方―確実に儲けを生み出し続けることが、お金持ちへの第一歩」の著者と言った方がなじみがあるかもしれない。

 中桐氏は長期投資の難しさについて述べている。

長期投資というのはなかなか忍耐が必要なことであり、周りが一斉に売っているときにもジッと耐え忍ぶ姿勢が不可欠です。また反対に短期的に儲かっても浮かれることなく、投資を継続しなければなりません


 これを読むと確かに簡単なことではないと感じる。まわりがどう動こうとそれとは関係なくひたすらじっと耐え忍ぶ、儲かっていても浮かれない、というのは、それだけの強い意志がないとできないことだろう。


 私は長期投資の難しさというのを意識したことはあまりなかった。投資を始めた時からもともと長期で行おうと決めていたので、そのレールが敷かれていてそれに乗っかるだけ、それは既定路線、そのレールを進んでいくことが難しいことなどとあまり考えたことがなかった。

 一方で、投資を始めて間もなく感じたのは、どの金融商品で運用するかということであった。どの投資信託を買うべきか?パフォーマンスのよい投資信託はどれか?ITバブルが崩壊し、航空機同時多発テロ事件などで経済が大きく落ち込み、保有していた投資信託も大きな含み損を抱えることとなった頃には、投資信託は手数料が高いので、個別銘柄を直接買った方がよいのではないか?などなど、いろいろと考えた記憶がある。

 でも、それはあまり意味のある悩みではなかった。投資や資産運用で成果の大きな部分を占めるのはアセットアロケーションだとも言われており、適度に分散されたポートフォリオを組むことで事足りるというところに達した。強いて言えば、仕組みがシンプルで低コストな金融商品を選ぶということがあると思う。

 blogを始めて、いただいたコメントなどを読むと、相場が下落して保有の金融商品も大きな含み損を抱えてしまうと、平然としていられないという内容が意外に多い。まさに中桐氏が述べている内容と通じる。相場が下がって含み損を抱えてもじっと耐え忍ぶ、相場が上がって含み益が出ても浮かれない、自分の気持ちをうまくコントロールしなければならないのだ。

 そうなのだ、長期投資って実は難しいのだ。当たり前のことなのかもしれないが、あらためて気づくととても新鮮に感じる。そんな難しいことに我々は挑戦しているのだ。しかもこれはまだまだ長く続く。含み損を抱えて平然としていられないのは貴方だけではなく、おそらくほとんどの人がそうなのだ。そう思うと少しは安心できるのではないだろうか?

 でも、ある特定の資産等に集中し過ぎている場合は注意が必要だと思う。その資産等の価値がゼロになることだってあるから、適度に分散することは忘れない方がよいと思う。そうすれば多少株式相場が悪くったって他の資産が補ってくれる場合もあるし、長期で見れば回復する可能性だって十分あると思う。

 そんなことに十分注意して、難しい長期投資に挑戦し続けていこうではないか。
投資の考え方 | Trackback:(1) | Comments:(4)
コメント

fundstoryさんこんばんわ。

長期投資はむずかしい?
でも短期投資もむずかしい。
考えれば考えるほど難しいテーマですよね。

私も長期投資をやると決めた以上、目標額を達成するまで悩まず突き
進みます。試行錯誤はしますけど。

腹を決めてしまえば、現在のような株安状態で含み損状態でも、安く
仕込めるんだからラッキーと思えるんです。

難しいと感じてしまうのは、自分の投資方法に自信がない時ではない
でしょうか。 私は自分の築いたポートフォリオに自信を持って長期
投資を続けていこうと思ってます。  
2008-04-29 火 21:59:50 | URL | まーぷー #- [ 編集]

>まーぷー さん

 自分の投資方法に自信が持てる人って、結構少数派だと思いますよ。いつでも好調な訳ではないので、自分のやり方はいつかはきっと芽が出るはずという自信というよりは不安混じりの気持ちを持ちながらなんとか続けているという感じではないでしょうか?
 でも、まーぷーさんがおっしゃるように、一度決めたら突き進むことも重要だと思います。長期投資だからこそ、今の株安は安く買えるのでラッキーの気持ちを持ちたいですね。
2008-04-29 火 23:33:28 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


fundstory様、こんにちは(*^・ェ・)ノ

少し前の記事になってしまいますが、私の好きなガイアの社長絡みの記事だったので、コメントを残させて頂きたいと思います。

おそらくfundstoryさんのおっしゃる長期投資の難しさというのは、長期投資をやると腹はくくったが、実際に含み損が大きくなってしまうと、本当に大丈夫かな~と不安になってしまうからということですよね。これはその通りだと私も思います。

あと長期投資の難しさといえば、その名のとおり長期我慢し続けなければいけないということかもしれません。「会社勤めでお金持ちになる~」の著書の中で、著者の知り合いの方が15年くらいで、積立投資を取り崩してBMWを買ってしまい、10年後後悔するというような話があったと思うのですが、忍耐力が必要です。何だかんだいって、20~30年持ち続けるのは、しんどいですよね。ε=( ̄。 ̄;)

あと、卑近なことでいえば「リバランス」が面倒かもしれません。まあ、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」のような1本で分散投資のできる、投信を買えばいいんですけどね。
2008-05-10 土 11:36:42 | URL | スライル #- [ 編集]

>スライル さん

 ガイア社長の中桐さんはいろいろなところで益々活躍されていますね。

 長期投資の難しさはありますが、別のエントリ「長期投資でいつも思い描いている2つのイメージ」で書きましたようにメリットもあると思っています。そのメリットを得るために、気持ちをコントロールして、我慢する、それができるかどうかだと思います。

 でも、長い間我慢ばかりはできないので、時々自分にご褒美を与えてあげることも必要かなと思います。BMWがよいかどうかというのはありますが、時には適度にお金を使うことも長続きさせるコツではないかと思います。この辺はスライルさんはうまくやっているようですね。

 確かにリバランスも面倒かもしれませんが、年に1回程度考えれば十分だと思いますので、退屈になりがちなインデックス投資では、それも楽しみながらやれるかもしれませんよ。
2008-05-11 日 01:07:37 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

長期投資というのが私の資産運用における大前提なんですが、そうは言ってもいろいろな点で難しさを感じたりすることがよくあります。 そして...
【2008-04-27 Sun 23:23:26】 | 株式十八番! 
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。