プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/05/05 (Mon) 00:05:51
長期投資でいつも思い描いている2つのイメージ(その2)
 前回は「長期投資でいつも思い描いている2つのイメージ(その1)」で、株式投資では長期になれば年平均リターンのぶれ幅が小さくなっていき、10年間を過ぎたあたりから年平均リターンの下限がプラスとなり、25年間になると下限が+8%近いものとなるイメージを紹介した。

 今回は長期投資でいつも思い描いているイメージの2つ目を紹介したいと思う。こちらも既におなじみのものであると思うので、なんだそれか、ということになることを覚悟して読むようにしてほしいと思う。

 いつも思い描いているイメージの2つ目はこれ。今回は「株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす」から拝借した。


実質トータルリターン指数(1802年~2003年)



 本題の株の話に行く前にちょっと回り道を。まずドル(現金)だが、200年間という期間が経つとインフレのため価値がわずか7%にまで低下してしまっている。人間の寿命が200年ということはないのだが、約200年間で7%(約14分の1)になるというのは1年間当たりのインフレ率が約1.33%となり、仮に働き始めて死ぬまでを60年間とすると、この60年間で約45%にまで価値が減ってしまうことになる。おそるべしインフレ。

 もう1つ金についても少しだけ似たようなことが起こっている。最近は金の価格が上昇しているが、過去の200年間を見ると1.39倍とわずかに実質的な価値が上がっているに過ぎない。もちろんこの先のことはどうなるかわからないが、あくまでも過去の200年という期間ではほとんど実質的な価値は上がっていない。

 国債については金に比べると大きく実質的な価値が上がっている。長期国債では1072倍になっており、年平均でみると約3.55%の上昇率である。運用期間を40年間で見ると、実質的な価値が4倍になる。まずまずの上昇だ。

 本題の株式。株式の場合は他のものと全く違うことが起きていると言っても過言ではないだろう。約200年間で実質的な価値は約600,000倍と桁違いだ。驚くのは年平均でみるとわずかに6.88%の上昇率なのだ。これを200年間も続けると約600,000倍にも増えるのだ。運用期間を40年間で見ると実質的な価値が約14倍となる。14倍だよ、14倍。しかもインフレ分を考慮した実質的な価値での話だ。

 ここまで数値で書いたのだが、実はグラフだけを見るとそれほど大きな上昇だと感じないかもしれない。それは縦軸が対数目盛となっているからだ。簡単にいうと対数にして圧縮しているのだ。普通の目盛にすると指数関数的に急上昇するようなグラフとなっているはずだ。

 もう1つ。1929年に起こった株価大暴落の時期を見てみよう。グラフでは確かに下げているが全体として見るとそれほど大きな下落に見えないのではないだろうか(対数目盛なので下落も圧縮されて見えるが)。言われて見ないとこの時期に世界を揺るがした株価の大暴落が起こったとは思えない。最近では1987年のブラックマンデーが起こった年や、2000年以降のITバブル崩壊後なども同様だ。これが株式の回復力、上昇力を示していると言えるのではないだろうか。

 2回に渡って長期投資でいつも思い描いているイメージについて書いてみた。こんなことがこの先も起こるとすると、投資することに勇気が出てこないだろうか。当然、同様なことが起こるかどうかはわからないのであるが、私個人はこのグラフと同様なことが起こると信じて、いつも頭の中に今回取り上げた2つのイメージを思い描いている。
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。