プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/05/22 (Thu) 01:49:45
伝統的な投資分野はよくないのか?
 今週の月曜日まで日本経済新聞で「日本人とおカネ」というシリーズを連載していた。過去2回のシリーズがあり、それで完結だと思っていたのだが、先週の金曜日に3シリーズ目が始まり、今週の月曜日で終わった(4シリーズ目があるのかどうかわからないが)。「日本人とおカネ」はいつも基本的な内容に触れていてよい内容だと感じながら読んでいたのだが、18日(日)の「伝統と異端のバランス カゴ見極めタマゴ分散」の記事にはちょっと疑問を持った。

日本では複数の資産に分散して投資するバランス型投資信託を買った個人投資家が痛手を被っている。
(中略)
タマゴを複数のカゴに分けたつもりが、カゴは伝統的な投資分野に限られていた。
バランスの対象として見落とされていた分野の代表格が商品(コモディティー)
(中略)
高値圏にあった金や小麦は足元で下落に転じたとはいえ、商品相場は一九九〇年代後半から息の長い上昇が続いている




 ここに書かれている内容に間違いはないが、短期的な視野での判断であり、また結果論ではないかと思う。1990年代後半の時点でここまで商品相場が上昇すると予想できた人がどれだけいたのだろうか?バランス型投資信託にしても数多く売れてきたのはこの1年くらいの話であり、こんな短期間の結果で投資対象が悪いというのはちょっと乱暴すぎるような気がする。

 確かにバランス型投信は、株式と債券、場合によっては不動産と伝統的な投資対象ばかりだが、それ以外の投資対象分野では個人が投資できる金融商品では全体のボリュームが少なく、そういうところにお金が集まってしまうと適正な価格が付かない可能性も高いわけで、それはそれで問題だと思う。大きく上昇するからといってそちらに移るとろくなことはないということは何度か経験しており、おいそれと受け入れる訳にはいかない。

 ちなみに、少し前に書いたエントリ「長期投資でいつも思い描いている2つのイメージ(その2)」で触れたが、商品の代表となる「金(gold)」は過去の約200年間でわずかに約1.4倍にしかなっていない。一方、長期国債では約1,000倍、株式はなんと約600,000倍になっているのだ。その200年間と最近のわずか数年間とどちらが説得力があるだろうか?

 どこに投資して、どう分散させるかは難しいとは思うのだが、個人的には短期的には考えず長期的な視野で考えていこうと思っている。株式、債券の伝統的な投資対象は、今は大きく下落しているかもしれないが、経済活動を行う企業の資金調達の中心を占めるものであり、この分野が無くなったり廃れたりすることはないと思っている。

 「伝統的」とは「時代遅れ」ということなのかもしれないが、それでも「王道」だと思うので、迷わずこの伝統的な株式と債券に投資をし続けていこうと思っている。下落している今は逆に買い増しのチャンスでもあり、長期的には悲観ばかりする必要もないと思う。

 だが、先のことはわからないので、自分なりによく考えて投資してほしい。リスクを取り過ぎないようにすることも忘れずに。
相場雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
株式インデックスには、エネルギーセクターの企業も含まれているので、コモディティーの上昇トレンドにまったく乗れていないわけではないと思います。
まぁ一応パーティーには参加できているのではないかと(^^)
2008-05-23 金 23:06:57 | URL | 水瀬 ケンイチ #THQoKXAA [ 編集]

>水瀬 ケンイチ さん

 確かにパーティーに参加して隅っこにいる感じかもしれませんね。伝統的資産でも広く分散していれば、一部の恩恵は受けられるということですね。
 パーティーで楽しんだ後、無事家に帰れるか、帰り道の途中で襲われてケガをする(バブルがはじけて損失を被る)かはわかりませんがね(笑)。仮にケガをしたとしても、軽傷で済みそうです。
2008-05-24 土 02:55:59 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。