プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/06/08 (Sun) 00:17:15
男子バレーボール、4大会ぶりのオリンピック出場権獲得!
 今回は投資とは関係ない話題ですので、興味のある方だけお読みください。

 いや~、やりました、男子バレーボール。4大会、16年ぶりのオリンピック出場権を獲得した。前評判では出場権獲得は厳しいというのが大勢であったが、そんな前評判を打ち破って、見事に出場権を獲得した。忙しくてまったくテレビ中継は見ることができていないが、インターネットのニュースなどを見ていると、結構感動する。

 4年前のオリンピック最終予選のことを少し覚えているのだが、女子は出場権を獲得したが、男子は惨憺たる内容、結果で、まさにどん底に落ちたような感じであった。選手も監督もかわいそうなくらい酷評された。それを立て直すために監督に選ばれたのが、現監督の植田辰哉監督だ。


 植田監督は新日鉄に所属し、全日本代表にも選ばれた後、新日鉄の監督を務め、続いて全日本ジュニアの監督を務めた。4年前の惨憺たる状況を立て直すために全日本代表監督に選ばれ、今に至っている。植田全日本監督が誕生した直後、これまでの悪い流れを断ち切ろうとする思いを述べていたのを思い出すが、何かこれまでの監督とは違う厳しさを感じるものであった。テレビで練習風景などを放送していたのも少し見たことがあるが、かなり厳しそうな感じであった。

 その後、強豪チームと互角の試合をしたり、時には勝つような場面もあって、少しずつよくなっているとは感じていたが、一方では格下の相手にストレートであっさり負けてしまうこともあって、まだまだ発展途上のチームという印象は否めなかった。

 そういう中で迎えた今回の最終予選。初日のイタリア戦ではまさかのマッチポイントまで取る展開となったが、結局は負けてしまった。この試合ではやはり日本の力は足りず、むしろマッチポイントまでいったのはまぐれだったのだろう、オリンピックはやはり無理だなと正直思ってしまった。その後は試合には勝つものの、なんとなくすっきりしない内容で、出場権獲得がダメになるのも時間の問題と感じていた。

 流れが変わったのは日本チーム自らの行動ではなく、韓国がオーストラリアに勝ったところからだろう。前日に韓国は日本に負けてそのままずるずるいくかとも思われたが、こちらもまさかの勝利。オーストラリアは世界ランク11位で日本の12位、韓国の16位よりも上の強豪である。これで日本に追い風が吹いた。韓国の主将は日本のためにオーストラリアに勝ったという内容のコメントを残し、本音ではないだろうがなかなか粋なことを言うなと思った。

 その後は、タイにストレート勝ちし、絶対に負けられないオーストラリア戦でもストレートで勝った。これでグッと出場権獲得が近づき、植田監督や選手が泣く場面が見られて、まだ早いよとも思ったが、この4年間の思いと血のにじむような努力を想像すると、こちらも感動するものがこみ上げてきた。

 本日の試合相手となったアルゼンチンはなぜ最終予選に出ているのか?と疑問にも思うような世界ランク6位の強豪である。そのアルゼンチンにはいい勝負をしても勝つのは難しいだろうと思ったが、フルセットでジュースにまでもつれ込んだ末の勝利。接戦でも互角に戦う逞しさも身につけた感じだ。

 久しぶりにオリンピック出場権を獲得したわけであるが、これで気を抜かず明日もしっかりと勝って、オリンピックに臨んでほしいと思う。まだスタート台に立ったばかりで、ゴールしたわけではない。北京オリンピックが終わってもその次のオリンピックもある。再びオリンピックでメダルを狙うためには、投資と同じで長期的に考える必要があるはずだ。1972年のミュンヘンオリンピックで金メダルを取った時は3大会かけて銅、銀、金と上り詰めたわけで、同じように時間をかけて、しっかりとした戦略を立てて望むべきだと思う。
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
fundstory様
はじめまして。突然のメッセージで失礼します。
「さわかみファンド:魅力の投資信託」の管理人のせこ吉と申します。

サイト拝見しました。私も株と投資信託保有中です 勉強させてください。
勝手ながら貴サイトをリンクに登録させていただきました。
ご迷惑でしたら削除いたしますので、その際は連絡ください。

また、もし可能でしたら相互リンクをお願いできませんでしょうか。
リンクいただけるようでしたなら、以下サイト情報となります。

タイトル:さわかみファンド:魅力の投資信託
URL:http://sawakamifan.seesaa.net/
内容:管理者の保有するさわかみファンドの近況、おすすめの投資信託、お勧め個別株についてレポートします。

唐突なお願いですが、ご検討いただければ幸いです。宜しくお願いいたします。
2008-06-08 日 15:36:20 | URL | せこ吉 #- [ 編集]

>せこ吉 さん

 はじめまして。
 リンクしてくださってありがとうございます。
 さわかみファンドは最近は以前のような強力なパフォーマンスはなくなったように見えますが、運用哲学のしっかりとしたよいファンドだと思います。私はアセットアロケーションの関係で積立は止めていますが、継続保有中です。
 こちらからもリンクさせていただきました。今後ともよろしくお願いします。


2008-06-08 日 22:44:43 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。