プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/06/19 (Thu) 01:24:07
「STAM グローバル株式インデックス・オープン」運用報告書(2008年5月12日決算)
 5月12日に第1期の決算を行った「STAM グローバル株式インデックス・オープン」の運用報告書を取り上げる。このファンドは今年の4月から購入を始めたのでわずか1か月ほど経って初回の決算を迎えたことになり、自分の保有期間と運用報告書の期間とは異なるのだが、せっかく運用報告書が届いたので軽く取り上げたいと思う。

 設定からわずか4か月間ほどしか経っていないのだが、この4か月間の運用成績は-6.0%となった。ベンチマークは-6.9%となり1%近い差異が生じており、ちょっと大きな差異だと感じたのだが、この差異の要因はほとんど配当金要因1.00%で占められるようだ。配当金要因の差異とはMSCIコクサイ・インデックスが配当金を除いた指数となっているが、このファンドは配当金込みで基準価額が算出されており、そのために生じるものらしい。それならこの差異はほとんど問題がなさそうだ。


 分配金は無しということで、まあ当然といったところだろう。仮に運用成績がプラスになっていたとしてもわずか4か月間ほどの運用で分配金を出すなどもってのほかだと個人的には感じる。ぜひとも次回も分配金無しとしてもらいたいと思う。

 純資産総額は8億円強とまだまだ少ないが、マザーファンドの方は昨年の5月末近くというちょっと前の数字であるが1千億円を超えており、特に問題はないだろう。インデックスファンドは純資産総額が大きい方がコスト的に効率的な運用ができると思うので、今後も純資産総額を増やしていってほしいと思う。

 問題のコストだが1万口当たり、信託報酬が24円、有価証券取引税が1円、保管費用等が1円のトータル26円がかかっていた。信託報酬以外の費用がわずか2円というのは好感できる。信託報酬が低くてもその他の費用が多くかかるインデックスファンドも多く、このファンドもそうなってしまうのではないかと心配していたが、そんな心配を吹き飛ばしてくれる内容だ。この低コスト運用を今後も続けてほしいと思う。

 最後に、あまり本質的なことではないのだが、ちょっと気になった点を1つ。運用報告書にはベビーファンド(このファンド)の組入銘柄明細と、マザーファンドの組入銘柄明細とが載っている。この組入銘柄明細だけで約25ページずつあり、同じような内容のものを2つも載せる必要があるのか?と感じた。確かにベビーファンドとマザーファンドに運用期間の差があるので、厳密には組入銘柄にもその分の差があるのだが、インデックスがその間に大きく変わるわけではないはずなので、どちらかだけで十分なのではないかという気がした。わずかかもしれないがその分のページを減らしてコストも減らし、信託報酬の低減などに当ててくれた方がよい。

 まだ運用が始まったばかりだが、低コストでよいファンドとしてスタートしたように思う。この調子でインデックスにしっかり追随する運用をしていってほしいと思う。
運用報告書 | Trackback:(2) | Comments:(4)
コメント

私もSTAMグロ株インデックスを明日から積立することにしています。ちょうど楽天さんのキャンペーンもありましたし、配当金再投資できるので手数料の低いこのファンドで当分の間はTOKの代わりにしますが、ひょっとしたらこのファンドで十分かもしれません。
2008-06-19 木 20:02:32 | URL | モーム #- [ 編集]

>モーム さん

 楽天証券には投信積立、海外ETFのよい環境がそろってきましたよね。途中でくじけることなく積み立てて、ある程度貯まる頃にTOKが日本市場に上場しているといいですね。
2008-06-20 金 01:09:57 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

STAMで検索して2番目にヒットしていました!

今も買い続けています。その他のアクティブファンドを購入するのであれば、、STAMでいいかな?程度で買っています。。

バイアンドホールドだけで。。。

単体のカブと違って、潰れない分 気分は楽です ♪

2008-10-12 日 15:48:17 | URL | silencejoker #Ji7woxQg [ 編集]

>silencejoker さん

 かえるさんのblogで紹介されていますが、STAMは純資産残高が50億円を超えたら信託報酬率を下げると表明したそうで(決定ではないようですが)、今後が非常に楽しみなところです。信託報酬を大きく下げるようであればETFへリレーする人も減るかもしれませんね。
2008-10-13 月 02:39:46 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

乙は、毎月の積立投資として、STAM グローバル株式インデックス・オープンを購入しています。 2008.4.5 http://otsu.seesaa.net/article/92292888.html 2008.4.4 http://otsu.seesaa.net/article/92156333.html 2008.4.3 http://otsu.seesaa.net/article/92055448.html 最..
【2008-07-04 Fri 04:29:37】 | 乙川乙彦の投資日記
JUGEMテーマ:ビジネス NightWalkerさんのエントリで知りました。 (ちょっとリアクションが遅いですね。。。) フィデリティ証券 ファンド積立「ステップ・BUY・ステップ」 インターネットお申込みサービスのお知らせ from NightWaker\'s Investment Blog ...
【2008-08-16 Sat 08:43:11】 | rennyの備忘録
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。