プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/06/29 (Sun) 00:53:55
日本経済新聞「資産1億円で早期リタイアする?」
 資産運用の目的というと早期リタイアが上がることが多いのだが、皆さんはどうだろうか?私の場合は早期リタイアが主たる目的ではないのだが、あわよくば早期リタイアできればいいなという気持は少なからず持っている。だが、どのくらいの金額を貯めればいいのかよくわからないので、あまり早期リタイアは意識せず、定年後にお金にあまり困らない生活ができるように少しでも多くのお金を貯められればいいという程度で考えている。

 6月28日の日本経済新聞の日経PLUS1に「資産1億円で早期リタイアする?」との記事が出ている。インターネット調査会社のマクロミルを通じての調査では「資産一億円で早期リタイアする」と答えた人は三割弱だったそうだ。個人的には意外に少ないという印象だ。


 記事では

 一億円では引退できないなら、少なくともいくら必要なのか。平均では約一億七千四百万円だった。世代別にみると二十代と三十代は二億円を超え、四十代は約一億七千四百万円。五十代では約一億千七百万円に下がった。


と書かれており、一億円という金額は早期リタイアに十分な金額とは言えないが、かろうじて五十代で射程圏内に近づくことになる。

 平均寿命もかなり長くなった。日本では男性が79歳、女性が86歳。55歳でリタイアしても24年間以上も残る。45歳でリタイアすると34年間以上もあるわけで、余生というにはちょっと長いかもしれない。1年間当たりの生活費が30万円×12か月=360万円としても、30年間を超す期間を過ごすには1億円では心もとないと言わざるを得ないかもしれない。

 ぎりぎり過ごせる金額を貯めたとしても、怖いのはインフレだ。リタイア後は資産運用も株式中心よりは債券や預貯金などのよりリスクの少ない禁輸商品で運用する比率が高くなるはずだ。そうなるとインフレは大きく影響を与えることになる。今の日本ではまだインフレは顕著になっていないが、それでも食料品、エネルギーなどを中心に価格が上昇しており、ひたひたとインフレの足音が迫ってくる感じもする。

 外国、特に新興国ではインフレが加速しているというニュースも入ってきている。例えば中国では5%程度、ベトナムに至っては30%近いインフレ率らしい。これほどのインフレ率になると保有する資産は大きなマイナスの影響を受ける。これほどでなくとも2%のインフレ率が30年間続いたとすると30年後には物価は約1.8倍、つまり保有する資産は半分近くに目減りすることになる。

 そんなことを冷静に考えると、早期リタイアはあこがれるが、実現するのは非常に難しいことだと感じる。仮に実現できそうなだけの資産を持ったとしても今後起こるインフレの可能性を考えると、そう安易にリタイアするのは危険だというのが、私個人の考えだ。

 ところで、今回の記事に出ているビル・ゲイツ氏だが、52歳でマイクロソフト社の常勤会長を退任し、経営の一線から退く。推定資産は580億ドル(約6兆円3千億円)で、なんともうらやましい金額だが、今後は自ら設立した慈善団体で活動するということで、慈善事業を行うというのはとてもかっこいいなと思う。私もリタイア後はこんなかっこいい活動ができればいいなとちょっと思った。
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(6)
コメント
お久しぶりです。

>五十代では約一億千七百万円に下がった。

の後に続く日経PLUS1の記事中の文章、
「ここでいう資産は、不動産も含めた全財産。」
とか、最低限23万円/月、ゆとり39万円/月は定年退職者の老齢夫婦2人あたりの算定値と思われます。→銀行、生保のパンフとかでよく見かけます。要は、1人あたりか2人あたりかなんてのも重要かと。それと、持ち家か否か、住宅ローン等の負債が残っているか否か。子供がいて、まだ高校生、大学は私立で教育費が掛りそうか否かとか。これらの前提条件が重要ですね。実際、40歳ちょうどの人にアンケートすれば、既婚者で子供がいれば、中学生か高校生でしょうから、そんな人の立場で質問項目に答えると、「絶対、無理、3億円以上ないと」になると思います。

そのアンケート調査の質問項目、前提条件が不明ですから何とも言えないところがありますね。2人で1億円なら40代では・・・?60歳定年退職時に1億円、しかも金融資産のみで負債ゼロ、持ち家なら、曲がりなりにも年金が65歳から出るでしょうから十分でしょう。というか、これで”駄目”なら日本の老人、半分以上がアウト!でしょう。

それと、曲がりなりにも”まともな資産運用(投機的なFX、商品先物とかでなく)”をやったことがある人とない人でも考え方が違うでしょうね。この”まともな資産運用”の”まともな”の文言、結構重要かな?日本では特に、アメリカより遅れていますから。なにせ、圧倒的に預貯金、投信は”グロソブ・毎月分配”が売れている国ですからね(笑)。

早期リタイア(というかセミ・リタイア)した者より
2008-06-29 日 09:17:02 | URL | Werder Bremen #- [ 編集]

>Werder Bremen さん

 お久しぶりです。他のblogのコメントでお見かけしますので、あまり久しぶりな感じがしないのですが。

 1人あたり1億円なら早期リタイアでそれなりにいけるのかもしれません。多くを望んでいる割にはそれを実現するだけの努力をあまりしていないという人も多いのですが、私もその1人かもしれません。

 その点、それを実現している人は、当然そのための努力をしたはずですし、今後のこともいろいろ考えていると思いますので、とても尊敬しますよ。セミ・リタイアということですので、今後の活躍など何かの形でぜひ披露していただければと思います。

2008-06-30 月 00:47:21 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


はじめまして、うさみみといいます(^^♪

うさみみも1億円を目指していますけど、それで早期リタイアは厳しいなっておもいます。
60歳で1億円ならば問題ないと思うのですが、早期リタイアとなると早ければ早いほどいりますもんね。

妻には60まで働いてっていわれます(笑)
うさみみも早期リタイアをしたいという理由が無いので、そうかなと思いつつ、資産形成はやっていくって感じですね。

早期リタイヤを語るには、まだまだ遠すぎてイメージすらできないって感じですね(笑)



2008-07-01 火 19:37:51 | URL | うさみみ #- [ 編集]

>うさみみ さん

 早期リタイアする人は増えているように感じますが、多くの人にとってはまだまだ遠い存在なのだと思います。早期リタイアしなくても充実した日々を過ごせればそれでいいのではないでしょうか。今だけ充実していても仕方がないので、やっぱり将来への備えも今から少しずつしていく必要がありますがね。 
2008-07-03 木 01:33:21 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


早期リタイアしたいという気持ちが持てていないので、今の生活が充実してきている手ごたえがあるんだと感じています。

将来への備えも着実にできつつあるのですが、やはり、子供を一人前にするってことが目の前にあるうちは、早期リタイアという思考にはなかなかならないのかなと思ったり。

別に早期リタイアという思考になる必要もないですしね(笑)

2008-07-05 土 23:13:09 | URL | うさみみ #- [ 編集]

>うさみみ さん

 早期リタイアを目指してがんばるのもよし、運よく早期リタイアできるだけの資産ができたところではじめて早期リタイアを真剣に考えるのもよし、いつまでも働き続けるのもよし、人それぞれなんでしょうね。自分の目指す将来像を考慮しつつ、今をどう過ごすか、全体として充実した生活を送れるように努力するのがよいのだと個人的には思っています。と言いながらも私はかなり漫然と過ごしてしまってますが。
2008-07-06 日 03:15:22 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。