プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/07/23 (Wed) 00:23:32
新興国の成長は続くだろうが・・・(その3)
 前々回の「新興国の成長は続くだろうが・・・(その1)」と前々回の「新興国の成長は続くだろうが・・・(その2)」で、新興国の成長と株価について思うことを書いた。今回は、そうは言っても・・・という内容を書いて締めくくりとしたい。

 新興国は昨年までの上昇でもPERなどの指標でみると異常なまでに割高であるとは言えないという意見もある。バブルではなく今は適正な調整の中にあるのかもしれない。成長が続けば株価は適正水準、むしろ割安になるのはそれほど遠い将来ではないのかもしれない。


 また、仮に新興国の株価がしばらくの間低迷するとしても、先進国なら大丈夫かというとそうではないと思う。先進国の株価だって新興国に迫るほど大きく下落している。先進国だって安泰ではない。特に日本は経済は先進国の仲間に入っているかもしれないが、株価は新興国そのものとまで一部では言われているようだ。

 先進国に投資しても同じように株価が低迷する可能性はまったく否定できないのだが、それでもやはり新興国よりは先進国の方が私個人は安心感を持てる。それは明確なものではないのだが、これまで築き上げてきた経済成長からくる底力というか、安定性というか、うまく表現できないがそんなものである。

 また新興国に投資したり事業を行ったりするのはその国の企業だけではなく先進国からも多くの企業が進出している。当然新興国に進出した先進国の企業が新興国で得た利益は、その先進国の企業の株価にも影響を与えるはずである。新興国の企業に直接投資しなくても先進国の企業に投資するだけでも一部の恩恵は得られるはずである。

 したがって相対的なものであるが安定感のない新興国に、個人が大きな金額を投資する必要はないのではないかというのが私の考えである。先進国へ投資するだけでも、先進国自国の安定した経済からくる安定した収益と、新興国の成長から一部の恩恵を受けるという2本立ての収益が得られる可能性があり、それで十分だと私個人は思っている。

 ただ、新興国の成長なしに先進国の企業の成長も難しいのは事実であろう。先進国の企業の株価を支えるのも新興国の成長しだいだというところもある。長期的に見れば成長と株価は連動するはずで、今は下げている株価もいずれは下げ止まり上昇に転じるはずである。もし、(その1)で書いた「半値八掛け二割引」を下回る水準まで下げるようになったら、新興国への投資額を増やしてもよいかなと思っている。なんだかんだ言っても私も新興国への期待は大きい。

 新興国の経済には成長という火が付いて大きく燃え上がったのである。今はその火が少し小さくなったところで、このまま小さくなって消えるのか、それとも盛り返してさらに大きく燃え上がるのか?それはわからないが、大きく燃え上がった場合にはすぐに燃え尽きてしまうこともあるので、それほど大きくない火が息長く続いてほしいと思う。
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(3)
コメント

3部作、楽しく読ませていただきました(^^♪
経済の世界もグローバル化してきているので、膨大なお金が瞬時に国境を渡る時代には、中期的な変動は似たようなものになってますね。

日本が先進国という扱いを受けたのは、どこかの分野で秀でたからでしょうから、新興国投資には未来の先進国を探す楽しみがあるように思います。
一方で、市場規模が小さいことで安定性にかける部分もあり、それぞれの特徴がありますね。
NYダウの長期チャートを見てると安心感がにじみ出てきますよね(笑)

それらの投資バランスを考えるのが、うさみみにとって至極の時ですね。
だって、コントロールできるのは、アセットアロケーションくらいですもんね(^^♪
2008-07-24 木 15:17:59 | URL | うさみみ #- [ 編集]


わわ。びっくりしました。リンクにうさみみのブログをあげていただいているなんて。。。

非常にうれしいです(^^♪
心の底で相互リンクお願いしたいなって気持ちをずっと持っていたのです(^^♪

うさみみの方でもリンク張らせていただきます。
今後ともよろしくお願いします(^^♪
2008-07-24 木 15:23:20 | URL | うさみみ #- [ 編集]

>うさみみ さん

 新興国の株式に対する考え方は私個人が勝手に思っていることなので、あまり参考にはならなかったと思います。何はともあれ、おっしゃるようにアセットアロケーションをどうするのかというところが大事だと思いますので、特定の資産に集中しすぎないようにバランスよくいきたいものですね。

 リンクですが、いただいたコメントやblogを拝見したところ、真面目に取り組んでいる姿がとてもよいなあと感じましたので、勝手にリンクさせていただきました。相互リンクしていただきましてありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

2008-07-25 金 01:26:07 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。