プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/09/07 (Sun) 00:40:12
日本債券クラスへの投資を変更する可能性
 四半期に一度発行されている個人向け国債だが、秋の分が募集された。今回の初回利率は

  変動・10年 0.69%(税引後0.552%)
  固定・5年 0.99%(税引後0.792%)

となっており、ずいぶん低い水準となった。

 毎回個人向け国債の発売の時期になると、口座を保有する銀行や証券会社から「個人向け国債を買いませんか?」との電話がかかってくる。それだけ金融機関は販売に力を入れているということだが、このところ株価が大きく下がっており、こういう状況下では株式より安全と思われる国債の販売になお一層の力を入れてくると思われる。


 私は日本債券クラスは国債、中でも固定金利のものより利率が低い変動金利の個人向け国債にしている。なぜなら、日本国債の利率は非常に低い水準であるため、その利率で固定化してしまうのはあまりよくないと考えているからで、今後金利が上昇した時に対応できるように変動金利のものを選んでいる。

 私のアセットアロケーションでは日本債券クラスをわずかに5%としているのだが、あまりの利率の低さにゼロにしようかと何度も考えた。北村慶氏著の「大人の投資入門―真剣に将来を考える人だけに教える「自力年金運用法」」では、年金全体でアセットアロケーションを考えると「国内株式と外国株式だけで十分」な場合があることも書かれており、日本債券クラスをゼロにしようと真剣に考えた。

 まだまだ迷っているのだが、日本債券クラスの投資は止めようという方向に傾いている。このように傾いたのは「大人の投資入門―真剣に将来を考える人だけに教える「自力年金運用法」」の影響が大きいのだが、運用資産全体の5%というと金額にしてわずかに十数万円にしかならず、これだけの金額だと金額ベースで見た場合に大勢にほとんど影響を与えないと考えたからだ。生活防衛資金もそれなりに保有しているので、資産全体でみると十数万円という金額は本当にわずかなものになってしまうためだ。

 この数年間は秋の個人向け国債に投資してきたのであるが、今回以降は見送ってリスクを取って運用する資産については日本債券クラスはこれ以上増やさないか、あるいはゼロにしようと思っている。ちょっとわかりにくい書き方をしたかもしれないが、リスクを取って運用する部分と、リスクをほとんど取らずに保有する部分を分けて考えており、リスクを取って運用する部分については日本債券クラスをゼロにするが、リスクをほとんど取らずに保有する部分については一部を個人向け国債等の国債で保有することはあるかなと思っている。

 利率は低いとは言え、リスクを取らない資産の保有も重要であり、その部分については国債も検討していくつもりだ。住信SBIネット銀行などの定期預金金利が高いものもあるため、どれがよいか迷うところだが、固定金利、変動金利などの特性も考慮して、よいと思えるものを選んでいきたいと思う。この辺は海外ETFと違ってよい商品が多く、選択の幅も広くてよいところだと思う。
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(3)
コメント

こんにちは

私の場合 日本債券クラスも投信を利用しています

投資初心者のうちは 勉強として
国内外株式、国内外債券に均等分散投資
をするということで やっております

しかし 国内債券については 以前から投信が
いいのか 国債を直接買い付ける方がいいのか
いろいろ考えるところです

ブロガー諸先輩は 国内債券はポートフォリオに
組まない あるいは 組んでも国債買付け
というパターンが多いですよね

私は まだ勉強期間と思ってるので
当面 現在の運用方針で行こうと思っておりますが
将来的にはfundstoryさんのような対応も考えたいと
思っています
2008-09-07 日 14:35:11 | URL | ふう #- [ 編集]

うさみみは、資産全体で配分を決めているので、日本債券(定期預金も含めている)もかなり保有していますが、リスク資産だけで考える場合、今の利回りでは必要性は薄いですよね。

リスク資産に日本債券を組み入れようと、取り分けた安全資産にその分を入れようと、考え方の違いだけで、全体で見れば同じことだと思うので、うさみみの場合は、全体で考えています。

となれば、当然のことながら、アセットアロケーションの中に、生活防衛資金も含まれている形です(^^♪
2008-09-07 日 19:43:53 | URL | うさみみ #- [ 編集]

>ふう さん

 私も以前は日本債券クラスに投資信託を考えましたが、今のように利率水準が低いと信託報酬を引かれてしまうとほとんど残らないので、国債を直接買うようにしました。
 どの商品がよいのかは人によって意見が分かれるので、自分が納得できるものを選ぶのが一番だと思いますよ。


>うさみみ さん

 資産配分をどうするのかも人によって様々です。私は安全資産とリスク資産を分けて考えていますが、この考え方は少数派だという気がします。
 唯一の正解などないので、自分の決めたやり方に自信を持って進めていきたいところですね。
2008-09-08 月 00:54:51 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。