プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/10/08 (Wed) 01:44:06
NYダウ、日経平均、10,000割れ
 NYダウと日経平均がそれぞれ10,000ドル、10,000円を割れた。NYダウは終値でも割り込み、約4年ぶりとのこと。日経平均は取引時間中の一時的なものであるが、4年10か月ぶりだそうだ。同時に円高ドル安も進み、一時1ドル100円台を付けた。円高ドル安の方は半年前くらいに100円を割っていたので、それほど驚くものではないかもしれない。

 ちょっと前に書いたエントリ「NYダウは史上最大の下落」でNYダウの10,000ドル割れ、日経平均の10,000円割れが起こるのではないかと書いたのだが、思ったよりも早く起こった。こんなに早くに起こってしまうというのは、それだけ今回の金融危機が深刻なものだということなのだろうか?それともセリングクライマックスで終わりに近付いているのだろうか?それはわからないが、まだまだ軟調な展開は続くというのが大勢のような気がする。


 こんな相場で気休め的なことは書くつもりもないのだが、大きく下げているとは言え、しっかりと株式の値が付いて、それなりの量の売買が成立しているということは認識する必要があると思う。というのは、株式の値が付くということは売る人だけでなく買う人が確実に存在しているということであり、それが非常に少ないのかというとそうでもなく、10月7日の一日で30億株近くもの売買高となっているのだ。こんな相場でもそれだけ買っている人が確実に存在するのだ。

 売る人ばかりではなく買う人もいるから株価が付く。でも株価が大きく下がるということは売り物の方が断然多いということだろう。だから投資環境などによい変化がなければ、まだまだ売り物は続いて出てきて株価も下げる可能性は高いかもしれない。ただ、短期で儲けたいという人がたくさんいるので、ちょっとしたよいニュースで売りが買いに転じる可能性もある。

 結局のところ、先のことはどうなるかわからないので、冷静な判断のもとに行動する必要があるだろう。どうすべきかは自分で考えて決めるしかない。

 ところで、こんなことを書くと、また口だけで実行する気はなかったのでは?と言われるかもしれないが、NYダウと日経平均が10,000を割れるようなことが続いたら、小額だが臨時投資をしようかとちょっとだけ思ったりしたのだが、それを真面目に考える場面が出てきそうだと思っている。株価が下げれば臨時投資の検討、株価が上がれば今のまま、どちらにしても保有分の売却という選択肢はあまり考えていない。
相場雑感 | Trackback:(0) | Comments:(6)
コメント

ここ数週間の荒れで、資産の目減りには愕然とするものがありますが、長期の投資ならそういう時はあるはずとそれほど心配していません。この状況で売るなんて、とんでもないと思っています。

ただ、今が底なのか、まだまだ下がるのか自分の中で結論に達してません(当たる当たらない別にしてですが)。そのため、余剰資金をつぎ込むにしても、どこへ、どれくらい、どのような形で行うかに悩んでいます。

ここ数週間でほとんどの投資信託で基準価格が大幅に下がっています。どれも買い時に思えて、ほとんど病気です。落ち着け自分(苦笑。

どのような相場のときでも、泰然として臨みたものですね。
2008-10-09 木 00:58:53 | URL | 煙々 #RaJW5m0Q [ 編集]

>煙々 さん

 個別銘柄では損切りというのも一つの考え方であると思いますが、投資信託のような分散投資では、それがいいのか?という感じは個人的にはしますね。

 今後の相場の動きは読めないだけにどうすればよいのか?と迷ってしまいますが、どういう動きになっても最終的にそれなりの利益を得られるように行動することが重要だと思います。そのためにどうするかは人それぞれで違うと思いますが、私は長期的な株式の上昇を信じて、毎月コツコツ積み立てるつもりです。しばらくは下げ続けても安く買えることになりますので、少しでも株安の恩恵を得られればそれで十分かなと思っています。
2008-10-09 木 01:15:34 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


日経平均やダウ、それに米ドルの100円割れは想定できましたが、ユーロがまさか2003年ごろの水準である130円台になることは思いませんでした。為替は時にダイナミックに動くことがあるというのを、改めて認識した次第です。FXのリスクを再確認させてもくれました…
2008-10-09 木 17:36:13 | URL | 新幹線 #FyfYRPZg [ 編集]

>新幹線 さん

 為替は株式以上に値動きの仕組みが複雑だと思います。
 1ユーロが160円とかだと、なんとなく高いなあという感じがしていたので、適切な水準に戻しているだけのような気もします。やはり、為替は株式以上によくわからないので、そんなところで大きな金額を勝負しない方が無難ですよね。
2008-10-10 金 00:59:56 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-10-10 金 20:45:47 | | # [ 編集]

>管理人のみ閲覧できます のコメントの方

 何に投資するかは人それぞれだと思いますね。自分の信じられるものに投資するしかないと思います。投資経験を積むと多少変わっていくような気もしますが。

 ご紹介のblogですが、なかなか読みごたえがある内容ですね。今後読んでいきたいと思っております。ご紹介ありがとうございます。
2008-10-11 土 02:20:39 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。