プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/10/19 (Sun) 02:12:57
この株価下落局面でも口座開設が大きく増加
 既に他のblogでも紹介されているが、このところの株価下落局面でも証券会社への口座開設が大きく増加しているそうだ。以下はロイターのサイトから抜粋。

  (前略)
株式相場の急落を買いの好機ととらえる個人投資家が増えている。直近の1週間で対面、オンライン経由ともに証券会社の個人投資家による口座開設が急増し、日経平均が2万円に迫った2007年春以来のにぎわいをみせている。
  (中略)
マネックスグループ(8698.T: 株価, ニュース, レポート)の松本大社長は、マネックス証券の「口座開設の申し込みがものすごい勢いで増えている。10月10日から14日は口座開設の請求が通常の5倍くらいに増えた」と述べ、これまでオンラインで株式の売買をしたことのなかった新しい投資家が口座開設に動いていることを指摘する。
  (中略)
オンライン証券最大手のSBI証券(旧SBIイートレード証券)でも、同11日から13日に口座開設の資料請求が約6000件に上った。その前の週末である4─5日に来た資料請求件数は約1350だったため、1日あたりの平均を比較しても、およそ3倍の投資家が口座開設に動いたことがわかる。
  (後略)




 なんだかすごい勢いで口座開設が行われているようだ。この数週間の株価下落で多くの個人投資家が去っていったと思っていたのだが、意外にもそれとは逆に新しく投資を始めようとする人も多いようだ。日本にも投資を行おうとする人が確実に多くいるということで、世の中捨てたもんじゃないと思った。

 ただ、水を差すようだが、今回口座を開設して長く投資を続けていく人がどれだけ残るかは微妙な感じがする。大きく下落した時こそ安値で仕込む好機だと思うので、目の付けどころはたいへんよいと思うのだが、しっかりと腰を据えた運用を行っていくのはそんなに簡単なことではないと感じる。

 株価は大きく下げて、もしかしたら今は底値圏かもしれない。底値圏だったとしたら後は上昇するだけなので、利益を上げられる可能性は非常に高い。しかし、底値圏かどうかはわからない。まだまだ下げるかもしれない。指標的にはPBRで1倍前後ということで、ここからの大幅下落は考えられないという人もいるかもしれないが、市場はそんな理屈を通り越してしばしば行き過ぎてしまうことがある。さらに株価が大きく下げた時に耐えて投資を続けていける人がどれだけいるのだろうか?

 また仮に株価が上昇したとして、安易に売らずに投資し続ける、もしくは利益確定してもまた下がったところで買ってうまく利益を上げ続けられる人がどれだけいるのだろうか?売買を繰り返すうちに投資金額が大きくなり、その時に大きく下落することだってあり、そこで投資をやめる人が多く出る可能性もある。

 つまり、スタートのタイミングはよくてもそれだけで最終的な結果が保証されているわけではないということだ。プロでも簡単には利益を上げられない世界である。そんなところで素人が簡単に利益を上げられるとは思わない方がよいような気がする。大事なのはこれからである。山あり谷ありで、今後必ずさらに厳しい局面が訪れるはずである。そんな時でも冷静さを失わずに投資を続けていけるだけのものを身につけることだ重要な気がする。

 本当に水を差すような内容になってしまったが、わずか10年に満たない投資経験しかない自分だが、その投資経験から学んだ正直な気持ちである。投資は将来の利益を上げる大きな可能性を持つものだと思うが、そこに至る道はイバラの道だと思うので、そのイバラの道に耐えて投資を続けていってほしいと思う。
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(6)
コメント

こんにちわ。おっしゃる通りで、私は、株価下落に便乗して5ヶ月前くらいに投資を始めてました。自分かってにもうここからは、そんなに下げないだろうと思っていました。ほんとにはずかしい限りです。やはり投資暦が長い方の意見は重みを感じます。
2008-10-19 日 15:45:19 | URL | まくせる2 #- [ 編集]

>まくせる2 さん

 私は長いといえる投資歴ではありませんが、それでも、ITバブル崩壊、航空機同時多発テロ事件、エンロン不正会計事件など、いろいろな出来事があって、株価も大きく動いたように思います。その度に「先の株価は読めない」ということを実感しております。
 だから、コツコツ積立が安心であり、無難なやり方だと思いますね。
2008-10-19 日 23:42:14 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


ご意見ごもっともだと思います。
特に今の相場は何があっても不思議無いだけにその荒波を受けても頑張って欲しいと切に願っております。
2008-10-20 月 00:39:01 | URL | しおじゃけ #- [ 編集]

>しおじゃけ さん

 何が起こっても動揺しないように、何かが起こると覚悟だけはしておきたいですね。波乱があればあったで、それを楽しむ余裕が出るようになると本物かもしれません(汗)。
2008-10-21 火 00:34:21 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


バランスファンドはダメですね。債権を組み入れてても株価の下落曲面では株式投信と同じく下落していくので余りメリットが感じられません。株式投資と公社債投資の二本買った方がいいのでしょうか?
2008-10-21 火 12:14:41 | URL | #- [ 編集]

>上のコメントの方

 んー、あまり短い期間で見てもなかなか分散効果は表れないかもしれませんよ。いつも株式と債券が逆の値動きになるわけではなく、同じように動くことだって当然あります。外国株式と外国債券なら為替の影響は同じように受けます。また、株式の方が値動きが大きい分、債券の比率をかなり大きくしないかぎりは、両方合わせると株式の値動きに引きずられます。
 バランスファンドが悪いわけではなく、株式投信と債券投信を2本買っても同じだと思います。株式投信と債券投信を買った方が自分の希望する比率にはできると思いますけどね。
2008-10-22 水 01:04:53 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。