プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/10/30 (Thu) 01:12:58
為替が円高に振れた日のある光景
 先週の24日の金曜日、為替が大きく円高に振れた。この日は日中にドルが95円台、ユーロが119円台まで下落した。円高ドル安、円高ユーロ安に振れていたことは昼休みにネットで見ていたのだが、そんな水準まで進んでいたことはこの日の就業の定時終了時間まで知らなかった。

 で、就業定時終了時間を過ぎた直後に、隣の席に座っている女の子(以下、Aさんとしよう)のところに仲良しと思われる女の子が寄ってきて、何やら「120円切ったよ。買いに行かない?」と話していた。120円切ったって何のことだ?と思いながら、漏れ聞こえてくる会話を聞いていた(別に盗み聞きしようとしたわけではないのだが、席の隣で話しているので聞こえてしまったのだ)。


 私はこの日は残業しなければならなかったのだが、ちょっと休憩をかねてネットでニュースを見たらユーロが117円まで下げていた。もしかしてAさんが話しているのはこのことか?と思いながらも、そんな為替や経済の話などAさんの口から聞いたこともなかったので、まさかと思った。

 Aさんと仲良しの子が「120円切ったか。今が底だよね、底。あそこの銀行で買えるの?」「うん、買えるよ。買いに行こうよ。」などの会話を続けていた(決して盗み聞きしようとしたのではなく、聞こえてしまったんだよね)。まさかと思ったのだが、この会話からだと、為替の話をしているのはほぼ間違いがなさそう。

 「為替は難しいんだよね、あまり考えもせずに安易に投資しては失敗するよ!」と忠告しようとも思いながら、大きなお世話だよなと思って口は挟まなかった。そうこうしているうちにAさんは席を離れ、30分くらいして戻ってきた。戻ってきて「ユーロ買えたね。旅行は安く行けそうだね。」などの会話が聞こえた。

 会話が終わったところで、私と次のような会話。

  私   「ユーロ買ったの?」
  Aさん 「半年くらい先に旅行に行こうと思っているので、安くなったユーロを買ったんですよ。」
  私   「でも、ユーロはまだまだ安くなるかもしれないよ。」
  Aさん 「ちょっと前はユーロが160円とかしていたし、3年くらい前に旅行に行った時には150円とかしていたので、やっぱり安いと思いますよ。」
  私   「前の話をするとユーロは100円を切っていた時もあるけどね。」
  Aさん 「今回買ったのはちょっとだけなので安くなったらまた買おうと思ってます。」
  私   「それはいいね。でも、すぐに使わないなら外貨預金にでもして利子を稼いだら?」
  Aさん 「外貨預金って、よくわからないんで・・・。」
  私   「(ネットを見て)ユーロが113円まで下がってるよ。」
  Aさん 「本当だ。(ちょっとだけ残念がる様子)」

 ん~、必要となりそうなものを安く買おうとするのはいいんだけど、正直言ってちょっと勉強が足りないかなあと感じた。「今が底」と考える根拠がなさそう。普段新聞を読んでいる素振りもないし、政治や経済に関心があるようにも見えない。自分が見たことのある水準から安くなっただけで判断しているように見える。それでも一気に大金で買わずに少しずつ買おうとしているところはセンスがあるかも。

 為替から入る人が多いのは、簡単に先が読めると思っている人が多いからだろう。それは今回の光景を見てもわかる。為替は株価以上に予想が難しいと言われているのにもかかわらず。もう少し勉強したり調べたりしてから手を出した方がよいと思うのだが・・・。傍から見てるとハラハラしてしまう。

 株価と同様に為替の動きは読めないが、今回の為替に動きは始まったばかりのような気がする。日銀が利下げを検討しているとのことで、円高に歯止めがかかったように見えるが、まだまだ一波乱、二波乱あってもおかしくないのではないだろうか?ちょっと前にはユーロ圏の国からはユーロは高すぎるとの声も聞こえていたので、このくらいの下げは望ましいと思っているかもしれない。逆に日本は円高の悪影響が大きく、日本としては久しぶりに為替介入を入れる事態になるという話も出ている。そんなことを予想しても当たらないので、独り言だと思って適当に聞き流してほしい。

 話を元に戻すが、旅行のために今から準備をするのはよいことだが、旅行の直前にユーロに替えるのが一番よかったとならないように、Aさん、うまくやってね。
相場雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
私もAさんと同じ考えしています(汗)
ただし、まだ何も行動していません。
経済新聞やネット、テレビを見ていますが、わからない事だらけ(悩)
私も海外旅行に備えて、少しずつ買おうかと考えていました。
知り合いが、まだ底かわからないよと言いますが、誰にもわかりませんよね。
でもなんか心配が増えそうだから、旅行に行く前に、少し両替して、
あとはカード払いでよいか~
あ~投信は塩漬け状態だし、何も行動できない私です(>+<)
2008-10-30 木 16:03:54 | URL | ピコ #- [ 編集]

>ピコ さん

 先々の旅行などのために外貨を購入するという人は多かったようですね。外貨に両替できるところには長い行列がつくられたり、外貨が売り切れたりしたところがあったようです。
 その後大きく円安に振れたので、今のところAさんの行動はよい方向に向かっていますが、旅行までにどなるかですね。
 外貨の購入にかぎりませんが、慎重さも必要ですが、時には大胆な行動力も必要なので、本当に難しいと思います。少しでも安く旅行費用をあげたいところですが、旅行の目的は費用を安くあげることではなく、旅行自体を楽しむことだと思いますので、思う存分楽しめるようによい計画を立ててくださいね。仮に安く外貨を買えなかったとしても、旅行が楽しめれば気分的にはそれでお釣りがくるようにも思います。
2008-10-31 金 01:12:23 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。