プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/11/19 (Wed) 00:08:50
冬のボーナスが6年ぶりに減少
 最近いくつかの新聞等でニュースになっているが、どうやら今度の冬のボーナスが6年ぶりに減少することになるらしい。11月16日の日本経済新聞に以下のような記事が出ていた。

 日本経済新聞社が15日集計した今冬のボーナス調査(中間集計)によると、全産業の1人当たりの支給額は昨冬実績比0.63%減で6年ぶりのマイナスとなった。機械など一部の業種はプラスを維持したが、鉄鋼や電力の減少幅が拡大した。年末商戦を控えた個人消費を下押しする可能性もある。
 調査は5日時点で、集計企業は155社。冬のボーナスが前年同期比でマイナスとなったのはIT(情報通信)不況の2002年冬以来。減少は小幅で、支給額は84万4119円(加重平均、平均年齢38.0歳)と高水準を保った。


 ある程度予想されたこととはいえ、実際にそうなりそうなことを目の当たりにすると残念な思いがしてしまう。今度の冬のボーナスは減少するといっても小幅に収まり、来年夏以降のボーナスの方が大きく減少する可能性が高いと思われる。


 サブプライムローン問題に端を発した金融危機、それは100年に一度の危機とも言われるようなものにまで発展してしまい、景気やボーナスに影響するのも仕方がないところかもしれない。私の勤める会社でも急激に業績が悪化しているという話が耳に入ってきており、他の会社でも同様なところは多いのではないだろうか。ボーナスはどうなるかまだわからないが。

 このようにボーナスが減少、もしかしたら来春には給与も減少する可能性も出てくるかもしれないが、このような時にはどうすればよいか?無駄を省いたり節約したりする必要もあると思うが、投資においてはこういう時こそ株価も下がり安値で仕込むには絶好な機会となるかもしれないと考えている。といっても先のことはどうなるかわからないので、これまでのペースを崩すことなく、毎月コツコツと低コストのインデックスファンドなどを積立てるだけであるが。

 減少する可能性が高い今度の冬のボーナスであるが、どのように使おうか思案しているところである。ボーナスはこれまでも主に安全資産に振り向けてきたが、今回も大部分は安全資産に振り向けるつもりではある。ただ、ちょっとはリスク資産に振り向けてもよいかなと思ったりしているところである。まだもう少し日があるので、考えて決めたいと思っている。

 そういえば銀行や証券会社ではこの冬のボーナスを取り込むべく、お得なキャンペーンを実施しているところが多いようである。マネックス証券や楽天証券でも実施しているようだ。自分に合う内容のキャンペーンがあればそれを利用するのもよいだろう。キャンペーンにあおられて自分の投資ペースを乱さぬようには注意したいところではある。
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(5)
コメント

うちもボーナス減りそうです。
来年も期待できそうにありません。
でも、もらえるだけマシと考えて、有意義な使い道を考えたいと思っています(^^)
2008-11-19 水 19:58:25 | URL | 水瀬 ケンイチ #THQoKXAA [ 編集]

>水瀬 ケンイチ さん

 水瀬 ケンイチ さんのところもボーナスは減りそうですか。こういうご時世なので、ほとんどの会社が芳しくないんでしょうね。
 不況になると「ボーナスなんか出ない!」というところも多いと聞きますので、おっしゃるようにもらえるだけマシなんだと私も思うようにしています。
 それでもやはりもらえるのはうれしいので、ちょっとは使って景気に貢献したいとも思っています。何に使うかはこれから検討しますが(汗)。
2008-11-20 木 00:39:12 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


同じく減りそうです。
ピーク時の3割減くらいになるかもです。
株価も減で、厳しいですね。
2008-11-21 金 19:35:12 | URL | 愛犬クロリス #vXeIqmFk [ 編集]


しかし、いつも思うのだがこの平均支給額ってむちゃくちゃ多くないですか?38才でって今の自分じゃ定年する年になってもとてもそんなに貰えそうにもないぞ。やはり国民全員に給付金をだすのは反対したくなりますね。やはり所得税の累進課税の税率の見直しをしてほしいですね。
2008-11-21 金 21:55:11 | URL | #- [ 編集]

>愛犬クロリス さん

 いい時もあれば悪い時もあります。今は我慢の時かもしれません。また景気がよくなってボーナスが増える時が来ることを信じて、前向きに行きましょう!


>上のコメントの方

 確かに平均支給額は多いように感じますが、一部の人が平均を押し上げているのかもしれません。
 今の日本では年功序列が色濃く残って、年齢を重ねるに従って給料、ボーナスも増えていくはずです。まあ、悲観せず将来のボーナスを信じていきましょうよ。ここ1、2年は厳しいかもしれませんが。
 税金に関しては、んー、高額所得者の税率をこれ以上上げるのは問題だという意見も多く、どうすべきかはよくわかりません。一部の人からたくさん取るよりも、多くの人から少しずつ取る方がよいようにも思いますが、この辺は人によって大きく意見が異なるところだと思います。
2008-11-22 土 02:34:01 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。