プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/11/23 (Sun) 00:23:33
株価の大幅下落を目の当たりにして思うこと(その1)
 サブプライムローン問題に端を発した金融危機、それは100年に一度のものと言われるような深刻なもののようで、株価も大きく下がっている。株価は一年ちょっとの間に半値くらいにまで下落した。これほどの下落は予想していなかった人が多く、長期のbuy&holdで本当によいのか?と考える人も多くなっているように感じる。

 巷では、下落幅は-2σを越えて、-3σ、-4σとなった、株価は「正規分布」ではなく「べき分布」で、2σを超える下落は正規分布よりも格段に大きい確率で起こるとか、騒がれている。このblogのコメントにも「ここはいったん撤退すべきではないか」という内容のものもいただいた。

 そうやって当初考えていたことを超える事態が起こって、経済の仕組みが根本的に変わったのではないか、これまで行われていた投資方法がもう通用しないのではないか、と考える人も多いのではないかと思うが、私もそのことについて自分なりに考えたので、自分の思ったことを2回ほどに分けて書いてみたいと思う。


 これほどの株価下落が起こったのだが、私個人はまったくといってよいほど、経済の仕組みが変わったとか、長期のbuy&holdがもう通用しないとか、とは感じていないのだ。株価の下落幅が-2σを超えても、もともと2σというのは一つの目安であり、2σという数字自体にこだわりも持っていなかった。

 そもそも変動幅が2σに収まるというのも100%ではなく約95%の確率なので、2σを超えてしまうというのは起こりえることなのだ。確率統計的には充分にありうることなので、一度くらい2σを超えてもこれまでの考え方が通用しないなどとは思えないのだ。

 また「正規分布」か「べき分布」かというところについては、どちらであっても定性的には変動幅が大きくなる確率は変動幅が小さくなる確率より小さくなるはずなので、「正規分布」でも「べき分布」でも大きな差であるとはあまり思っていない。

 私はかなりアバウトな性格なので、定量的に細かく判断する方ではない。ただ、数値的にどのくらいになるのかというのは、新しいことに踏み出す時に参考になるので、目安として考えるようにはしている。したがって、変動幅が2σでも3σでもその差は根本的な差ではないと感じている。「正規分布」と「べき分布」についても同様だ。

 以上のことから、毎月の積立投資を長期で続ける投資方法を変えようとはまったく思っていない。もともと2σを前提に投資を行っていないので、それを一度超えたくらいで変えるものでもないと思っている。

 見るべきものは

  長期のリターンがプラス

であることだと思っている。長期のリターンがマイナスになるような事態になれば考え直さなければならないが、利益を生む株式会社、その株式会社の所有を表す株式に投資するのは、長期的なリターンはプラスであるはずだと思っている。

 ただし、変動幅であるリスクには十分注意する必要はある。大きな変動に耐えられない人はやはり考え直すべきだと思う。今回の変動に耐えられない、落ち着いていられないという人は、それを今後に活かすべきだろう。

 私個人は今の変動幅はなんとか受け入れられているので、「長期のリターンがプラス」であることが崩れない限りは、今のまま続けるつもりである。
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(3)
コメント

こんばんわ。

今後、人口の増加やグローバル化が進むと思う中、やはり過去と同じく世界全体では、株価は上がるとしか考えられないです。

一番怖いのは、今投資を続けられない環境になって保有資産を売るような事態にならないようにしたいです。

2008-11-23 日 01:50:07 | URL | まくせる2 #- [ 編集]


こういうその人それぞれの考えが読めるのがブログのいいところですね。
その2を期待しております(^^♪
2008-11-23 日 22:52:00 | URL | うさみみ #- [ 編集]

>まくせる2 さん

 株価は短期では下がるかもしれませんが、長期では上がると私も思います。ただ、急激に下げると不安感から投資を続けられなくなるのものですから、リスクを取り過ぎないように注意したいところですね。


>うさみみ さん

 blogではいろいろな意見が読めますが、どれを参考にするのがよいのかは難しいかもしれませんね。信じて同じようなことを行っても、うまくいくことばかりではありませんので(汗)。
2008-11-23 日 23:38:27 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。