プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/12/14 (Sun) 03:20:52
深刻な景気悪化、しかし実感が・・・
 アメリカのサブプライムローン問題に端を発した金融危機で、世界は深刻な景気悪化に見舞われているようだ。アメリカの大手証券会社ベア・スターンズの破たんに続きリーマンブラザーズが破たんし、景気の悪化度に深刻さが増しているとも言われている。

 このような経済状況に世界各国は利下げを行い、アメリカはゼロ金利となるとも言われているほどだ。またアメリカなどでは公的資金注入が行われ、日本でも景気対策が打たれようとしているなど、これだけ見てもかなり深刻なことがわかる。

 しかし、個人的にはそれほど景気悪化の深刻さは感じないのだ。それは仕事が忙しくて深刻さを感じる暇もないというのもあるかもしれないが、それだけではないような気もする。山一證券、北海道拓殖銀行が破たんした1997年頃、ITバブルが崩壊して航空機同時多発テロ事件が起こった2001年頃と比べると、それほどでもないような気がするのだ。身の回りからは景気悪化の実感がそれほどないのだ。


 例えば、最近は学生の内定取り消しのニュースが報道されて、雇用に厳しさが増していることがわかるのだが、1997年頃、2001年頃は希望退職を募ってもっと大幅に人員削減を行っていたと思う。また、最近はボーナスが減るという話も聞くが、1997年頃、2001年頃はボーナス削減だけでは済まず毎月の給料を5%とか10%カットする企業が続出していた。

 今の景気悪化が深刻ではないということを言いたいのではなく、本当に100年に一度の危機であるとするならば、今のような程度では済まず、この先もっともっと景気が悪化する事態もありうるということだ。

 今のような程度でいろいろな対策を打つのは、景気悪化をこれ以上深刻なものにしないように先手を打つという意味があり、それはそれでとてもよいことではある。日本のバブル崩壊後に長く続いた景気悪化は対策の遅れが大きいと言われ、それを教訓にしているとは思うのだが、あまり対策を先に出し過ぎると玉切れで本当に深刻さが増した時に何もできないことも考えられる。

 先のことはどうなるかわからないので、今どうすべきかということはとても難しいのだが、日本に関して言えば、財政的にも大きな問題を抱えており、少なくともバラまきのような景気対策は避けるべきではないかと思う。お金を使うことだけが対策ではないはずで、規制を緩和したりして企業の努力を促すようなことなどもあるはずだ。

 景気悪化はさらに深刻さを増すかもしれないが、株価は景気に先行するとも言われており、もし今のもみ合っている株価が下値を固めようとしているとしたら、景気の悪化はそれほど進まないのかもしれない。楽観し過ぎず、悲観し過ぎず、投資は淡々と進めていきたいと思う。
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
”財政的にも大きな問題を抱えており、少なくともバラまきのような景気対策は避けるべきではないかと思う。お金を使うことだけが対策ではないはずで、規制を緩和したりして企業の努力を促すようなことなどもあるはずだ。”


大賛成です。何かにお金を使ったから「私たちはやることやってるんだぞ」と満足げに語る日本の政治家はどうなのかなと思います。


色々とめまぐるしく状況が変わる世の中ですが、せめて自分のスタンスは変えずに地道にいきたいですね(^^ゞ。
2008-12-14 日 23:22:13 | URL | 田舎のKen #- [ 編集]

>田舎のKen さん

 本当に日本の政治家にはしっかりとしてほしいですね。同時に政治家を選ぶ我々国民もしっかりと選挙で選ばないといけないですね。そういう政治家を選挙で選んでしまっているのは、ある意味我々国民の責任かもしれません。次の選挙は少し後になりそうですが、有効な政策を提言、実行できる議員を選びたいものです。
2008-12-14 日 23:48:30 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。