プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2008/12/31 (Wed) 00:13:57
運用経過(2008年12月30日)
 アメリカ株は、先週末にGMの金融会社GMACファイナンシャル・サービシズが銀行持株会社になることを承認され、米金融安定化法に基づく支援資金や、FRBの窓口貸出を利用できるようになったことを好感して、上昇した。しかし、クウェート政府が石油化学合弁事業の解消を決定し、合弁相手の米化学大手ダウ・ケミカルの急落が重しとなり、またイスラエルがパレスチナ自治区ガザへの空爆を拡大して中東情勢の緊迫化を嫌気して、下落した。

 日本株は、先週末の上昇の反動から、下落して始まったが、年金とみられる買いが入ると下げ幅を縮小し、小幅高となった。年末年始の休場を控えて売買高が少ない中、軟調な動きとなったが、米財務省がGMACの優先株50億ドルを購入すると伝わると、これを好感して上昇して終了した。

 保有の資産は全体では小幅に上昇した。今年の日経平均は-42%で過去最大の下落だったそうだ。これまでの最悪はバブル崩壊の1990年の-39%だったということで、これを超えたようだ。-40%前後という数字は大きな下落なのだが、「歴史的」とも言われるような下落幅がこの程度だということは、思ったより小さい下落幅でちょっと意外でもある。まあ、新興国では-60%、-70%というところもあるようだが。

 ところで、毎週末に更新していたグラフだが、Excelの式を間違っていて、アセットアロケーションが正しくない状態であった。外国株式インデックスファンドを買い増しているのになかなか外国株式クラスの比率が上がらないなあと思っていたら、買い増しているSTAM外国株式インデックスファンドを加えるのを忘れていたようだ(なんとも情けない話だ)。これを加えたら、目標のアセットアロケーションの±5%以内に収まっていた。これを受けて来年の投資計画を後であらためて考えてみたい。

 今週の購入などは以下。

  ・住信-STAM グローバル株式インデックス・オープン
      手動積立  単価 4,901円  口数 40,809口  金額 20,000円

 投資状況(グラフ)はここをクリック。

 これで今年の更新は最後になると思います。読んでいただいた皆さん、1年間ありがとうございました。よいお年をお迎えください!

2008年下期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(6)
コメント
1年間お疲れ様でした。今年はいつになくたくさんの出来事がありましたね。
来年はどうなるかわかりませんが、来年もコツコツと投資を続けていければと思います。
fundstoryさんもよいお年をお過ごしください。来年もよろしくお願いします。
2008-12-31 水 10:50:30 | URL | 田舎のKen #- [ 編集]

わからない事に、丁寧に 答えていただいて有難う御座いました。

来年も自分の投資の参考にさせていただこうと思います。
2008-12-31 水 14:43:36 | URL | まくせる2 #- [ 編集]

いろいろと勉強させていただきありがとうございました。

以前やみくもに買っていた株式や、適当に雰囲気で選んで積み立てしていたいろいろな投信・・・処分してインデックスファンドに乗り換えるつもりだったのが、あまりの損で、結局そのまま放置プレイ!・・の現状を見るとイヤ~な気分に陥るので、「今、売るわけじゃないし」と思って、精神衛生上、見ないようにしてます。
なけなしの財産の目減りは残念ではありますが、毎月お給料をもらえる仕事もあるし、感謝の気持ちでこの1年を終わらせ、新たな1年を迎えたいと思います。
fundstoryさんも、どうぞ良いお年をお迎えください!
2008-12-31 水 17:06:33 | URL | 花山大吉 #- [ 編集]


昨年はありがとうございました。
fundstoryさんのブログは非常に勉強になります。
私の方は、至らぬ点多いかと存じますが、今年も宜しくお願いします<(_ _)>
2009-01-01 木 21:06:51 | URL | スライル #- [ 編集]

こんばんは、水瀬です。
昨年はいっしょに飲むことができて楽しかったです。
相場は大変でしたが、今年は好転するといいですね。
今年もよろしくお願いいたします。
2009-01-01 木 22:31:48 | URL | 水瀬 ケンイチ #THQoKXAA [ 編集]

 皆さま、あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いします。


>田舎のKen さん

 今年もどうなるかわかりませんが、コツコツ積立投資を続けていけばそれほど大きな失敗にはならないのではないかと思っております。私も少しずつコツコツといきたいと思います。


>まくせる2 さん

 少しだけお役に立てているのかもしれませんが、私もまだまだ勉強しなければならないと感じています。疑問、間違いなどコメントいただけるとうれしいです。


>花山大吉 さん

 投資は思うようにはいかないものですね。だからこそ自分が納得できる方法を見つける必要があるのだと思います。今年は納得できる方法を実践できるといいですね。
 あと、感謝の気持ちを忘れないというのは、いいですね。私も見習いたいと思います。


>スライル さん

 結果が伴うことが必要かなと感じており、どれだけお役に立てているかどうか・・・(汗)。私もいろいろと学んでいかなければいけないなと感じております。お互いに勉強していきましょう!


>水瀬 ケンイチ さん

 無事帰還されたようで、なによりです。
 昨年は実際にお会いすることができて、新たな刺激を受けることができました。
 そろそろ相場が好転することを期待しますが、もう少し安値で仕込みたいなあという気持ちもあり、ちょっと微妙です(汗)。相場の動きを楽しみながら投資を続けていきたいと思います。
2009-01-02 金 01:00:17 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。