プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2009/01/08 (Thu) 00:05:23
「日本人が知らなかったETF投資」を読んで
日本人が知らなかったETF投資
日本人が知らなかったETF投資

 FPでインデックス投資アドバイザーのカン・チュンドさんが書かれた「日本人が知らなかったETF投資」を読んだ。以前から読みたいと思っていたのだが、なかなか時間が取れず読めずにいたのだが、年末年始の休みを利用してようやく読むことができた。

 今でこそ話題になることが多いETFだが、カンさんはFP事務所を開業した2000年から着目していたということで、先を見る鋭さに、まず感心した。その先を見る鋭さにもかかわらず、日本では海外ETFは一向に買えるようにはならず、2003年に香港にある証券会社に行って口座を開き、実際にMSCIチャイナトラッカーファンドを購入したというのも、その行動力に驚くばかりだ。


 そんなETFとの出会いから始まり、第1章では市場の平均点そのものに投資を行う「インデックス運用の効用」に触れている。個別銘柄がどうなったとか細かいことを気にする必要がない、仕事や家族との時間を優先させることができるなど、本業を別に抱えている我々のような者にはとても有効だ。

 第2章では世界分散投資について触れ、ETFを使えば容易に世界に投資できることを書いている。さらに「資金を生み出す装置」として「投資」と「仕事」を挙げている。この点は結構重要で、投資に偏らず、投資の資金を生み出すことになる「仕事」の重要性に言及するところは、FPとしての気概を感じる。

 続いて第3章では具体的な配分について述べており、

   先進国株式 : 新興国株式 = 50 : 50

を提案している。これは、かつてイギリスだけが先進国で、アメリカ、西ヨーロッパ諸国、日本も新興国であったのが、その後発展して先進国になったことを引き合いに出している。また人間の「健全な欲」がより豊かな暮らしを求めることは、これまでも、これからも変わらないはずだということだ。

 この「先進国:新興国=50:50」というのはちょっと新興国に偏りすぎとの印象を与えるのだが、続く第4章でちゃんとリスクの抑え方について触れており、トータルでみると1つのアセットアロケーションの形だなと思う。その第4章では株式だけではなく、安全資産や債券を加えるように述べており、1つの例では全体でみると新興国株式の割合は20%程度まで少なくなる。この程度なら決して新興国株式が高すぎるとは言えないだろう。成長性を重視したポートフォリオの1つだといえる。

 第5、6章ではETFを活用したポートフォリオ例や、様々なETFの紹介をして、締められている。

 本の題名から最初はETFの話ばかりかと思っていたのだが、投資においては非常に重要な「リスク」のことや、「運用力」として必要なことについても触れており、「投資の基本的な考え方」についても学べる本だと感じた。FPならでは、カンさんならではの内容も多く、読む価値の高い1冊だと思う。
投資本 | Trackback:(0) | Comments:(5)
コメント

こんにちは。

私も読ませていただきました。

安全資産を含めると新興国の割合も低くなる。勉強になります。

ただ、リバランスはたいへんそうかなと、初心者の私としては思ってしまいます。
2009-01-08 木 11:57:43 | URL | まくせる2 #- [ 編集]

カンさんの薦めてらっしゃるポートフォリオは大胆かつ慎重で、バランスが結構とれているなあ、という印象を受けます。

>2003年に香港にある証券会社に行って口座を開き、実際にMSCIチャイナトラッカーファンドを購入した

これはほんとにすごいですよね(^^ゞ。海外ETFが早く東証に上場されてほしいものです。
2009-01-09 金 22:52:38 | URL | 田舎のKen #- [ 編集]

>まくせる2 さん

 いつになっても勉強は永遠に続くものだと思います。私も本や他のblogを参考に勉強を怠らないようにしていきたいなと思っています。


>田舎のKen さん

 おっしゃるように、大胆かつ慎重で、バランスがとれている、というのを私も感じました。カンさんにはこれまでの実践での経験がたくさんあるからなのでしょうね。

 海外ETFの東証への上場は多くの人が望んでいることだと思いますが、すぐに実現する気配がないのが残念です。気長にのんびり待ちましょう!
2009-01-10 土 01:41:55 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


遅ればせながら・・
このたびは拙著をお読みいただき、
また書評までいただき、
ありがとうございます!

香港まで行ってETFを買ったのは
(今思い返せば)まだ独身の頃でしたね。

田舎のKenさんのコメント、

> ポートフォリオは大胆かつ慎重で、
バランスが結構とれているなあ、という印象を受けます。

は、とても嬉しく思います。
(ポートフォリオには、大胆さも慎重さも
両方必要なので・・)
2009-01-19 月 17:47:49 | URL | カン・チュンド #- [ 編集]

>カン・チュンド さん

 どちらかというとFPの方は慎重なところが多いという印象がありましたが、慎重さと大胆さをバランスよく持ち合わせた感覚は、とても大切だと思います。石橋を叩き過ぎてもいけませんし、暴走してもいけませんし、今のような厳しい環境の時には大胆さが空回りしてもいけませんので、微妙なバランスが重要なのだと思います。
 これからもカンさんの持っている知識や感覚を、慎重さと大胆さをもって我々に伝えていただけるとありがたいと思います。
2009-01-20 火 00:43:14 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。