プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2009/02/01 (Sun) 00:17:23
決算発表の数字は額面通り受け取るべきか?
 10-12月期四半期決算、3月期通期の業績予想の発表が続々と行われている。この10-12月期というのはリーマン・ブラザーズの破たんがあった直後の期間で、その影響がどれだけあったのか、今後の影響がどれだけありそうなのか、ある意味とても注目すべき決算であるとも言える。その決算内容は驚くべき数字が続いているようだ。

 どの会社も悪いのだが、特に悪いのは大手総合電機だ。3月期通期の予想だが、ソニー、東芝、NECが1,500~2,900億円の赤字、日立にいたっては7,000億円もの赤字になりそうだということで、何か別世界の数字ではないかとも思えるほどだ。残るパナソニックも赤字が噂されており、総崩れの様相だ。


 これらの会社はわずか数か月前には黒字の予想をしていたところも多い。例えば日立は150億円の黒字を予想していたくらいだ。150億円の黒字から7,000億円の赤字に変更というのは、投資家だったら「裏切られた」と思ってもおかしくない。業績予想変更をするにしてもいきなりこれほどの変更となるのは、ちょっと問題だとも思える。

 そんなひどい内容の決算予想だが、額面通り受け取るべきかどうかは微妙な感じがする。素人目にも短期間でこれほど悪化するものか?と疑問に思うからだ。サブプライムローン問題、リーマン・ブラザーズの破たん、100年に1度の金融危機、悪い材料に事欠かず、景気も冷え込んで企業収益も大きく悪化しているのは間違いがないことだろう。しかし、実態以上に悪い数字にしている可能性もある。

 中途半端に悪い決算が何期も続くのは、その間経営者は強い批判を浴び続ける。どうせ批判を浴びるなら1、2度で済ませたいはずだ。それなら、損失を一気に出せるだけ出してしまえば、その後は相対的に業績を向上させることができる。だから、今回は出せる損失を出せるだけ出し、また、来期以降に備えて通常なら損失計上しないものまでも損失として計上して、その結果の数字が今回の非常に悪い数字となっている可能性がある。

 もっとも、そのように決算の数字をいじる余地は多くはないはずであり、どのくらいが実態なのかはよく分からないのだが、過剰な損失計上が多少とも行われているような気がする。その結果、来期は多少の環境の悪さも吹っ飛ばすことができるくらいの決算が期待できるかもしれないが、さらに景気の悪化が進み、さらに悪い決算になる可能性もある。そんなことを考えさせるものだ。

 もちろん損失は損失として計上することは正しく、過剰な損失計上も今後のことを考えると保守的な姿勢のあらわれであり、評価すべきことなのかもしれない。出てきた数字を単純に信じて一喜一憂するのではなく、経営者の思い、考え、今後への姿勢を考慮して、どう会社や株主の利益につなげて、どう社会貢献していくのかをしっかりと見ていく必要があるのではないかと思う。
投資の考え方 | Trackback:(1) | Comments:(5)
コメント
決算の数字をどこまで割り引いて評価するかは難しいですよね。保守的なのか、はたまた本当に実態を反映してなのか・・・。
どう受け止めるべきなのか、正解はないのかもしれませんが、いずれにせよ「聞いたニュース」だけに惑わされることなく、自分の目で見て、耳で聞いたことを大切にして判断をしていきたいと考えています(^^ゞ。
2009-02-01 日 12:48:24 | URL | 田舎のKen #- [ 編集]


円高による為替差損、景気低迷による売上減、株価低迷による有価証券評価損、繰延税金資産の取り崩しによる評価損などがまとめて降りかかってくるものですから外需産業は概ね壊滅状態です。
場合によっては
>過剰な損失計上が多少とも行われている
会社もあるでしょうが、先延ばしになっていた構造改革をこれを機会に一気にやってしまおうとすることについては会計原則に則る限り間違ったことではないと思います。より問題となるのは過大な利益を計上する会社です。
決算は会社が今後進もうとする態度というものが読み取れます。そうした意味では今回の決算は楽しみでもあります。
2009-02-01 日 19:45:57 | URL | ぐっち #- [ 編集]

>田舎のKen さん

 盲目的に信じて失敗することになっても誰も助けてくれるわけではないので、自分の身は自分で守ることも必要だと思います。おっしゃるように自分で考えて判断することを大切にしていくべきだと思いますね。


>ぐっち さん

 積極的に損失を出していることは悪いことだとは思っていません。今後のことを考えるとむしろよいことだとさえ思っています。ただ、あまりにも損失の金額が大きいので、意図的なことを感じているだけです。その意図をどう受け取るのか、おっしゃるように今後進もうとする態度があらわれますので、いろいろと考えてみると面白いかもしれませんね。個別株投資ならその辺がモロ効いてきそうですね。
2009-02-01 日 23:22:56 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

何度もすみません。この記事についてTBさせていただきましたのでよろしくお願いしますm(__)m
2009-02-03 火 17:53:29 | URL | 田舎のKen #- [ 編集]

>田舎のKen さん

 トラックバックありがとうございます。最近はトラックバックをいただくこともめっきり減ってしまってますので、トラックバックやコメントをいただくのはとてもうれしいです。
 トラックバックいただいたエントリですが、田舎のKenさんが書かれているように、日本株式は業績の下方修正で割安感はすっかりなくなってしまってますね。これが一時的なものに終わるのか、しばらく続くのかが今後の注目点となりそうです。
2009-02-03 火 23:44:26 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

大企業の大幅な下方修正、赤字転落が報じられている日本ですが、日経225の予想PERがなかなかすごいことになっております。 データはこちら...
【2009-02-03 Tue 17:51:42】 | 自給自足を目指して投資っ子。
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。