プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2009/02/11 (Wed) 02:21:00
「資産残高・元本の推移」グラフのつくり方
 毎週末に資産残高などのグラフを更新しているのだが、どのようにつくっているのか質問があったので、今回は「資産残高・元本の推移」グラフのつくり方について簡単に書きたいと思う。グラフ自体は Microsoft Office Excel 2007 で作成しており、難しいものではないが、グラフをつくってみたことがないと意外にうまくいかないかもしれない。

 脱線するが、Excelをワープロ代りにしか使っていない人も多いかもしれないが、資産運用でしばしば出てくる複利計算はfv関数を使うと簡単にできるし、webクエリの機能を使うとネットの情報をExcelに取り込んだりできて、とても有用なツールだと思う。Excelの使い方に関する本を1冊読んでみると、こんなことができるんだ!と驚くかもしれない。


 さて、本題の「資産残高・元本の推移」グラフだが、まずは資産残高や元本のデータをExcelに用意することが必要だ。私の場合は以下のように本当は他人には見せられないほど味気ないかたちで入れている。もちろん各ファンドの資産残高を別のところに持って、それを合計している。
  

 いよいよグラフ作成に入る。グラフメニューから「面グラフ(2-D面)」を選ぶ。
  graph02.png

 グラフの枠ができるので、次に「データの選択」を選ぶ。
  graph03.png

 次に「凡例項目(系列)」の「追加」ボタンを押す。
  graph04.png

 次にグラフにするデータを選択する。下の例では「資産残高」を選択。
  graph05.png

 次に横軸を設定するために「横(項目)軸ラベル」の「編集」ボタンを押す。
  graph06.png

 「軸ラベルの範囲」で横軸になる日付のデータ部分を選択すると、以下のようになる。
  graph07.png

 再び「凡例項目(系列)」の「追加」ボタンを押して、「資産残高」と同様に「元本」や「損益%」もデータの選択を行う。
  graph08.png

 「OK」ボタンを押すと、これで一応グラフのかたちにはなるが、きれいなものにはなっていないので、かたちを整えていく。

 凡例の「資産残高」もしくは「元本」を選択して、その上で右クリックし、「データ系列の書式設定」を選択する。
  graph09.png

 「データ系列の書式設定」の「塗りつぶし」で好きな色を選択する。「資産残高」と「元本」が重なって見えにくいので、どちらかについて「透過性」のスライドバーを動かして透過度を設定する。
  graph10.png

 「閉じる」ボタンを押すとグラフのかたちができてきているが、まだもう少し。

 「損益%」の設定。これは「資産残高」と「元本」と単位が違うので軸を右軸に持っていき、面グラフではなく折れ線グラフにする。凡例の「損益%」を選択して、その上で右クリックし、「系列グラフの種類の変更」を選択する。
  graph11.png

 次に「折れ線グラフ」を選択する。
  graph12.png

 再び凡例の「損益%」を選択して、その上で右クリックし、「データ系列書式設定」を選択する。「系列のオプション」で「第2軸(上/右側)」を選択する。
  graph13.png

 「線の色」などを設定する。
  graph14.png

 「閉じる」ボタンを押すとようやくグラフができあがる。
  graph15.png

 他にも「凡例」の位置を変えたり、グラフ名を設定したりする必要があるので、いろいろと設定してお好みのかたちにする。

その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(9)
コメント

fundstoryさんお疲れ様です。なぜか眠れずにこんな時間です。

fv関数とかwebクエリとかぜんぜん知らないです。。後で調べてみようかなと思います。
2009-02-11 水 03:01:44 | URL | silencejoker #Ji7woxQg [ 編集]

エクセルは結構いろんなことができますよね。
プレゼンでも結構使うので、いろいろ試行錯誤っす(^^♪
2009-02-11 水 20:46:59 | URL | うさみみ #- [ 編集]

>silencejoker さん

 fv関数はよく使いますよ。積立投資で将来どのくらいになるのかを見積もるのになくてはならないです。webクエリは最初は難しそうに感じていましたが、実際に使ってみると簡単でした。他にも便利なものがあるかもしれませんので、私もまた調べてみたいと思っています。


>うさみみ さん

 プレゼンでExcelも使いますが、パワーポイントの方が多いですかね。パワーポイントはなかなか使いこなせていません。自分のセンスのなさを感じます(汗)。
2009-02-12 木 00:07:51 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


こんばんは。
前にじゅん@さんもウェブクエリを使ったエクセルでの資産管理方法を紹介してくれていましたが、こういった記事はかなりありがたいです。

エクセル2007は図の見た目も随分綺麗になりましたね。
問題は私のエクセルのバージョンはいまだに2003だということです^^;
2009-02-12 木 23:01:30 | URL | ぐっち #- [ 編集]

>ぐっち さん

 道具、ツールの使い方は意外に知らないことも多いので、他の方の使い方を見て「こんな使い方ができるのか!」と感心したりしますよ。
 それにしてもExcelは便利です。webクエリや様々な関数もそうなのですが、フィルタ機能やピボットテーブルなどもなかなか使えます。これらはあまり資産運用で使うことは少ないかもしれませんが、私の場合、仕事ではこれらの機能なしに進みません。 
 ところで、Excel2007は確かに見た目の綺麗さはありますが、基本的な機能がアップしたとはあまり思えないので、旧バージョンで十分だと思います。逆にExcel2007は旧バージョンとユーザインターフェースがかなり変わっているので、慣れないと使いにくいですよ。
2009-02-13 金 02:07:12 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

遅ればせながら、質問させてください。

グラフにする資産残高や元本には、安全資金(安全資産?でしたっけ。正確な呼び名がわかりません。何かあったときのために、投資にまわさないお金のことを言いたいのです)は含めていますか。それとも、含めていませんか。

すみませんが、教えてください。
2009-02-24 火 15:25:24 | URL | 花山大吉 #- [ 編集]

>花山大吉 さん

 人によって言い方は違うと思いますが、私は「安全資産」と言うことが多いです。その中でも失業するなど、万が一の時のために備えておく分は「生活防衛資金」と言うこともあると思います。
 グラフにして紹介しているのは安全資産は含めていません。いわゆるリスクをとって積極的に増やそうとする分だけグラフにしています。個人的には「生活防衛資金」を含む安全資産は全資産に対する比率で決められるものではないと思いますので、外しています。
 「生活防衛資金」もどれくらいがいいのかという話もありますが、人によっていろいろな考え方があって、面白いかもしれません。

2009-02-25 水 03:02:33 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

早速、回答を頂いていたのに、拝見するのが今になってしまいました。
遅ればせながらありがとうございます。

グラフ作りも、忙しさにかまけて、そのまんま放置状態。この分だと出来上がるのが、夏ごろになってしまいそうです。
2009-03-02 月 22:54:57 | URL | 花山大吉 #- [ 編集]

>花山大吉 さん

 忙しさにかまけてもいいじゃないですか。有効だと思うことを少しでも進めることが大事だと思います。資産運用ともども、じっくり、のんびりと進めていければいいですね。
2009-03-03 火 02:21:25 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。