プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2007/01/08 (Mon) 22:10:51
目標のアセットアロケーション
 いろいろと迷ったのだが、目標のアセットアロケーションを変更することとした。理由は

 ・人口が減少する日本への投資比率を高めるより、まだ人口が増加し経済成長も見込める外国への投資比率を高めた方が良いと思った

 ・優秀な会社は日本だけでなく外国にも多くあるため、投資対象として日本に重点を置く意味があまり無いと思った

 ・自分はまだ若い(と自分では思っている)ので、株式中心のポートフォリオを組んで積極的な運用を行った方が良いと思った

などだ。



 それでは、各資産クラスの比率をどうするかだが、定量的な根拠は無く自分の感覚で決める部分が非常に多くなってしまうが、以下のようにしたい。

 まず、株式による運用を中心とし、外国を多くしたいことから、
   日本株式 30%
   外国株式 50%
とする。日本企業も海外に多く進出しており、純粋な日本というのは上記割合より少ないと思われる。

 残り20%を債券とするが、これも外国を多くするのが良いと思うので、
   日本債券  5%
   外国債券 15%
とする。

アセットアロケーション(目標)2007


 各資産クラスの年平均期待リターンは企業年金連合会のページからから拾ってみると
   日本株式  6.00%
   日本債券  1.50%
   外国株式  7.00%
   外国債券  2.50%
であるので、これを加重平均して目標のアセットアロケーションで期待される年平均リターンを求めると

   年平均リターン  5.75%

となる。

 このリターンは毎年安定的に得られるわけではなく、ある年はそれ以上に上昇し、ある年はそれ以上に下落しというように、大きく上下に振れてしまうであろう。各資産の標準偏差を企業年金連合会のページからから拾ってみると
   日本株式  21.00%
   日本債券   5.00%
   外国株式  19.50%
   外国債券  12.50%
となり、タロットさんの「効率的フロンティア計算シート」で標準偏差(σ)を計算すると

   標準偏差(σ)  12.89%

となり、1年間のリターンが95%の確率で収まる振れ幅(2σ)は

   振れ幅(2σ)  ±25.78%

となる。

 つまり1年後には

   -20.03 ~ +31.53%

の範囲に振れる可能性が約95%となる。また、5%の確率でそれ以上の振れ幅になることもあり得る。

 効率的フロンティアとの関係は以下のようになった。それほど悪くない位置だと思う。

目標アセットアロケーションの効率的フロンティア


 このアセットアロケーションを目標にしばらくの間は運用を行って行こうと思う。

(2007/02/25)
年平均リターン、振れ幅を計算する前提の数値を内藤忍氏著の「資産設計塾 実践編」から企業年金連合会のものに変更し、タロットさんの効率的フロンティア計算シートにより計算し直した。
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

本日マネックス証券で 資産設計ファンド の発売の予告が掲載されました。アセットアロケーションも自分の考えているものに近くコストもお値打ちのようです。管理人さんと同じ様に さわかみファンド 海外株式(トヨタアセットバンガード)等所有しています。この 資産設計ファンド もこれからの選択のひとつではないかと考えています。 
2007-01-12 金 20:57:40 | URL | yokotyann #- [ 編集]

yokotyannさん、こんにちは。
私もマネックス証券のマネックス資産設計ファンドの予告は見ました。投資したいアセットクラスが同じで、その比率も希望と近いなら、リバランスも行ってくれるので、とても良いファンドのように思います。何といってもコストが安いところは魅力です。細かい点では問題もあるかもしれませんが、アセットアロケーションとコストの低さはとても重要な要素だと思うので、これだけでも選ぶ価値はあるかもしれません。
 ただ、私の投資したいアセットクラスとその比率とは合致しないので、残念ながら私は即買いとはいかないと思います・・・。

※2007年1月14日追加
マネックス資産設計ファンドの補足(http://fundstory.blog87.fc2.com/blog-entry-6.html)を書きました。
2007-01-13 土 03:49:28 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。