プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2009/03/08 (Sun) 00:23:05
リボ払い増加、だが賢い選択か?
 3月2日の日本経済新聞にクレジットカードのリボ払いが増加しているとの記事が出ていた。

 買い物などのクレジットカード決済で、毎月の支払いを一定額に決めるリボルビング払いの利用が増えている。カード大手5社の2008年末のリボ利用残高は7400億円と、1年前に比べて15%増加した。景気悪化による給与・ボーナス減を見据え、毎月の支出を平準化して家計収支のバランスを取ろうとする消費者が増えているようだ。


 この記事を読むと、リボ払いが増加したのは景気悪化の影響を大きく受けたためのようだ。私はリボ払いを利用していないこともあって、増加したというのはとても意外な感じをもった。


 リボ払いは毎月の支払額を一定額にできるということで、毎月ほぼ同じ額の給料を得るサラリーマンにとってはありがたい面があるとこは確かである。また、利用額に応じて付くポイントも通常の支払よりも高いポイントが付く場合が多い。しかし問題はその金利である。クレジットカードによって違いはあるが年率15%前後にもなる。給与・ボーナス減を見据えてこんな高い金利を払うのはあまり賢い選択だとは思えない。

 クレジットカード会社からリボ払いの案内がよくダイレクトメールで来るのだが、いつも無視している。捨てるのも個人情報の関係でシュレッダーする必要があり、結構迷惑なダイレクトメールだ。私のようにリボ払いのダイレクトメールを無視している人も多いと思うが、それでも何度もダイレクトメールを送りつけてくるのは、それだけカード会社にとっておいしいサービスである可能性が高い。

 借金をするのに金利を払うのは当然のことだが、同じ払うなら低い金利の方がよいはずだ。定期預金をしているという前提にはなるが、その定期預金を担保に90%まで借り入れできるサービスがほぼすべての銀行や郵貯銀行であり、金利は定期預金金利+0.5%と安いものが身近にあるはずだ。もし、一時的に借入する必要があったら、こういうものを利用した方がよいのではないか。少なくともリボ払いよりはよいと思うのだが。

 普通にクレジットカードを使う分にはとても便利だ。高額の現金を持ち歩くことをしないで済むし、実際の支払いが翌月などになるし、海外旅行の保険が付くなど、メリットも多い。しかし、メリットとなるものばかりでもないので、よいところをうまく使いこなして、少しでも資産増加に役立てたいと思う。
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(7)
コメント
リボ払いはおっしゃる通り15%程度の金利を取られます。また、延滞した場合は14.9%の遅延損害金を取られます。
それに比べ分割払いにした場合は割賦販売法の影響を受けるため、金利は分割回数にもりますが、10%~13%程度、遅延損害金も6%となります。
これらは全てクレジットカードの約款に記載されており、一度見直してみるといいかもしれません。

ちなみに海外でクレジットカードを使用した場合、為替処理の事務手数料として1.63%が加算されます。
2009-03-08 日 22:39:03 | URL | 弥太郎 #- [ 編集]

>弥太郎 さん

 クレジットカードには分割払いもありますね。私は分割払いを利用したことはないのですが、こちらも結構な金利を支払うことになり、できれば利用しない方がよいと思います。事業を起こすような場合は借金することも必要かもしれませんが、個人が借金をしてまでお金を使う必要があるのかどうか、そのことはきちんと考える必要はあるかもしれませんね。
 また、日本より相対的に治安の悪そうな海外で現金を持ち歩かなくても済むなら、クレジットカードの為替の事務手数料は仕方がないかなと思います。リボ払いや分割払いの手数料より安いですし。

2009-03-08 日 23:02:24 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


リボは恐ろしいです…。
記事に出てくる「毎月の支出を平準化」ってなんだかカード会社のセールストークみたいですね(^^;
2009-03-10 火 23:18:43 | URL | 水瀬 ケンイチ #THQoKXAA [ 編集]


ケータイ料金と同じように良くわからずにリボにしてしまった人も多いのでは?
TVCMだけ見てるとリボにした方が得だと勘違いする人もいそうです。
2009-03-11 水 00:52:40 | URL | Ta #- [ 編集]

>水瀬 ケンイチ さん

 実質的な借金を借金とは感じさせないリボ払いは、確かに恐ろしいです。この仕組みを考えた人は頭のよい人だとは思いますが。
 ところで、セールストークに批判が集まりますが、私にうまいセールストークの才能があれば、もう少し仕事がうまく進んでいるかもしれないなあと感じてしまいます(汗)。


>Ta さん

 内容がよくわからずにリボ払いにしている人も結構多いでしょうね。御多分に洩れず、よいところだけ宣伝されてますから。知らない方が悪いとも言えますので、何事もきちんと調べてから利用するようにしたいですね。
2009-03-12 木 02:16:57 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

CVS系と楽天でリボを利用してます。其々月額3千円・5千円の買い放題会員カードと言う見方です。
小生特定疾患の難病持ちで重度身体障害者。30代より1歩先に年金生活に突入しているので収入は年金と僅かな蓄えの運用からのあがりのみ…このブログに出会い,借り入れは【借り入れ】借金は一時でも短く・軽くすべきだと再認識できました。
2010-08-18 水 09:44:13 | URL | 若年年金生活者 #- [ 編集]

>若年年金生活者 さん

 個人は借金しないで済むならそれにこしたことはありませんが、どうしても借金する必要がある時には、少額で短期に済ませたいものです。借金とは、あまり家計を圧迫しないようにうまく付き合っていくべきですね。
2010-08-19 木 00:50:03 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。