プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2009/03/15 (Sun) 00:26:20
リバランスは意外に難しい
 早いもので3月もほぼ半分が過ぎ、もうすぐ1年の1/4が過ぎようとしている。年が明けてここまで、株価はさらに下落し自分の資産は減り続けている。

 年初に「2009年上期投資計画」で

  ・外国株式クラス  3万円/月
  ・外国債券クラス  1万円/月

という投資計画を立てていた。その前までは外国株式クラスの比率が小さ過ぎたので外国株式クラスのみの積立をしていたのだが、そろそろ株価の下落も止まるだろう、そうなるとこのまま外国株式クラスだけを積み立てると外国株式クラスの比率が大きくなり過ぎると考え、外国債券クラスの積立も始める必要があると判断したからである。

 しかし、予想に反して株価はさらに下落したため、年初の計画を変更して外国株式クラスだけ積立にしていた。これで何とか目標のアセットアロケーションとのかい離を少なくしているのだが、今後はどうすべきか、かなり迷うところである。


 というのは、もし株価が底を打って上昇に転じたとすると、株式は上昇幅が大きくなる可能性があり、あっという間に目標の株式の比率をオーバーする可能性があるからだ。株式は債券に比べて値動きが大きいため、目標の比率とかい離しないようにするのは意外に難しいと感じている。

 とはいえ、迷うだけで何もしないわけにもいかない。株価は一時に比べると安値であり、逆に債券はバブルとも言われるような高値圏である。私のアセットアロケーションは、外国株式クラスが目標を少し下回り、外国債券クラスが目標を上回っているが±5%のほぼ上限である。これらのことを考えると、もうしばらくは一時よりも安値の外国株式クラスだけの積立を続けてもよさそうだと思っている。

 したがって、年初の計画を変更して、上期(6月まで)は

  ・外国株式クラス  4万円/月

とすることにした。

 株価が下落しても株式を買いますので、目標のアセットアロケーションとのかい離は小さくでき、株価が上昇すれば株式クラスの比率が目標より多くなってしまう可能性があるが、それでも±5%の範囲を超えることはないだろう。かい離幅によって下期(7月以降)の積立で調整すればよいだけだ。

 一説には、あまりリバランスをこまめにやり過ぎるとかえってよくない、とも言われる。それはおそらく、上昇の勢いの付いたものはある期間上昇が続く可能性があり、上昇したからといってすぐにリバランスしてしまうと上昇の機会を得られなくなるからだろう。

 そんなことから、リバランスはとても重要だが、あまりこまめにリバランスしないようにしたいとも思っている。あまり手をかけ過ぎず、でもほったらかしにもせず、そんな微妙なバランスを保つのは難しいと感じる今日この頃である。
2009年上期運用経過 | Trackback:(1) | Comments:(5)
コメント
田村正之さんの最新の本だと、乖離率でリバランスを検討するよりも、1年に一回リバランスの方がリターンが高くなる(日本株式の場合)、というデータがありましたが、ここまで相場が崩れると判断が難しいですよね・・・(^^ゞ。
2009-03-15 日 11:54:27 | URL | 田舎のKen #- [ 編集]

×日本株式のみ→伝統的4資産均等分割  でした。


個別株ならいざしらずインデックスで日本株式だけじゃリバランスも何もないですよね(^^ゞ(汗)
2009-03-15 日 21:04:40 | URL | 田舎のKen #- [ 編集]

>田舎のKen さん

 どのくらいの頻度でリバランスを行うのが一番よいかというのを研究するのも面白いと思いますね。
 個人的には、あまり手をかけすぎるのは、それだけの時間を取るのも難しいので、リバランスは半年に1回か、1年に1回くらいが、いいのではないかと感じます。あまり厳密にやろうとすると長続きしないので、ほどほどに適当でもよいのではないですかね?
2009-03-15 日 23:46:40 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

何度もすみません。

こちらの記事についてTBさせていただきました(^^ゞ。あまり学問的な記事ではないので恐縮ですが・・・(汗)
2009-03-20 金 16:42:11 | URL | 田舎のKen #- [ 編集]

>田舎のKen さん

 いつもありがとうございます。
 学問的でなくても説得力を出す方法は他にもありますし、何よりも、自分の考えを述べること自体が重要だと思いますよ。
2009-03-21 土 00:06:11 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

インデックス投資のいいところの一つは、個別銘柄選定などを行わなくておいため、基本的に投資に関してはほったらかしでよいところです。 ...
【2009-03-20 Fri 16:38:47】 | 自給自足を目指して投資っ子。
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。