プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2009/04/04 (Sat) 23:58:14
運用成績は大きなマイナスとなっているが、分散が大事だと感じる
 4月に入り寒い日が続いていたが、関東ではようやくその寒さも和らいできたようである。街中には桜の花も目立ち始めてきて、春の訪れを感じさせる。まだ風は強く、風の冷たさも感じられるところではあるが、段々と春の暖かさを感じられるようになってくるのではないだろうか。

 1年の1/4が終わり、投資関係のblogでは3月末時点の運用結果を紹介しているものを見かける。この1、2年で投資を始めた人は大きなマイナスとなっている人が多く、特に株式クラスは半分以下にまで落ち込んでしまっていることも珍しくない。半分以下と簡単に言うが、実際に経験してみるとそのつらさは非常に大きいと思う。


 私は毎週末に運用結果を紹介しているが、週単位で行っているため月末時点の数字は出していない。3月末時点と若干ずれるが4月3日時点の数字は、全体では-20%となっている。-20%という数字はかなり大きなマイナス幅であり、マイナスの成績では決してよい結果とは言えないが、半分以下と-20%を比べると心理的な差は結構大きいように思う。

 この程度のマイナス幅で収まっているのは、決して腕がよいからではない。投資センスのなさを感じるくらいである。しかし、基本に忠実に進めることで達成した数値であると思う。その基本とは「分散」である。「分散」と言っても2つの意味がある。1つは「資産クラスの分散」、もう1つは「時間の分散」である。

 「資産クラスの分散」であるが、私の場合は株式クラスの比率が約80%と非常に高く、うまく分散されているとは言えないかもしれない。それでも約20%は債券クラスを組み入れており、最近の株価下落の一部を債券価格の上昇が補っている。また、株式の中でも新興国とか環境関連など特定の銘柄に集中せず、インデックス投資で適度に分散されていることは長期的にみた場合に安心感がある。

 もう1つの「時間の分散」の効果は非常に大きいと思う。2000年のITバブルが崩壊した後からの積立投資によるものだが、その頃の株価は下げの連続で、外国株式も日本株式も大きく下落し、今の株価と同じくらいの水準であった。その時にめげずにコツコツ積立を続けて、またサブプライムローン問題に端を発した100年に1度の金融危機と言われるような今回の株価の大幅下落でも積立を続けている。

 株価が下落している時でも買い続けて購入単価を引き下げることで、マイナス幅は小さくなっていると思う。難平(ナンピン)買いで損失額を大きくしているだけという人もいるかもしれないが、それはそうかもしれない。でも、長期的にはこれまで経済の成長とともに上昇してきた株価である。この先も長い目で見れば経済は少しずつかもしれないが成長し、それに合わせて株価も上昇する可能性が高いと思っている。そうなれば、株価が安い時に買うことは将来の運用成績にプラスとなるはずである。

 この先はどうなるかわからないが、今の低い株価の水準で運用成績が-20%というのは、将来的にプラスに転じるのはそれほど難しいことではないと感じる。ただし、それがいつになるのかわからないし、まだ下落する可能性も否定できないので、今回あらためて感じた分散の効果をかみしめて、これまで通りの積立投資を続けていこうと思う。
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(5)
コメント

いつも拝見させていただいております。
おっしゃるとおり私も1月ごろはマイナス40%くらいだったものが
とりあえず積立を継続しているうちに、追加資金の投入もありますが、現在の状況ではマイナス23%程度と随分回復しました。
正直、もうちょっと安く買っていたかったかなというのもあります。(笑)
先は長いので楽観しているわけでもないし、またゆりもどしで下げたりするのでしょうが、分散投資という戦略にはなんとなく手応えみたいなものを感じています。
2009-04-05 日 11:21:45 | URL | hiwind #- [ 編集]


>>最近の株価下落の一部を債券価格の上昇が補っている

一時期、各アセットクラスが同時に下落した局面で「分散効果がなくなった!」と大騒ぎしていた人たちがいましたが、こういう局面では黙っているようです。
常にプラス圏にいないと気がすまないというのは「分散投資への過剰期待」なのでしょうね(^^;
2009-04-05 日 18:47:26 | URL | 水瀬 ケンイチ #THQoKXAA [ 編集]

>hiwind さん

 「分散投資という戦略にはなんとなく手応えみたいなものを感じています」とおっしゃっているように、うまくいく部分が出てくると自信に近いものが出てきますよね。こういうのを支えにブレることなく長く続けていきたいものですね。


>水瀬 ケンイチ さん

 ちょっと前に「分散効果がない」と騒ぎたてられましたが、個人的にはどうしてそういう話になるの?と疑問でした。資産全体でプラスになるのが分散効果ではないはずなのですがね。「過剰期待」する気持もわかりますが、そこからよい結果は得られないように思います。過剰な期待はせずに、保守的な姿勢で、長く続けていきたいものですね。
2009-04-05 日 23:41:10 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

最近、株式相場では難しいので
やはり分散投資かなぁって思っています。
そこで、投資信託にしようかと考えています。
読ませていただき、今後も勉強させていただきます。

失礼かとは思いましたが、
勝手にリンクを貼らせていただきました。
ご迷惑でしたら、早急にはずしますのでお知らせください。
そして、良かったら相互リンクをしていただければ
幸いです。
勝手なお願いですが、宜しくお願いします。
2009-04-07 火 22:52:59 | URL | 小遣い稼ぎ #- [ 編集]

>小遣い稼ぎ さん

 適度に分散することは投資では基本中の基本だと個人的には思っていますので、今後もブレることなく続けていきたいと思っております。

 相互リンクについては後ほど貴blogを訪問させていただいてから検討したいと思います。こちらからリンクさせていただく場合は別途ご連絡します。
2009-04-09 木 01:36:00 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。