プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2009/04/08 (Wed) 01:48:06
北朝鮮がミサイル(?)発射するも、株価は落ち着きをみせる
 4月5日(日)に北朝鮮がミサイル(?)を発射した。第1段ブースターは日本海に落下し、2段目以降が日本上空を通過し、太平洋に落下したということだ。今回の発射は北朝鮮は人工衛星と言っており、人工衛星なら軌道に乗ることなく落下したため、失敗に終わったことになるが、北朝鮮は成功と発表しているようだ。

 ミサイルなら、他国の上空を通過させるということで、日本やアメリカなどを挑発する危険な行為である。断じて許されるものではない。北朝鮮は経済的に困っていると言われている国であり、そういう中で軍事的なことにお金を使うというのは、非常に問題な行為であるだろう。


 このミサイル(?)発射で株価は下げるかとも思われたが、ほとんど反応しなかったようだ。以前の2006年7月にミサイルが発射された時には悪材料としてとらえられ、株価は下げた記憶がある。こういう平和に反するようなことは消費の停滞につながり、経済的には悪い材料となるはずである。でも、今回は4月6日(月)の日経平均が小幅に上昇し、ほとんど悪材料視されなかったようだ。株式市場は今回のをミサイルではなく人工衛星だと思っているわけではないだろうが、株価が比較的堅調に推移したのはちょっと意外であった。

 一時に比べると投資心理がかなり改善してきているということだろう。心理状態が悪い時には、好材料は好材料として見られず、悪材料は実態より悪いものとして見られる傾向がある。逆に心理状態がよい時には、好材料はよりよい材料として見られ、悪材料はほとんど悪材料視されない。今回のような悪材料にほとんど反応しなかったということは、心理状態はかなりよくなってきていると思われる。

 日経平均は9,000円を目前にするところまで回復してきており、リーマン・ブラザーズが破たんした直後には売るべきと言っていた人は、今どうしているのだろうか?日経平均7,000円台の時に買って、今また利益確定で売っているのだろうか?そうやってうまくやっている人もいると思うが、なかなかそううまく進めるのは難しいと感じる。

 ただ、今は投資心理は改善している感じだが、そんな楽観的でよいのか?という疑問は残る。金融危機は解決したわけではなく、もしアメリカ自動車大手のGMやクライスラーが破たんしたとしたらどういうことになるのか?あまり想像がつかない。破たんの悪影響で株価は大きく下げるかもしれないし、悪材料出尽くしや前向きな破たん処理との見方から株価は上昇する可能性だってあるかもしれない。

 そう考えると、この先の株式市場もどうなるかを予想するのは非常に難しいと感じる。日本ではバブル崩壊後に低迷が長く続いた例もあり、そうなってしまう可能性もある。先の予想はあきらめて、流れに身を任せてコツコツ行くしかないのかもしれない。
相場雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
2月から少しだけ投資金額を引き上げました。ただし来年度からは教育費が嵩む年度なので現金も必要なのと、間違いなく減額となるボーナスが痛いな。
2009-04-08 水 20:07:47 | URL | 愛犬クロリス #- [ 編集]

>愛犬クロリス さん

 今度のボーナスはどこも厳しそうですね。私の勤める会社も大幅減額の可能性大です。まあ、よい時もあれば悪い時もあるということで、あまり悲観ばかりしないようにしたいなあと思っています。いずれたくさんのボーナスが出る時が来ますよ。
2009-04-09 木 01:39:58 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。