プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2009/04/28 (Tue) 00:14:22
豚インフルエンザ
 新聞やテレビのニュースでは豚インフルエンザが報道されている。以前は鳥インフルエンザが脅威となって襲ってくる可能性があるというのがよく報道されていたのだが、それではなく豚インフルエンザが先に発生して報道されている。

 豚インフルエンザが発生したのはメキシコで、アメリカやカナダの他、ニュージーランド、スペインなど広範囲に広がってしまっているようだ。4月27日時点でメキシコでは1.6千人以上もの人が感染し、死者が100人を超えた模様。人から人へ感染しているようだ。WHO(世界保健機関)は緊急委員会を開き、事務局長は「深刻な状況だ」と述べたとのこと。


 今回の豚インフルエンザはH1N1型で「Aソ連型」と言われるものと同じタイプのもので弱毒型に分類され、鳥インフルエンザで恐れられているH5N1型の強毒型とは異なるようだ。とすると、H5N1型の鳥インフルエンザに比べるとそれほど脅威ではない可能性があり、一部の専門家は、既に免疫を持っている人が多く、それほど流行することにはならないだろうと言っている。

 4月に入って、私の勤める会社で何人かがインフルエンザによる高熱で会社を休んだ人がいた。これが豚インフルエンザだったということはないが、季節外れのインフルエンザでちょっと驚いていた。同じ時期にメキシコでは豚インフルエンザが発症していたということで、ウィルスが何やら活発に活動しているような不気味な感じがしてしまう。

 弱毒型とはいえ大流行しないでほしいと思うが、うがい、手洗い、マスクをするなど自衛することも必要だろう。豚肉は熱をしっかりと通せばウィルスが死滅するということで、これらのことを行えばある程度感染することから逃れられるはずである。仮に感染したとしても抗ウィルス薬のタミフルやリレンザが効くということだ。

 ただ、経済的には打撃を受けるだろう。豚肉の消費は減るだろうし、海外旅行を控える人も多くなるだろう。心理的にも消費することに抵抗感を感じるようになり、直接的、間接的な影響は大きく出る可能性がある。100年に1度と言われる金融危機の中では、痛い打撃だ。

 一方で、抗ウイルス素材やそれを使ったマスクを手がけるダイワボウやシキボウ、抗ウィルス薬「タミフル」を製造販売している中外製薬などの株価は大きく上昇したようだ。

 これまで人類は襲ってくる危機を大きな代償を払いながらも何度も克服してきた。インフルエンザでいうと、1918-1919年のスペインインフルエンザ(H1N1型)では4,000万人もの死者を出したが、その後の1957-1958年のアジアインフルエンザ(H2N2型)では200万人以上の死者、1968-1969年の香港インフルエンザでは100万人以上の死者というように、ワクチンなどによる予防などもあって死者の数は少なくなっている。経済も一時的には縮小したかもしれないが長期的には拡大し続けている。

 今回の豚インフルエンザは楽観視し過ぎてはいけないと思うが、適切な予防措置を行って感染しないようにし、万が一にも感染したらすぐに医者にかかって治療を受けるようにすれば、効く薬もあるようなので、むやみに恐れる必要はないようにも思うのだが。まあ、備えあれば憂いなしということわざがあるように、備えだけはしておいた方がよさそうだ。
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

この豚インフルエンザの死者がどんどん増えている現状をみるとこれまでのインフルエンザとは少し性質が違うのかもしれない。
たしかにワクチンはないし既存の薬も効かないようだし。
メキシコ医療関係者の話なので信憑性が高いと思われるけど

タミフルが効くような話を政府はしているがあんな恐ろしい副作用のある薬を実際に使っていいのかどうか。

今のところ日本から発病者はいないようだが・・・でも単なる風邪だと思い病院へ行っていなかったら・・・・ゾッとする。

うがいや手洗い・マスクなど励行されているがはっきりといって無意味じゃないけど効果は期待するほどないと思った方がいい。


2009-04-28 火 20:27:28 | URL | あほか #q1cvaNjE [ 編集]

>あほか さん

 個人的にはうがい、手洗い、マスクの着用はかなり有効なのではないかと思っています。へたに薬に頼るよりも、うがい、手洗いなどを励行する方がよっぽど効果的だという人もいるくらいですよ。
 まあ、実際にパンデミックが起こってしまったら、どうなるのかよくわかりませんが、そうならないように、今できる予防策を講ずる しかないようにも思います。
2009-04-28 火 23:55:59 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。