プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2009/05/14 (Thu) 00:55:59
「ほぼ確実に世界の経済成長があなたの財産に変わる最も賢いETF海外投資法」を読んで
ほぼ確実に世界の経済成長があなたの財産に変わる最も賢いETF海外投資法
ほぼ確実に世界の経済成長があなたの財産に変わる最も賢いETF海外投資法

 著書が良書との評価を受けることが多い北村慶氏の「ほぼ確実に世界の経済成長があなたの財産に変わる最も賢いETF海外投資法」を読んだ。これまで北村慶氏著の本は2冊読んでおり、書く内容の基本部分はほぼ想像がつくのだが、最近注目を浴びることが多いETFの話が盛り込まれているようなので、興味を持って読むこととなった。

 今回の本では意外にも新興国株式の有望性に関する内容から始まっている。中国やインドなどの新興国は、アメリカや日本などの先進国よりも高い経済成長率であることや、過去5年間の株式市場からのリターンが3倍、5倍は当たり前であったことなどを取り上げている。この先も新興国投資に傾いた内容が続くなら、ちょっと今回の本の内容は?印が付いてしまうなと心配になった。


 ところが、次の章ではきちんと新興国のリスクについて触れている。注目されるのは中国の少子高齢化についての記述だ。中国は極端な一人っ子政策を行っており、近い将来、日本を上回るスピードで少子高齢化が進むということだ。個人的には同じことを思っていたのだが、中国の一人っ子政策は都市部だけで、農村については規制が緩やかだという話を聞いたことがあり、自分が思ったほどには少子高齢化は進まないかもしれないとも思っていた。それだけに、この本での指摘はある意味衝撃的であった。

 また、ベトナムも2008年3月には「2050年までの間、世界で一番伸びる国」とリポートされながら、2008年5月には「通貨危機に向かっている」とリポートされるなど、期待と不安が共存するものとなっている。

 そうはいえども、どの国が伸びるのかを確実に予想することはできないので、「成長しそうな海外市場のほぼ全部を買ってしまう」というのが、著者の考えであるようだ。さらに売買のタイミングで儲けることは難しい、株価の動きはランダムウォークで予測できない、トレーディングではなくインベストメント(長期投資)を行う、という前著から引き継がれる内容も忘れずに書いている。

 「成長しそうな海外市場のほぼ全部を買ってしまう」やり方として、海外市場に上場している投資信託である「ETF」を使うことを勧めている。このETFだが、もともとはプロの投資家の道具として発展してきたものらしい。それが今では個人が活用できるところまで来ており、手数料も安く、活用しない訳にはいかない。

 他にもETFについて書かれているが、それは本を読んでみてほしい。初心者にも、ETFをすでに活用している人にも基本に立ち返るべき重要な内容が書かれていると思う。

 「おわりに」に書かれている「ファンダメンタル・インデックス」というのも新しい動きで、今後注目されてくるかもしれないと思った。しばしば過大評価、過小評価される株価、それに追随してしまうインデックスの欠点を補う考え方として面白いものだと感じた。
投資本 | Trackback:(0) | Comments:(8)
コメント
これも良書のようですね。
図書館に買ってもらおうかな(笑)
2009-05-14 木 11:20:28 | URL | うさみみ #- [ 編集]

>うさみみ さん

 図書館を利用できるとありがたいですね。ただ、人気の本はなかなか借りるのもたいへんなようです。私の住んでいる市の図書館は人気のある本は100人以上待ちというのがザラにあるようです。
2009-05-16 土 01:45:06 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

『ほぼ確実に世界の経済成長があなたの財産に変わる最も賢いETF海外投資法』という長~いタイトルの本の著者の北村慶です。

私のような余技で本を書いている「週末作家」にとっては、
読者の方の反応や本音が分からず、
fundstoryさんのブログのような書評はとても参考になります。

ありがとうございました。


2009-05-16 土 11:30:39 | URL | 北村慶 #69ukglfI [ 編集]

>北村慶 さん

 著者ご本人からコメントをいただけるなんて。ありがとうございます。

 そういえば、出版当初はタイトルの長さも話題になっていましたね。今回のタイトルはどういう内容を取り扱っているかがすぐわかるので、私はよいと思っています。

 本業の合間に書かれるご苦労はたいへんなものがあると思います。私のようなあまり専門的な知識がない者にでもある程度理解できるように書いていただいて、読んでとてもためになります。今後も素晴らしい著書を期待してます。
2009-05-17 日 00:31:03 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

中国の少子高齢化のスピードが速いとは!
やはりETFで分散投資したほうがいいのでしょうか…。
2009-05-19 火 11:34:33 | URL | 海外投資まん #- [ 編集]

>海外投資まん さん

 1人っ子政策を行っている中国がいずれ少子高齢化に突入することは、ほぼ間違いないことでしょう。何が起こっても大きなダメージを受けないように分散投資することが重要だと私は思いますが・・・。
2009-05-19 火 23:20:10 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

著者本人さんからコメントがきてますね!

スゴイです。

まあ本人がブログをやられてるからでしょうが、

やはり自分の本を買って読んでもらうと嬉しいでしょうね♪

ETFも考えてみます。
2009-05-25 月 17:17:15 | URL | フレンズプレミアのファン #- [ 編集]

>フレンズプレミアのファン さん

 北村慶さんくらいに何冊も本を出していると、blogで紹介されたくらいではあまり嬉しくはないような気がします。やはり、読者にどう受け止められているかが、気になるのでしょう。読者の受け止められ方に次作へのヒントもあるのかもしれませんし。今後もよい内容の本を出し続けてほしいと思います。
2009-05-26 火 00:30:11 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。