プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2007/03/25 (Sun) 01:11:05
楽天証券口座開設完了
 楽天証券から「口座開設のご案内」が届き、口座開設が完了した。申し込みからの期間は他のものよりも若干早かったような気がする。実際に利用するところでも良いことを期待したいところである。

 口座が開設できたところだが、先日の記事にも書いたように、続々と新しい動きが出てきており、予定通り進めるかどうかについて少しの迷いが生じていた。迷う点とは、具体的には、楽天証券よりも安い手数料で海外ETFが買えるようになるのではないか、日本を含まないヨーロッパのETFが買えるようになるのではないか、などということである。



 しかし、冷静に考えてみると、予定通り海外ETFに乗り換えれば、乗り換え時だけのコストを見れば1年弱で回収できるのである。仮に他の証券会社がもっと安い手数料で取り扱うことが実現しても、早くても夏くらいにはなるであろう。もしかしたら、もっと後になるかもしれないし、当分の間は無いかもしれない。

 そんなことを考慮すると、今海外ETFに乗り換えれば確実にコストは低くでき、他の証券会社が取り扱いを始めたとしても、コスト的にはわずかな差にしかならないと思う。したがって、予定通り楽天証券で海外ETFへの乗り換えを行おうと思う。

 ただし、少し面倒なことが生じる。乗り換え時に外国株式ファンドを高く売って海外ETFを安く買おうなどという変な欲を出さなければ、外国株式ファンドの売却タイミングと海外ETFの購入タイミングを同じに合わせれば良いのであるが、次のような理由により売却と購入のタイミングをぴったり合わせるのは不可能だ。

 外国株式ファンドの解約代金は約定日の5営業日後にしか受け取れないため、解約代金の受け取りを待っては5営業日のずれが生じる。他に手元の現金があれば、これを一時的に利用すれば5営業日のずれは解消される。これが解消できても、楽天証券での海外ETFの購入は米ドル購入→海外ETF購入と2ステップ踏む必要があり、米ドル購入は日本時間の13:50までに注文を行い、その後の日本時間の夜以降に海外ETFの購入が可能となるため、為替と株価のタイミングは合わせられない。

 したがって、外国株式ファンドから海外ETFへの乗り換えは価格差が生じることを割り切って行うことになろう。強いて言えば、為替、株価ともに変動の少ないような時期を狙って行うのが良いのであろうが、そういう時期を選ぶのも難しいだろう。ただ、少なくとも土、日をまたぐとか、この前のように株価が大きく変動した直後などは避けた方が良いように思う。

 来週以降、為替、株価の変動の様子を見ながら、乗り換えの時期を探っていこうと思う。こんなことを考えると、とりあえずは外国株式インデックスファンドのまま運用を続けた方が気楽で手間がかからず良いという人がたくさんいるであろうなあと思ったりする。
2007年上期運用経過 | Trackback:(1) | Comments:(7)
コメント

こんにちは

いつも役立つ情報ありがとうございます


私もサイトを開設しましたのでもしよろしければ

一回見に来てください


ではこれからも良い情報待っています


ではがんばってくださいね

2007-03-25 日 02:16:41 | URL | 株で稼ぐ野郎 #- [ 編集]


こんにちは^ー^

私の「投資倶楽部」サイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://investbusiness.blog83.fc2.com/blog-entry-117.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
2007-03-25 日 04:44:06 | URL | 投資倶楽部 #- [ 編集]


株で稼ぐ野郎 さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
貴サイトは新興国中心の情報を照会されているようですが、新興国中心に投資している方も結構多いようですね。

投資倶楽部 さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
貴サイトはいろいろなサイトの情報を数多く照会されていて、ユニークですね。
2007-03-25 日 08:40:28 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

ご無沙汰しております。
最近は、インデックスファンドやETFを駆使しておられる方が増えて、とても勉強になります。
セゾン投信も無事に船出しましたね。
ところで、相互リンクしていただきたいのですが、いかがでしょうか?
2007-03-26 月 14:30:07 | URL | イニシアティブ #k9MHGdfk [ 編集]


私も今日、100万円程度で外国株式インデックスファンドをEFA+IVVに乗り換えました。10万円程度どうしても日本株が混ざるので、楽天で以前購入していたアクティブファンドを削っています。

価格変動がいつ起こるかなんていうことは、予測が非常に難しいと思います。金曜日も数パーセントの上昇がありましたし…。最後のところは運なのではないでしょうか。
2007-03-26 月 21:30:53 | URL | 新幹線 #FyfYRPZg [ 編集]


イニシアティブ さん、コメントありがとうございます。
私も他のブログ等から教わることが多く、これからなお一層インデックス投資を深めていきたいと思っております。
相互リンクの件、了解しました。こちらからのリンクを作成しました。今後ともよろしくお願いします。

新幹線 さん、コメントありがとうございます。
既に乗り換え済みとは、さすが決断、行動が早いですね。
おっしゃるように価格変動は「運」しだいだと思います。いくら考えてみてもどうにもならないことは分かっているつもりです。今回はじめて海外ETFを購入するということもあって、気持ちの踏ん切りをつけるのに時間がかかっているという感じですが、大事なことは早く乗り換えてコスト低減効果を少しでも早く享受することだと思いますので、早めに気持ちの整理をしたいと思っております。
今後ともアドバイス、よろしくお願いします。
2007-03-27 火 01:40:49 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

相互リンク了承していただきまして、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
2007-03-27 火 09:59:59 | URL | イニシアティブ #k9MHGdfk [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

恒例となりつつある、当ブログでのアンケート第三弾を発表します。NightWalkerさんのリクエストにお応えしまして「海外ETF、あなたはどうしますか?」です。〆切は4月1日0:00です。お時間が許せば是非ご回答ください。よろしくお願いします。アンケート(過去のアンケート
【2007-03-25 Sun 14:31:25】 | rennyの備忘録
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。