プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2009/07/19 (Sun) 02:44:14
「梅屋敷の集い」に参加
 今回は開催の前に水瀬ケンイチさんがエントリにされていたが、7月18日(土)に「梅屋敷の集い」があった。そうそうたる方々が集まる集いですが、ありがたいことに私も誘っていただき、参加してきました。参加された方は以下。

 ・岡本和久さん (I-Oウェルス・アドバイザーズ代表取締役社長)
 「岡本和久のI-OWA日記

 ・山崎元さん (楽天証券経済研究所客員研究員)
  「評論家・山崎元の「王様の耳はロバの耳!」

 ・内藤忍さん (マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長)
  「SHINOBY'S WORLD

 ・田村正之さん (日本経済新聞社生活経済部編集委員)

 ・竹川美奈子さん (ファイナンシャルジャーナリスト)
  「About Money,Today

 ・水瀬ケンイチさん (インデックスブロガー)
 「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

 ・NightWalkerさん (インデックスブロガー)
  「NightWalker's Investment Blog

 ・rennyさん (インデックスブロガー)
  「rennyの備忘録

 ・ゆうきさん (インデックスブロガー)
  「ホンネの資産運用セミナー

 ・ybさん (インデックスブロガー)
 インデックスブロガー 「Passiveな投資とActiveな未来

 ・とよぴ~さん (インデックスブロガー)
  「カウンターゲーム

 ・モンチさん (インデックスブロガー)
  「小金持ち父さんの資産設計塾(?)

 ・じゅん@さん (インデックスブロガー)
  「投信で手堅くlay-up!

 ・fundstory



 参加されたある方は「インデックス投資家はマニアだ」という言い方をしていた。でも、この言い方は決してインデックス投資が悪いという意味ではなく、インデックス投資が広まらない、理解されない状況をもどかしく思っているところから出た言葉のようだ。インデックス投資家はまだまだ少数派の存在のようだが、インデックス投資は理にかなった素晴らしい投資方法だとおっしゃっていた。

 また、「マニア」という言葉にまったく似つかわしくなく、参加された皆さんは明るく楽しそうに話されていた。女性である竹川美奈子さんも参加されて、花をそえていた。

 今回は7つほど共通テーマが話されたが、こちらは水瀬ケンイチさんのエントリを見ていただくのがよいと思う。その中で、「株価の下落幅が2σを超えたことについてどう思うか?」というテーマについて、ある方が「そういうことがあるのは当たり前だ」という内容のことを言ったことに、とても共感を覚えた。幅が2σに収まるのは100%の確率ではなく、正規分布の場合は約95%であり、残りの5%はそれ以上の幅になることもある。2σという数字だけが独り歩きしてしまい、それを超えたから株式投資はダメだというのは、あまりにも短絡的なような気がする。

 インデックス投資家というと市場平均で満足する「大人しい人」を想像する方もいるかもしれないが、そんな人もいると思うが、熱い思いをみなぎらせた人、高い志を持った人も多く、いろいろと刺激を受けることができた。一方で、紳士的な人ばかりで、場の雰囲気を乱さず、終始楽しい雰囲気で話を聞くことができた。楽しいだけではなく、理論に基づいた有益な話も多く聞くことができ、今後の投資に役立てていきたいと思う。

<参考エントリ>
 ・「「梅屋敷の集い」レポート」 (梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記))
 ・「梅屋敷で何かが起こったか?」 (Passiveな投資とActiveな未来)
 ・「過去最大のインデックス投資ブロガー&業界関係者の梅屋敷飲み会に参加」 (ホンネの資産運用セミナー)
 ・「インデックス投資家が14名も勢揃い」 (小金持ち父さんの資産設計塾(?))
 ・「梅屋敷商店街の集いに参加してきました」 (カウンターゲーム)
 ・「2009 梅屋敷の夏」 (NightWalker's Investment Blog)
 ・「「梅屋敷の集い」に参加してきました」 (投信で手堅くlay-up!)
 ・「「梅屋敷の集い」」 (rennyの備忘録)
その他雑感 | Trackback:(5) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

昨夜、梅屋敷商店街のとある店にて業界関係者とインデックスブロガーの総勢14名での飲み会が開催されましたので自分の視野の範囲内でレポ...
【2009-07-19 Sun 07:50:31】 | カウンターゲーム
インデックスブロガーを中心としたインデックス投資関係者をご招待しての「梅屋敷の集い」を開いてきました。 (関連記事)2009/07/18 今夜、梅...
【2009-07-19 Sun 08:59:58】 | 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)
インデックス投資家の聖地とすら言われる京急・梅屋敷の地にて開催された、インデック...
【2009-07-19 Sun 10:09:57】 | 投信で手堅くlay-up!
JUGEMテーマ:資産運用  ご参加の皆さんが続々とレポートを発表されているので、ボクも遅ればせながら。非常に豪華なメンバーでした。・岡本和久さん I-Oウェルス・アドバイザーズ代表取締役社長 「岡本和久のI-OWA日記」・じゅん@さん インデックスブロガ...
【2009-07-19 Sun 13:09:17】 | rennyの備忘録
「梅屋敷商店街のランダムウォーカー」の水瀬ケンイチさんのお声掛けで、インデックス投資の聖地梅屋敷でインデックス投資関連の方々との飲...
【2009-07-22 Wed 07:43:57】 | Passiveな投資とActiveな未来
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。