プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2009/08/09 (Sun) 00:35:43
清涼飲料水の価格
 清涼飲料水とはwikipediaによると「アルコール分を含まない(アルコール分1%未満)飲用の液体物で、味や香りがある水のこと」とあり、紙パック、缶、ペットボトルに入ったお茶、ジュース、炭酸飲料などを指すが、最近、清涼飲料水の定価ってどれほどの意味があるのだろうか?と疑問に思うことが多くなった。

 350mlの缶に入ったものでは120円、500mlのペットボトルに入ったものでは150円となっている場合が多いと思うが、このような定価で売られていることは少なくなってきているように思う。500mlのペットボトルに入ったものでは、スーパーなどでは100円前後で売られている場合がかなり多く、100円ショップで売られている場合も多い。


 昔のことを思い出すと、500mlのペットボトルなどなかった時代だが、350ml缶のものは100円であった。100円玉1枚で買える便利さもあって、特に自動販売機ではなかなかうまい値付けだと感じていた。それが110円に値上げされ、さらに値上げされて120円となり、ワンコインで買えなくなった不便さを感じるようになった。

 バブル崩壊まではインフレが続いていて、ワンコインで買えないのも仕方がないことだと思ったのだが、バブル崩壊後はデフレ傾向が強く、500mlペットボトルの150円、350ml缶の120円は、今では100円前後まで実売価格が下がっているように思う。コンビニでさえも定価以下で売る場合も結構見られる。

 ここまで来ると、定価自体を見直して、特にワンコインで買える100円という価格にしてはどうかと思う。特に暑い夏は、出かけた先で喉が渇いて水分を補給したいと感じることもあり、そういう時にワンコインの100円で清涼飲料水を買える手軽さは、消費増に多少の効果もあるように思う。

 もしかしたら、こんなふうに感じるのは電子マネーを使わない私だけなのかもしれない。エディやスイカなどの電子マネーが使える店舗や自動販売機も多く、ワンコインが便利などというのは時代遅れなのかもしれない。私はそのつど現金払いで、高いものを買うときだけクレジットカードを使う。電子マネーを使わなくても困らないし、やはり毎日現金に触れていると、金銭感覚が鈍らずに、無駄遣いや衝動買いも抑えられているように思う。

 それはそれとして、金融危機で給料等が伸びない今、お金は賢く使いたいものだ。500mlペットボトルの飲料は定価の150円と実売価格の100円と50円もの差がある。実売価格の100円から見れば5割もの差があることになる。預金金利で50円稼ごうと思うと、金利が0.2%だとすると25,000円を1年間預ける必要がある。小さいように見えるかもしれないが、500mlペットボトル飲料を1本買うだけでこれだけの差が生じる。1年間で200本買うとすると、50円×200本=10,000円となり、金利0.2%の預金に5,000,000円を1年間預けた時の利子に相当する。

 投資で大きな利益が出せない時は、このような節約を行って、不安を乗り切っていくのはどうであろうか?
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(6)
コメント

おつかれさまです。

> 投資で大きな利益が出せない時は、このような節約を行って、不安を乗り切っていくのはどうであろうか?

私の家の近くでは、「アルカリイオン水、2リットルで159円、サントリー黒烏龍2リットル159円」で購入できます。

そのため、週末に購入して、500mlのペットボトルに漏斗を使って入れ替え。それを会社に持って行ったりしています。

そうすると、AMに飲む分のお茶代が40円程度で済みます。

まじめに、当たり前のことをやっています!


ただ、急に水が飲みたくなったり冷えた飲み物がほしいときはしょうがないので、Suicaで飲んでしまいますし、書籍に関しては、普通はポイントが付かないので、Suicaを利用します。


しっかり見極めて、お金を使うべきポイントを確認して使う。これが今後は必要かなぁ・・・(余りうまくできていませんが・・・)
2009-08-09 日 19:19:03 | URL | 矢向 #Ji7woxQg [ 編集]

>矢向 さん

 2Lのものを500mlに詰め替えたことは私もありますよ。詰め替える前にペットボトルを洗うのが面倒で・・・(汗)。
 最近気になるのは、飲んだ後のペットボトル。リサイクルされるものがあるとはいえ、リサイクルするにもエネルギーが必要なので、無駄遣いしている感じがしてしまいます。どうにかならないものかな・・・。
2009-08-10 月 00:33:13 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


かなり前からマイボトル運動を象印などが推進していますがいまいち盛り上がっていませんね。ただ、最近は不況の影響で弁当男子、水筒男子なんて言葉が出ているように水筒を持ち歩く人が増えているようです。
私も以前からアウトドア用の樹脂のボトルに自宅の浄水器を通した水を入れて会社に持っていっています。ペットボトルの使いまわしと違って不衛生にならないし、常温の水を飲むのは体のためにもいいですよ。
2009-08-11 火 19:36:30 | URL | TA #- [ 編集]

>TA さん

 マイボトルがあまり流行らないのは、使い捨てに慣れてしまって、洗ったりするのが面倒なのでしょうね。
 水筒などを何度も繰り返し使うのが、一番のエコなんだと思います。私も水筒を使うように考えてみたいと思います。でも夏は冷たいのが飲みたくなってしまいます・・・(汗)。
2009-08-12 水 01:10:31 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


>洗う・・・・


水を入れて振るくらいで、、、、、、、、そのほかは気にしません!
こういうところが、ずぼらな性格だから、うまくできるのかもしれません。

楽天にドリンク屋という会社があります。ここは結構安いですよ!在庫処分特価というのを購入していますが、箱買い。結局半年以上賞味期限ありで、格安です

http://www.rakuten.co.jp/drinkshop/803405/1875551/


500mlのペットボトルで、飲み物を飲む習慣がついているので、じゃあ、中身は?っと考えた時に、「俺、、、中身あまり気にしていない・・・入れなおせばいけるんじゃない?」

と気がついてしまいいました。
2009-08-12 水 07:23:06 | URL | 矢向 #Ji7woxQg [ 編集]

>矢向 さん

 口を付けた部分は雑菌が繁殖するので、きれいに洗った方がよい、と聞いたことがありますが、本当のところはどうなのか?

 それはそれとして、紹介いただいた「ドリンク屋」には激安品がありますね。ウソ!と思うような値段のものも。利用してみたいと思います。ありがとうございました。
2009-08-13 木 02:07:23 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。