プロフィール

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2009/08/23 (Sun) 00:32:53
日経マネー2009年10月号にちょっとだけ掲載
日経マネー 2009年 10月号 [雑誌]
日経マネー 2009年 10月号 [雑誌]

 このblogが日経マネー2009年10月号の内藤忍氏のコラム『カジュアル分散投資』にちょっとだけ掲載された。インデックス投資家のブログを、初級者-中級者向けの軸と、インデックス投資-資産運用全体の軸とで表したマトリックスチャートの中にプロットしたもので、このblogはほぼ中央に位置づけられた。

 他の素晴らしいblogと肩を並べるように取り上げていただいただけで光栄なのだが、プロットされた位置についても、自分個人はインデックス投資にそれほど傾いているという意識はなかっただけに、ほぼ自分の思うとおりの位置付けなのでうれしく思う。


 このようなマトリックスチャートに表すというのはよくあることかもしれないが、結構新鮮に感じた。というのは、インデックス投資に関するblogがそのように分類されるだけ数が揃っているとはあまり感じていなかったため、こんな形で整理されるまでに市民権みたいなものを得られたのかなという感じだ。

 複数のblogをマトリックスチャートなどで整理するのは簡単なようで結構たいへんな作業のように思う。まず、対象のblogのエントリを読まなければならない。非常に読みやすい文章で書かれているものもあれば、このblogのようにそうでないものもある。また、読む人の考え方と大きく異なるような主張のものは、読み続けるのも一苦労だろう。忙しい中できちんとblogを読んで、整理、分類された内藤忍氏のパワーには感心する。

 内藤忍氏のコラム『カジュアル分散投資』の方も読んだのだが、目に留まった言葉があった。それは以下。

    メンター

 詳しくは記事の方を読んでほしいが、私もメンターを持って投資を続けている。特に投資を始めて少し経って株価が大きく崩れた時期には、気持ちも大きく落ち込んだ。それから本などを読んでインデックス投資というものを知り、自分もインデックスファンドに投資するようになったのだが、その時はインデックス投資はほとんど注目もされず、そういう中で続けていくのはとても心細いものがあった。

 その後まもなく今回のマトリックスチャートに並んでいるblogのいくつかに出会い、勝手に「同士」と思ったものだ。それらのblogを支えに投資を続けてこられたようなものだ。投資に不安を感じている方は、ぜひメンターを作って心の支えとしてほしいと思う。
投資本 | Trackback:(1) | Comments:(2)
コメント
メンターの存在は大きいですよね。ボクもそういう方がいると非常に心強く、投資を続けられている気がします。
fundstoryさんも含め日経マネーに掲載されてらした方もボクのメンターさんです(^^)。
あと100万アクセス、おめでとうございます!キリ番が踏めず残念です(笑)。
2009-08-25 火 19:09:16 | URL | 田舎のKen #- [ 編集]

>田舎のKen さん

 メンターの存在って本当に大きいですよね。お互いにメンターになるのもよいのかもしれません。いつもコメントをいただく田舎のKenさんは私のメンターですよ。

 100万アクセスのお祝い、ありがとうございます。これだけのアクセスをいただいたことで、気を引き締めていきたいと思っております。
2009-08-25 火 23:39:17 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

日経マネー2009年10月号のP.96にて内藤忍のコラム「カジュアル分散投資」があり自分のブログも登場しています 今回のコラムの題名...
【2009-08-23 Sun 07:02:30】 | カウンターゲーム
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。