プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2009/09/30 (Wed) 01:06:40
テレビドラマも経費削減?
 フジテレビで放映されたテレビドラマ「救命病棟24時(第4シリーズ)」。もう何年も前になるが、第2シリーズを再放送で見てから面白いドラマだなと感じて、前回の第3シリーズに続いて今回の第4シリーズを見るようになった。

 前回の第3シリーズでは大地震によって多くの被災者が発生し、どういう混乱が起こるか、被災者をどう救っていくかという内容を扱い、今回の第4シリーズはモンスターペイシェント、コンビニ受診が多くなる中で救命医は逆に減少し、救命医療はどうなっていくのかという内容を扱った。それぞれ特定のテーマを扱い、メッセージ性のある内容のドラマで、我々にも多くのことを考えさせるものだったように思う。


 さて、今回の第4シリーズは救命医全員が辞職してしまうというところから始まり、ガランとした静かな医局部屋の風景が象徴的であった。そこから少しずつ立て直し、正常な体制に戻り、今後の救命医療を改善していくべく政治に働き掛けていくと、将来への展望も示した。

 このシリーズを見ていて感じたのは、全体の雰囲気がとても落ち着いているというか、静かだというか、そんな感じが最後まで続いていたように思う。救命医全員が辞職してしまうというところから始まったので、わざわざそういう雰囲気をつくっていたことも考えられるのだが、しかし、最後までそういう感じだったのはちょっと違和感がある。

 患者であふれかえるような現場、ざわざわとして落ち着かない、混乱めいた雰囲気を出すことで、限られた救命医では対応しきれない現状の問題を浮き彫りにすることも必要だと思うのだが、そういう雰囲気はごく一部の場面でしかなかったように思う。

 落ち着いた、静かな雰囲気は、出演者の数の少なさが原因のような気がする。救命医は7人、看護師は6人しかいなかった。前回の第2、3シリーズの時には看護師の数がもっともっとたくさんいて、いつもバタバタ動き回っていて、いつも落ち着かない感じであったように思う。

 これは勝手な想像なのだが、出演者の少なさは意図した演出の可能性もあるが、それだけではなく経費削減のためではないかという気がしている。これだけ景気が落ち込み、企業は広告宣伝費を削減し、その影響は広告収入に大きく依存しているテレビ局に及ぶ。それはドラマ作成にも影響しているはずで、出演者の削減という結果となって表れているような気がする。

 ニュースなどでもキャスターを外部の人間から局内のアナウンサーに変更して経費を削減する傾向にあることを耳にしていたのだが、ドラマでも同様に経費削減の動きが強まっているのではないかと思う。それは人気のドラマシリーズでも同様で、そこまで景気が悪化しているということかもしれない。

 それはそれとして、「救命病棟24時」は今冬にスペシャル版が放送されるそうだ。第4シリーズの続きを思わせるような内容のようだ。冬というとまだまだ先かと思ったら、あと3か月もすると完全な冬になる。放送は今年なのか、年が明けてからなのか、わからないが、楽しみにして待ちたいと思う。
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(4)
コメント

メインキャストでもないエキストラレベルの出演者であるならコスト削減にはあまり貢献しないと思いますよ。
2009-10-01 木 01:39:16 | URL | 通りすがり #- [ 編集]

>通りすがり さん

 確かにメインキャスト以外はギャラが安いので、コスト削減も知れているかもしれません。それでも人数を集めればそれなりの金額になるのかもしれません。「塵も積もれば山となる」と言いますし(汗)。
2009-10-01 木 23:55:23 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


こんばんは。
救命病棟24時、7-9月クールで唯一続けて見たドラマで、
テーマは結構タイムリーだと思いますし、なかなか良かったと思いますけど、
指摘の「意外と落ち着いた雰囲気」と、
それと進藤先生のスーパーマンぶり(タフぶり)には違和感ありました。

ま、米ドラマ「ER 緊急救命室」を見てしまったので、どの救急モノを見ても評価は辛いですが・・・^^;
2009-10-03 土 23:19:51 | URL | mo-take #ngKuQirA [ 編集]

>mo-take さん

 ドラマは不作が続いているようですが、それよりも仕事などが忙しくて見られるドラマは少ないですね。「救命病棟24時」は録画してほとんど休日に見てました。
 mo-take さんは進藤先生にも違和感があったようですが、このドラマの中心的な人物ですし、進藤先生の言動は私はそれなりに楽しんで見てました(汗)。あんなふうに完璧に近くこなせたらいいなあと思いますが、おっしゃるように実際には難しいでしょうね。
2009-10-04 日 00:41:27 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。