プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2009/10/03 (Sat) 23:52:10
投資の日
 明日10月4日は「投資の日」だそうだ。正確には「証券投資の日」。「10」(「トウ」)と「4」(シ)を組み合わせた単なる語呂合わせで、10月4日に何か投資にまつわる出来事があったとこいうことではないらしい。投資活動に関する知識を、広く一般に普及・啓蒙する事を目的に1996年より設定されたということだ。

 1996年に設定された当初は証券会社も投資の日を積極的にアピールしていたように思う。何年か前には、投資の日には株式の売買手数料がやすくなったりというキャンペーンがあったように思う。設定から日が経ってしまった今ではそういった話もほとんど聞こえてこない。


 忘れ去られかけた感がある「投資の日」であるが、10月3日の日本経済新聞に広告が出ていた。10月4日にも続きがあるようだ。この広告を見て私は「投資の日」に気づいたのであるが、このページの広告を見ずに飛ばしてしまう人も多いのかもしれない。

 この広告には川村雄介氏が書いたものが載っているのだが、これを読むと結構いいことが書かれていると感じた。まず、1つ目は「株式は人類最大の発明の1つ」。株式は有限責任であるため、身の丈にあった出資ができ、それが企業活動を活性化し、経済や産業の発展をうながすという循環が起こる、と。株式会社は資本主義経済の根幹をなすものであり、社会主義がつぶれて逆に資本主義経済がここまで発展したのは、まさに「人類最大の発明」といっても過言ではないかもしれない。

 2つ目は「株式は経済の鏡」。株式は短期であぶく銭を稼ぐものという認識しか持っていない人も多いかもしれないが、株式は経済そのものといってもよいものかもしれない。川村氏が書いているように、直接株式投資を行っていなくても年金や保険は一部を株式で運用しているし、収入の大部分を得るために株式会社に勤めている人はかなり多いのではないだろうか。株式と日々の生活とのかかわりあいをもう一度考えてみるのもよいと思う。

 3つ目は「長期投資」。特に日本株式は20年間近くに渡って低迷を続けているため、長期投資という視点が薄れてきている人が多いように感じていたが、ちゃんと「長期投資」を勧める人がいるのだと安心した。私は、企業の生み出す利益が株価に反映されて積み上がっていく、というイメージを持っているので、株式を長く保有していれば自然と利益が得られるはずだと信じている。

 最後は「日本経済について」。川村氏は「日本経済をネガティブな目で見ようとすれば、誰もがたくさんの現状の問題点を挙げることができるでしょう。しかし、これらの現象からも見方を変えれば、ポジティブな材料が見つかることがよくあるのです。」と述べている。なるほど、悪いところだけに目がとらわれてしまってはいけないわけで、よいところもきちんと見ていかなくてはならないはずだ。「将来の可能性を見つけること。これこそ、投資のために必要なテクニック。」と述べているが、その通りだろう。ネガティブになり過ぎず、ポジティブな面を見ていくようにしたいと思う。
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(4)
コメント
いつも拝見させて頂いております。
株式は何か特別なものではなく、かなり生活に密接に関わっていると言う内容で非常に共感する記事ですね。
2009-10-04 日 13:17:00 | URL | ふるぴょん #- [ 編集]

>ふるぴょん さん

 ふるぴょんさんのように株式が生活と密接にかかわっていると考えている人はまだ少数なような気がします。生活と密接にかかわっているということを理解して株式投資について考えてみると、新たなことが見えてくるかもしれません。投資の日はそういう機会になってほしいと思います。
2009-10-05 月 01:01:28 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

作れたらいいな、なんて考えています。

米国では、投資教育の年間最優秀賞なんて発表されているみたいですしね。

http://www.money-college.org/blog/user/stayhungry/
2009-10-05 月 12:58:51 | URL | だとも #- [ 編集]

>だとも さん

 「投資の日」とは別に「投資教育の日」っていうのもいいですね。教育なしに真の投資は広まらないですからね。そういう意味ではアメリカは進んでいるのですね。アメリカとの格差を感じてしまいましたが、日本も追いつけ、追い越せ、といきたいですね。
2009-10-06 火 00:06:27 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。