プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2009/10/11 (Sun) 00:14:47
さわかみファンド運用報告書(2009年8月24日決算)
 今回は記念すべき10回目の決算だ。さわかみファンドが設定された時のことを思い出すと、独立系投信会社の投資信託ということではあったが、その当時はそれほど大きな話題とはならなかったように思う。独立系ということで、日々の基準価額が他の投資信託とは別扱いされて、モーニングスターでは通常の投資信託の基準価額とは別ルートで入手してサイトに表示することをしていたと思う。そんなことも昨日のことのように感じてしまうのだが、あれから10年が経ったわけで、時間が過ぎる速さを感じる。

 さて、第10期(1年間)の運用成績だが、-9.8%の下落となった。ベンチマークを決めていないので基準となるものがないのだが、同期間のTOPIXを計算してみると約-21.7%(配当落ち後)、日経平均は約-17.8%(配当落ち後)で、配当金を2%としてみると、TOPIXを10%ほど、日経平均を6%ほど上回ったことになる。インデックスと変わらなくなってきているとのうわさを耳にしていたのだが、意外にもインデックスを大きく上回る素晴らしい運用成績だったようだ。


 運用成績が1割近くのマイナスだったにもかかわらず、純資産総額の方は約2,281億円から約2,333億円へと増えていた。相変わらずの資金流入の多さに感心するばかりだ。株価が下がった時に、また、毎月の積立で、さわかみファンドを購入する人はまだまだ健在のようだ。直接販売による投資家顧客数はこの一年間で約3,672名も増えて12万人を超えたということで、この数字にも驚く。

 分配金はゼロで、設定時からの無分配を続けてくれているところは、まことにありがたい。

 運用の中身であるが、組み入れ銘柄の整理がかなり行われたようだ。期首の293銘柄から期末の192銘柄へと、100近い銘柄を売却した。売却するだけではなく、買い増している銘柄もあって、現金比率は2.6%ほどしか上昇していなかった。株式組み入れ比率は97.1%と高位であり、流入した資金はできるだけ株式の購入に充てられていることがわかる。一時に比べて株価は回復してきているが、まだまだ安いと判断している可能性が高い。

 組み入れ銘柄の整理についてはちまたには否定的な意見が多いようだが、一度組み入れた銘柄を、大きな利益が上がったわけではなく、むしろ損失を出して売却しているものも多いので、そういう点では確かに運用の稚拙さを感じてしまう。でも、誰にでも過ちはあるものであり、その過ちに気付き、即座にそれを修正するということであれば、それは仕方のないことではないかとも思う。

 運用する側が少しいい気になって、あれもこれもと組み入れ過ぎたのかもしれない。それに気付いて、今後上昇することが見込める銘柄に集中させようとしているのだと、私個人はみている。そうだとすると、その方針にはまったく異論はないので、保有を続けるつもりだ。
運用報告書 | Trackback:(0) | Comments:(6)
コメント
あれだけ大型株を組み入れているのにインデックスをアウトパフォームしているということはやはり銘柄選別がしっかりできている、ということなのでしょうね(^^)。もう少し信託報酬を下げてくれれば文句なし、というところでしょうか。

さわかみファンドについてはfundstoryさんのおっしゃるとおり賛否両論あるようですが、独立系投信ひいては日本の投資界のパイオニア的な存在なことは事実ですし、これからもがんばってほしいですね!
2009-10-11 日 12:28:31 | URL | 田舎のKen #- [ 編集]

>田舎のKen さん

 信託報酬、確かにもう少し下げてくれるとうれしいですね。長期的にインデックス指数を上回ることが続いたら、贅沢な期待かもしれませんが。

 パイオニア的な存在のさわかみファンドには、私もまだまだがんばってほしいと思います。それが投資信託全体に良い影響を与えるでしょうからね。
2009-10-12 月 00:57:10 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


さわかみファンドが良いパフォーマンスを残し続ける様な未来であれば、さわかみファンドのホルダーでなくとも、多くのインデックス投資家にとって満足のゆく結果が出ている可能性が高いと思います。
また、さわかみファンドが他のファンドの成績をアウトパフォームすればメディアが取り上げるなどして、長期投資の啓蒙にもつながるはずです。

長期投資家・インデックス投資家としての大局的な見地からもさわかみファンドには頑張ってもらいたいと思っています。

※個人的には、2年以上前にさわかみファンドの積立を停止しており、今後積立を再開するつもりはありませんが(苦笑)
2009-10-12 月 21:26:15 | URL | 虫とり小僧 #YHpFg9Og [ 編集]

>虫とり小僧 さん

 なかなか長期投資が根付かない中で、さわかみファンドの健闘ぶりは長期投資の力になりますよね。好調さがいつも続くわけではありませんが、さわかみファンドには引き続きがんばってほしいと思います。

 私もさわかみファンドの新規積立は停止しております。今後の積立再開は未定です(大苦笑)。
2009-10-12 月 23:52:03 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

こんにちは。
さわかみホルダーです。
10年って早いですね。
私も保有して10年経ちました。
リーマンショックで利益も吹き飛び、今は塩漬け状態です。
銘柄入れ替えがすごいですね。
値上がりするまで気長に保有するつもりです。
2009-10-14 水 14:01:41 | URL | しょう #JalddpaA [ 編集]

>しょう さん

 本当に10年間はあっという間ですよね。
 投資は山あり谷ありです。今の状況が永遠に続くわけではないと思うので、気長に上昇するのを待つのがよいのではないでしょうか。株価を後追いするようなファンドではないと思うので、しばらく保有するつもりです。
2009-10-15 木 00:32:38 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。