プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2010/01/24 (Sun) 00:15:26
日ごろの備えが重要
 先週の今頃は高熱で寝込んでいた。とてもとてもつらかった。なぜか、高熱の中、とても焦っていたように思う。この高熱の中、自分はどうすればよいか?との疑問が頭の中を駆け巡り、もし、このまま高熱が続けば自分はどうなってしまうのか?という不安も大きかった。

 病院はお休み、解熱剤もなく、頭を冷やす適当なものもすぐに用意できない、とそんなことばかりが頭の中に浮かび、高熱だけでもつらいのだが、焦りと不安がつらさに拍車をかけたような感じであった。


 冷静になった今考えれば、比較的近くに総合病院があるので、急患として駆け込めばよいのだし、もっと深刻な症状になれば、救急車を呼んだってよいのだ、と思いつくのだが、なぜかそれがその時は思いつかなかったのだ。

 それは、日ごろの備えができていなかったことが原因だろう。自分はあまり高熱を出すことがなく、5、6年間に1回くらい38程度の熱が出るくらいであったので、この程度の熱ならそれほどつらいという感じもなく、普通にしていても2、3日間で治るものであった。

 だから自分は熱に対する備えはする必要がないと考えていて、解熱剤などは用意していらず、熱が出た時に頭を冷やすものも用意していなかった。そんなところに襲ってきた高熱。どうしてよいか分からず、パニック的な焦りと不安にも襲われた。

 普段からもう少し熱に対する備えを行っていれば、少なくとも焦りと不安はかなり少なくなり、もう少し平穏な気持ちで過ごせたはずだと思う。

 これは投資においても同じことが言えるだろう。行け行けドンドンで、大きな金額を投資につぎ込み、そんなところに急落が襲ってきたら。どうすればよいのか?このままではまずい!とパニックに陥ってしまうだろう。

 そうならないためには、やはり日ごろの備えが必要だろう。少なくとも生活防衛資金はきちんと確保し、決してそれには手を付けない。過度に大きな資金を投資に振り向けない。いつでも急落は起こるものと、心の準備をしておく。もし、急落が起こったらどうするのかといったシミュレーション的なことを考えておくのもよいだろう(株式の場合、長期的な株価の上昇を信じるなら、急落しても売却する必要はなく、買い増すくらいでもよいかもしれない)。

 などなど、当たり前のことだが、常日ごろから備えていれば、少々の事なら起こっても、動じることなく平穏に過ごせるはずである。私は投資に対する備えは少しはできていると思っていたが、高熱に対してはまったく備えができていなかった。ただ、備える必要があると気がつくことになったので、今回の高熱はよい機会であったと思っている。

 まだ他にも備えができていないことがたくさんあると思うので、よい機会なので、いろいろと考えてみたいと思う。
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(3)
コメント
高熱から回復されてよかったです。
病気の時はいろいろ考えますね。特に仕事にいけないとなると。

うさみみが入院した時に妻もインフルエンザになって最大の危機が訪れた時のことを思い出しました。
5日ほど娘2人(小4と小2)の力だけで、なんなくクリアしてしまったのには驚きと同時に親の役目も減って来てるんだと感じました。

お互いに、健康の大切さを痛感しますね。
2010-01-24 日 11:18:43 | URL | うさみみ #- [ 編集]

もうだいぶ良くなられたようですね。良かったです。

ほんと日ごろの準備は大切ですよね。パニックへの処方箋になるのは大きいと思います。

それにしても、この経験と投資を結びつけるアイディア、びっくりしました(笑)。
2010-01-24 日 21:22:13 | URL | 田舎のKen #- [ 編集]

>うさみみ さん

 危機に直面して新たに見えてくるものもありますね。子供さんの成長は楽しみでもあり、さびしいところもちょっとありで、複雑ですね。でも、まだまだ親の背中を見てさらなる成長をしていくはずなので、親としては気が抜けないかもしれませんね。


>田舎のKen さん

 高熱の経験を投資に結びつけるのは唐突でしたかね?私としては今回の高熱はかなりの危機と感じて、100年に1度の金融危機と通じるものがありました。日ごろの備えをあらためて認識するように、自分に言い聞かせる意味もあってエントリにしてみました(汗)。
2010-01-24 日 23:42:21 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。