プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2010/01/30 (Sat) 23:17:49
AIGの経営危機で今頃になって思わぬ影響を受けた
 もう1年以上も前のことになるが、サブプライムローン問題によりリーマン・ブラザーズが破たんし、続いてAIGがアメリカ政府の管理下に置かれることになり、実質的に破たんした。AIGは再建のため、中核の損害保険事業に集中し、それ以外の事業は売却する方針が出されて、日本でもグループの生命保険会社が売却されるとの報道があった。

 幸いなことに私が加入する生命保険はAIGとは関係が無かったのだが、損害保険はAIGと関係があった。ただ、損害保険事業はAIGの中核事業であるので、大きな影響を受けることはないだろうと思っていた。だが、今頃になって影響を受けることになってしまった。


 私が住む家は賃貸物件であり、もし火事などで燃えてしまった場合のために火災保険に入っている。2年に1度の賃貸契約の更新のタイミングで火災保険も更新するのだが、このタイミングに合わせて保険会社から火災保険の更新の案内が送られてくるのだった。

 ちょうど今、賃貸契約の更新なのだが、今回は火災保険の更新の案内が届かなかった。ヘンだなと思ったのだが、自分が火災保険の更新の案内が来ていたことを見落としてしまっているのかと思って、届いた郵便物を調べたのだが、やはり更新の案内は届いていなかった。

 だが、ハガキが1通届いていて、「自動継続の手続きを終了させていただきます」と書かれていた。その代わりWebサイトを用意したので、それを見るようにということだった。早速、Webサイトを見たのだが、賃貸用の火災保険はWebサイトから資料の請求もできず、代理店に問い合わせるしかないというものだった。

 代理店でもいいのだが、Webサイトで代理店を調べると、会社や家の近くには見当たらない。こうなったら少し遠くの代理店でも仕方がないなあと思ったのだが、なんだか釈然としないものが残った。どうしてこんな面倒なことになるのか?勘弁してほしい!

 そうはいっても火災保険に入らずに万が一のことが起こったら元も子もないので、少し遠くの代理店に電話してみようと思っていたのだが、生命保険の営業の人が会社に来ていることに気付いた。もしかしたら火災保険も扱っているかも。

 昼休みに会社に来ている生命保険の営業の人に訊いてみたら、火災保険も扱っていると。ラッキー!これまで支払っている保険料と同じくらいのものになるように保険内容を考えて持ってきてもらうように頼んだ。

 借家人賠償に家財保障などを付けて、それまで払っていたものより若干安い保険料となった。当然、それまで加入していた火災保険とは違う会社の保険だ。2年間で2万円にも満たない保険料なので、営業の人にとってはまったく営業成績にならないかもしれないのだが、とても真剣にやってくれたように思う。

 なんとか火災保険に加入して、これで万が一のことが起こっても、なんとかなりそうだ。ただ、保険の内容についてはいまいちわからないところも多く、勉強しなければならないと感じた。投資だけでなく保険についても、時間を見つけて調べてみたいと思っている。
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(3)
コメント

fundstoryさん おはようございます。

私の場合は、全労災の自然災害保証付き火災共済に入っています。地震のときの火災にも対応できるので、これにしました。

なお、わたしは全労災のまわしものではありませんので念のため・・(笑)
2010-01-31 日 09:20:56 | URL | Tansney Gohn #SNAM66t2 [ 編集]

そんなことがあったんですね。うちも大丈夫かな…。
本当にどこに影響があるのか分かったものではないですよね。
生命保険は勉強してもなかなか火災保険まではできてないです。
2010-01-31 日 12:48:01 | URL | うさみみ #- [ 編集]

>Tansney Gohn さん

 全労災という選択肢もあったのですね。気がつきませんでした。次回は全労災も検討してみたいと思います。


>うさみみ さん

 本当にどういう影響を受けるのか、分からないものだなと感じました。同時に保険の知識の無さに、これではまずいなあと思ったしだいです。最低限の知識は身につけておきたいところですね。
2010-01-31 日 23:10:10 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。