プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2010/02/21 (Sun) 00:27:25
オリンピックでのメダル獲得はすばらしいが
 今回は投資とは関係ない話題です。

 バンクーバーでの冬季オリンピックが行われて、連日テレビなどで放送されている。既に日本はスピードスケート男子で銀メダルと銅メダルを、フィギュアスケート男子で銅メダルを獲得し、厳しい成績の中でも頑張って結果を出しているように思う。フィギュアスケート男子はオリンピックで日本史上初めてのメダルであり、価値も大きい。

 これからの競技ではフィギュアスケート女子などでメダル獲得が期待されるが、今季は不調が目立つ浅田真央選手はどう仕上げてくるのだろうか?周りのプレッシャーに負けないように精一杯準備をして、精一杯の演技をしてほしいところである。


 メダルを取れた競技はよいが、メダルを取れてもメダルの色に不満が残る場合や、メダルを取れない競技については選手が頑張ったという評価がちょっと低いことがあるように感じる。

 オリンピックは各国の一流の選手が競って、選抜されて集まるものである。そのレベルは非常に高く、簡単にはよい成績が収められるものではないことは明らかである。非常に高いレベルで技術を争っており、ちょっとしたミスやブレで結果は大きく異なってくる。

 高い技術レベルが要求され、まだ完成度が高くないものでも演技に盛り込んで本番に臨んでくる。成功するか失敗するかは紙一重であり、結果には大きな差が生じるが、持ち合わせる技術はわずかな差でしかないと思われる。

 そんな中でメダルを取るというのは非常にたいへんなことで、メダルを取れなかったとしても落ち込んだりする必要はなく、少なくとも非難されるものではない。一部の競技にはメダルを取れて当たり前という風潮があるような気もするが、それは思い上がりのように思う。

 「オリンピックは参加することに意義がある」と言われるが、最近はこの言葉を聞くことが少なくなったような気がする。オリンピックに出るにはその前に厳しい選抜があり、その選抜に勝ち上がることが非常に難しいはずだ。その選抜に勝ち上がってオリンピックに出る、まさしくオリンピックは参加することに意義があるのだと思う。

 日本の代表選手が、オリンピックの舞台で、おもいっきり飛んだり、跳ねたり、回ったりする姿を見ようではありませんか。結果は結果であって、その裏にある血のにじむような努力を忘れてはいけないように思う。そうは言ってもやはりメダルに目がいってしまうのだが・・・。
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

参加することに意義があったのは当時の時代背景や世界情勢があって出た言葉であったし、国単位の問題であって今の時代ではもはや使われないのは当然のことでしょう。
競技人口が少なく、素人に近いような選手や急造選手が出ているのを見たりすると、今の時代にふさわしいのは「参加することに異議がある」ではないかと思ったりもするのです。
選手村で壁を破ったり他の選手への中傷、不適切な服装や態度で二大会連続で恥をさらした某選手なども…。
2010-02-21 日 13:31:02 | URL | 意義 #- [ 編集]

>意義 さん

 「意義」ではなく「異議」ですか。手厳しい感じもしますが、代表らしい行動が求められるのも事実であり、難しいですね。ただ、超一流の選手が集まるスポーツの祭典であり、メダルだけに注目が集まるのは、ちょっとさびしい感じが個人的にはしてしまいます。
2010-02-22 月 00:27:38 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。