プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2007/04/18 (Wed) 23:45:37
SBIファンドバンクのポイント制
 本日4月18日の日本経済新聞朝刊にSBIホールディングスがSBIファンドバンクを設立して、投信の運用手数料をポイントで付与し、実質的に値下げをするという記事が出ていた。

 「投信の運用手数料の値下げ」と聞くと、つい敏感に反応してしまうのだが、日経新聞の記事によると、ポイントで付与するのは、わずかに「運用額の0.1~0.2%」ということで、どうも期待外れに終わりそうな気がしてしまう。

 例えば、取り扱ってほしいと思うファンドの例として低コストのものとしては「中央三井外国株式インデックスファンド」があるが、このファンドの信託報酬は0.84%で、保管費用などを含めると約1.0%になる。ここから0.2%をポイントでもらっても実質的な手数料は約0.8%にしかならない。これでは、バランス型ではあるが「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の約0.78%を下回れない。



 また、ポイントの使い方も問題である。ポイントの有効期限が短かったり、ポイントの交換先が魅力あるものでなければ、ポイントをもらってもポイントが無駄になってしまうことも多いからだ。少なくとも投信の購入費用に充当できる必要があるだろうと個人的には思っているのだが、日経の記事には「旅行商品など」となっており、「モノ」との交換の可能性が高いと思われる。

 運用手数料が低いなあと思えるのは、最近ではセゾン投信の例もあって、実質コストが0.7%を下回る水準だろう。だが、この水準を実現するのは、既存の投信を販売会社が売ることではどんなに努力しても無理だろう。

 なぜなら、先ほど取り上げた「中央三井外国株式インデックスファンド」を再び例にすると、信託報酬0.84%のうち、販売会社の取り分は0.3675%であり、このほとんどを顧客に還元しない限り0.7%という水準は実現できないからだ。

 したがって、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」以下の運用コストを実現するなら、委託会社、販売会社、受託会社それぞれが受け取る信託報酬を低く抑えた低コストのファンドを新しく設定する以外に無いと思う。

 ただ、販売会社が単独でできる試みとして、実質の運用コストを下げるためにポイントを付与するという発想自体はとても良いことだと素直に感じる。あとはインデックスファンドをノーロードで、特に中央三井のインデックスファンドシリーズをノーロードで品揃えしてくれると、もしかしたら購入を考えてしまうかもしれない。ということで、多少の期待をもって詳細の発表を待ちたいと思う。

 そういえば、昔、野村ファンドネット証券でもポイント制を行っていたが、あまりメリットを受けたという感覚が無くて終わってしまったことを思い出した。積み立てを行うとポイントの増額があったと思うのだが、それでもあまり貯まらなかったと記憶している。もっとも、野村ファンドネット証券の場合はポイント云々より、会社自体が短命で終わってしまったことが問題であるが。

トラックバックした記事
「SBIファンドバンク」 by rennyさん
投資信託雑感 | Trackback:(0) | Comments:(6)
コメント
こんばんは。
今日のマルのブログでもこの件を取り上げたところでした。
SBIグループはソフトバンクの流れをくんでいることもあり、大げさなプレスリリースの内容に注意する必要があると思います。
また、マルも過去野村ファンドネット証券口座保有していまして、いまだに野村證券でDKA株式オープンを保有しています。そのためジョインベスト証券に口座開設する気になれません。
2007-04-19 木 00:15:39 | URL | マル #- [ 編集]


マル さん、コメントありがとうございます。
SBIが大げさに発表する傾向があるのは知りませんでしたが、どの会社のプレスリリースでも、期待し過ぎると裏切られた時の落胆も大きいので、あまり過度な期待はしないようにしています。
私も野村ファンドネット証券で購入したファンドは今でも野村證券のほっとダイレクト部で保有してます。確かに、あのひどいやり方は二度と味わいたくないですね。
2007-04-19 木 00:39:52 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

こんなサイトをまってました!
投信の革命を起こしてください。
期待しています。
2007-11-13 火 17:17:56 | URL | わははのは #- [ 編集]

>わははのは さん

 先日、「SBIファンドバンク」は11月14日から開業し、信託報酬の販売会社取り分の20%をポイント還元するなどのことが発表されていましたね。販売会社が単独でもできる一つのやり方で、期待したいと思います。
2007-11-14 水 01:35:04 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


Eトレードと同時投入されるというインデックスファンドおよびバランスファンドの方が、むしろサプライズのように私には受け取れます。

いくらなんでも、外国株式インデックスの信託報酬を0.777%にするなんてことは、信じがたいことですので・・・(管理報酬とかが高ければ元も子もないですが)。
2007-11-15 木 00:18:12 | URL | 新幹線 #FyfYRPZg [ 編集]

>新幹線 さん

 イー・トレードのSTAMインデックスファンドシリーズはかなりの話題になっていますね。確かに信託報酬はこれまでのものより安いですが、頑張っても日本ではこの程度が限界なのでしょうか?欲張りかもしれませんが、もう一段の低下を望みたいところです。でも、イートレードだけでインデックスファンドから海外ETFへのリレー投資ができますので、評価したいです。
2007-11-16 金 01:09:06 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。