プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2007/04/19 (Thu) 23:06:55
カブコムの新外債インデックスファンド
 本日19日の日経金融新聞に

「カブドットコム証券は十九日から、世界の国債インデックス(指数)に連動する投資信託の販売を始める。」


との記事が載っていた。カブドットコム証券には口座を開いてはいないので、詳しいことはわからないが、以前外債ファンドを調べたことがあったのだが、その時には適当な外債ファンドが見つからなかったので、今回の新ファンドでようやくカブドットコム証券にも低コストの外債ファンドが揃うのだなあと思ったのだ。だが、・・・。


 まず、信託報酬が0.7875%となっており、例えば、PRU海外債券マーケット・パフォーマーの0.6825%、中央三井外国債券インデックスファンドの0.735%より高めのコストになっている。保管費用などを含めたコストがどうなるのかは不明であるが、信託報酬だけ見ても新しく設定するファンドで既存のファンドより高めのものというのは、ちょっとどうなのか?と思う。それでも、信託報酬が極端に高いわけではないので、目くじらを立てるほどではない。

 で、ファンド名称を見てみた。「三菱UFJ世界国債インデックスファンド(毎月分配型)」。え?「毎月分配型」?インデックスファンドで毎月分配型?そんなのあり?と驚いてしまった。毎月分配型が売れているとはいえ、インデックスファンドに毎月分配型を持ってくるとは、その発想は私には無かった。

 退職してあとは年金暮らしをするような人にとっては毎月分配型が必ずしも悪くないと思うし、分配金=実質的な運用益と勘違いしている人も少なからずいるとは思うが、若い人でも人によっては毎月分配型が好きな人もいるので、毎月分配型ファンドはそれほど悪いファンドとも思っていなかった。しかし、インデックスファンドを毎月分配にしてしまうとちょっと気持ちが変わってくる。

 「今売れている毎月分配型を、インデックスファンドにして信託報酬を低く抑えたので、たいへんお得!」とでもアピールするのだろうが、ここまでくると、ちょっとやりすぎのような気がする。毎月分配型はインデックスファンドとは関係の無い別世界のものと思っていたのだが・・・。こういうファンドが売れてしまうと「インデックス投資をやっている」と言ったら「ああ、毎月分配か」なんて言われてしまうことも現実となってしまうかもしれない(笑)。

 団塊の世代の多額の退職金などを取り込む目的で考えられたすばらしいアイデア商品と評価する人も多いかもしれないのだが、なぜか素直にそうは思えない。企業としては顧客のニーズに応えて利益を出すのが勤めであり、売る側は企業として当然の努力をしているだけだとは思うのだが。

 果たして毎月分配型の外債インデックスファンドはヒット商品となるのだろうか?買うつもりはないが、今後の売れ行きにはちょっとだけ注目していきたいと思う。
投資信託雑感 | Trackback:(0) | Comments:(5)
コメント

こんにちは♪

検索からふらふらと、、、

また遊びに来ますね♪

応援クリック♪
2007-04-20 金 00:27:47 | URL | 投資で生活する男 #- [ 編集]


「毎月分配型」って言うのが本当に良く分かりませんね。インデックスに連動させつつ、毎月分配させることなんてできるのでしょうか。分配額がごく小額(1年決算型の額を12で割ったもの)になるとかそういうのならまだ理解できるんですけど…

今日、書店でZaiの6月号を買ってきました。この手の雑誌としては珍しく、「国際分散投資」推奨や「手数料割安」推奨の記事が載っていて、大変興味深いものであったと思います。
2007-04-20 金 14:06:49 | URL | 新幹線 #FyfYRPZg [ 編集]


投資で生活する男 さん、コメントありがとうございます。
今後もよろしくお願いします。


新幹線 さん、コメントありがとうございます。
私もインデックス連動で毎月分配できるのだろうか?と疑問に感じましたが、まあやると言っているのだからできるのでしょうね?
このファンドは他の毎月分配型ファンドとの差別化のためにコストの低いインデックスファンドを使おうとしているだけだと思うので、インデックスにきちんと連動するかどうかはあまり重要では無いのだと思います。それでいいのか?という気はしてしまいますが。
Zaiは創刊当初はよく立ち読みしてましたが、最近は立ち読みさえしてませんでした。早速本屋で見てみようと思います。情報ありがとうございます。
2007-04-21 土 00:02:32 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

こんにちわ。

近頃カブドットコムに積立投信を集中させてきて、
「ラインアップに外債インデックスがあれば全部統一できるのに、、」
と思っていたので、「やったー」と一瞬思ったのですが。。。

これは微妙ですね。
私は月6万を外債に突っ込もうとしているので、
カブドットコムのシステムで5日に1万ずつ積立したいんですよ。
それなのに毎月分配とは、、、

2chで毎月分配(分配金再投資)と無分配のパフォーマンスの差を調べててその結果は10年間で0.25%程度だったので、実際には大した差はないのかもしれませんが。
2007-04-21 土 06:55:31 | URL | カブドットコムファン #WXmK69KA [ 編集]

カブドットコムファン さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
待ちに待っていたので、喜んではみたものの、問題点に気づき、がっかりという経験は私もよくあります。1歩前進ではあるものの、行動に踏み切るかどうか、非常に迷うところだと思います。
10年間で0.25%ほどの差だということですが、これを小さいとみるかどうかだと思います。その後20年、30年までみるとその差は広がって行くので、できれば差は無い方が望ましいと思います。
(コメント後半部分を修正しました。2007/4/22 01:05:00)
2007-04-22 日 00:46:25 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。