プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2010/05/02 (Sun) 23:48:18
中国についてふと思ったこと(その2)
 前回は「中国についてふと思ったこと(その1)」で、現在、上海万博が開かれている中国と1970年の日本とが似ていることについて触れたが、見方によっては1980年代後半~1990年初めまでの日本のバブルと今の中国経済が似ているのではないかということを書いた。今回はその根拠のようなことを書いてみたいと思う。

 1980年代後半~1990年初めまでの日本のバブルと今の中国経済が似ていると考える1つの根拠は人口の減少だ。日本に人口は2006年をピークに減少し始めた。バブルが1990年までだったとすると、バブル崩壊から15年後のことだ。一方、中国は一人っ子政策の影響もあり、2030年くらいから人口の減少が始まると予想されている。今から20年後のことであり、もし今の中国経済がバブルであったとして、数年のうちにバブルが崩壊したとしたら、人口が減少する時期は日本の場合と結構近い。

 しかも、日本では人口減少はもっと後に起こると予想されていたのだが、思ったより早くやってきてしまった経緯がある。中国でも同様に早まる可能性もあり、バブル崩壊と人口減少までの期間はかなり近くなる可能性がある。


 もう一つの根拠は生産年齢人口の減少。生産年齢人口とは15~64歳までの年齢人口のことで、労働に適する年齢の人口を表す。日本の生産年齢人口は1995年をピークに減少している。バブル崩壊の5年後だ。

 中国の生産年齢人口も近い将来に減少することが予想されており、2015~2020年の間にピークに達すると言われている。今からわずかに5~10年後のことだ。今の中国経済がバブルで数年のうちにバブルが崩壊したとしたら、この生産年齢人口の減少する時期も日本の場合と結構近いことになる。

 中国では今は生産年齢人口がピークに近づいており、そのため経済は絶好調だとも言える。この時期に日本ではバブルとなったのである。経済が生産年齢人口の多さを認識してバブルを発生させ、生産年齢人口のピークを察知してバブルが崩壊したのかどうか分からないが、人口ボーナスという、これといった技術革新がなくてもそれなりに生産性が上昇し、結果として経済成長率が高くなる傾向があることを考えると、個人的には納得する部分がある。

 中国は1991年以降、GDPが年率7%以上もの成長を続けており、2010年も10%程度の成長が予測されていて、20年間も高成長が続くことになる。中国の経済成長は始まったばかりのイメージがあるかもしれないが、意外にもそうでもないのかもしれない。経済は既にある程度成長してしまった可能性がある。

 今の中国経済はバブルだとも言われるが、もし1990年近辺の日本のバブルと同じだとしたら、経済成長はまさにピークをつけ、バブルが崩壊したら、不良債権に苦しみ、人口減少のため簡単には成長路線には戻れず、経済の低迷に長く苦しむ可能性がある。

 この人口に関する2つの指標だけで先のことを予想するのはよくないと思うが、新興国に過剰な期待を持つこともよくないと思う。経済は動いており、政策1つで大きく変わるかもしれず、この先どう変わるか分からない。過去は過去、でも学ぶことは多い、将来は将来、先のことをぴったりと予想するのは難しい、ことを頭の中に忘れずに、将来がどうなっても困らないように行動していきたいと思う。
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(6)
コメント

中国がいまバブル状態にあるのは確かだと思います。しょっちゅう現地に行っていますので実感しています。
ただ、おっしゃるようにいつはじけるかは誰にもわかりません。もしかするとうまく次の成長につなげるかもしれません。

一ついえることは仮にはじけたとしても、日本のように失われた20年にはならないと思います。
日本は資本主義の顔をした社会主義の国ですから、正解でも果断な処置はとれません、また実際に取らなかったですね。(竹中さんくらいでしょう取れたのは?)
あちらは共産主義の顔をした資本主義の国です。
高速道路を通すのに地元の反対で何十年もかかる日本と、共産党の指示(命令?)一つで縦横無尽に高速道路がすぐできる国とでは、バブルがはじけたとしても日本と同じにはならないのではと個人的には思っています。
日本で100年に一度の危機が起きてたらこんな簡単に株価が戻ってないと思います。
2010-05-03 月 07:32:30 | URL | hide #- [ 編集]

>hide さん

 いろんな見方があると思いますが、どうなんでしょうね?
 「共産主義の顔をした資本主義」がよいのであれば、他の多くの国もその方向に向かっていくと思います。中国の結果が今後の世界各国の動きにも影響を与えるのかもしれませんね。
2010-05-03 月 21:38:43 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


「共産主義の顔をした資本主義」は良し悪しがあると思いますが、その国の国民にはなりたくありません。投資先としては魅力的ですが…。
2010-05-05 水 10:18:19 | URL | 原人 #SFo5/nok [ 編集]

>原人 さん

 「共産主義の顔をした資本主義」の国民になるのは、確かに微妙ですね。
 もっと長い期間でうまくいったかどうかを見てみないと、投資先としても微妙な気がします・・・。
2010-05-06 木 00:19:39 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

はじめまして

上海万博に行って fundstory様と同様な認識を持ちました。
生産年齢人口の減少はかなり近いはずです。

教育や社会資本整備の遅れは目を覆うものがあります。

日本の将来が明るいと言うつもりはありませんが
中国よりは明るいし、日本に生まれてよかったと強く思いました。
上海は、ソウルやバンコクよりも暗く、くすんでいました。

バブルは、膨らむだけ膨らまないとはじけないので
実際にはじけるのはもう少し後になるような気がしますが。
2010-05-06 木 11:25:13 | URL | ひさ #EBUSheBA [ 編集]

>ひさ さん

 最近、日本はダメダメという話が多かったのですが、比較の上で中国より日本の将来の方が明るいというのは、心強い意見だと思いました。日本も捨てたもんじゃない。日本はもう少し誇りをもってもいいかもしれないですね。
2010-05-06 木 23:16:54 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。