プロフィール

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2010/08/23 (Mon) 00:06:28
過去の10年間を振り返って
 この時期の恒例となったが、これまで資産がどのように推移したのか、振り返ってみようと思う。今回で丸10年が過ぎたことになる。この10年間は長かったような、短かったような。ただ、大きく上下に振れて、波乱万丈と言ってもよいかもしれない。

 その波乱万丈の資産残高推移は以下。

資産残高推移(2000年07月-2010年08月)



 グラフを見ると、大小様々な山と谷がいくつもできている。一番大きな山は2007年6月頃。損益%を表す赤い折れ線は約+50%、つまり資産が約1.5倍になったことを示しており、この時は「コツコツとした積立投資でもこんなに増えるものか?」と思ったものだったが、その疑問は悲しい現実となって訪れたのであった。その後下り坂をころげ落ちるように下がってしまった。

 その下落が止まったのが、2009年3月頃。サブプライムローン問題のとどめを刺すようなリーマン・ブラザーズの破たんが起きてしまい、資産は急落したのであった。その時の損益は約-30%で、資産運用をはじめて少し経ってからの2001年9月頃と同じ水準まで下がった。2001年9月頃にこれだけ下がった時は結構ショックであったのだが、2009年3月の時には下落に慣れてしまったこともあり、それほど落ち込むことはなかった。鈍感になってしまったということもあり、よいことなのかどうかという疑問は残る。

 2009年3月以降、各国の財政支出もあって株価が上昇し、資産も順調に回復してきたのだが、回復途中でまた山を付けて下落している。ギリシャなどの財政危機問題が浮上したことが原因だが、景気減速も懸念され、株価にとってはまた冬の時代がやってくるのかもしれない。しばらくは下落することを覚悟する必要があるかもしれない。

 元本が増えてきたこともあり、資産残高の振れ幅が大きくなってきている。最近は株価の振れ幅が大きくなっている傾向も関係しているとは思うが。金額でみると大きく上下に振れることになるが、不思議なことにそれほどハラハラ、ドキドキはしないものである。前述したように慣れてしまったことが大きいと思うが、逆に言うといきなり多額の金額を投資に振り向けてしまうと、慣れないうちに資産残高が上下に大きく振れてしまうことになり、気が気でいられなくなってしまう可能性がある。よく分からずに大きな金額を投資に振り向けることには注意が必要だろう。

 この先はどうなるか分からないが、これまで通りコツコツと積立投資を続けていくつもりだ。まだまだ先は長い。気長にのんびりとやっていきたいと思う。
投資の考え方 | Trackback:(0) | Comments:(4)
コメント
このグラフを見て「資産運用の本質」を見てる気がしました。

Fundstoryの序盤なのかもしれませんが、損益ライン(赤線)は +50の時があれば、-30の時もある。為替と世界経済の行方は誰にも分からない。更に底があるのかも知れない。なんとミステリアスな物語なんでしょう。

世界の成長を信じて、コツコツと資産を投じ続ける。資産運用は「マイナスを受け入れる」「マイナスで耐えられなく事を避ける」究極の長期推理小説なのかも知れません。

Fundstoryは「自分の力では完結できない。」けど「自分が描いた構想に物語を近づける」事は可能なのではないかと思います。だってこの先、「長い長い時間」があるんです。Fundstoryの「中盤」「終盤」が楽しみですね。
 
2010-08-23 月 08:47:01 | URL | オーク X32 #- [ 編集]

>オーク X32 さん

 この物語はこれから中盤に差し掛かろうとしているところではないかと思っています。中盤でいかに増やすかが大きなポイントになると考えています。逆に中盤でモタモタしたり減らしたりしてはかなりの問題になってしまいます。これからが本番だという気がしています。
 「究極の長期推理小説」というのはとてもよい表現ですね。ハッピーエンドで終わりたいものです。
2010-08-23 月 23:09:45 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


はじめまして。まわりまわってこの記事にたどり着きました。
>いきなり多額の金額を投資に振り向けてしまうと、慣れないうちに資産残高が上下に大きく振れてしまうことになり、気が気でいられなくなってしまう可能性がある
と言う行には10年にわたって続けてきた実感が込められているようで重い言葉だな~と思いました。私もスローペースで続けていきたいと思います。
2010-11-07 日 08:49:06 | URL | たなぼた #- [ 編集]

>たなぼた さん

 10年やってもうまくいかないことばかりで、投資の難しさを感じています。まだこの先20年はあると思っていますので、学んだことは少しでも生かせればと思います。
2010-11-07 日 23:10:54 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。