プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2010/09/04 (Sat) 23:47:19
チャールズ・エリス氏セミナー中止は非常に残念
 期待していたチャールズ・エリス氏のセミナーが中止になってしまった。「エリス氏の健康上の理由により来日が困難となったため」とのことで、仕方がないと言えば仕方がないのであるが、残念で残念で仕方がない。前回のバートン・マルキール氏の時には抽選に漏れてしまって参加できなかったため、今回こそはと期待していただけに非常に残念である。

 開催者側は、チャールズ・エリス氏の講演だけをなくしてセミナーは予定通り行うか、チャールズ・エリス氏に代わって別の講演者を立ててセミナーを開催するか、セミナー自体を中止にするか、迷ったのではないかと思われる。チャールズ・エリス氏の講演をなくした中途半端なものではまずいだろうと考えたのだろうし、チャールズ・エリス氏に代わる講演者と言ってもそれに勝るような人もすぐには見つからないだろうといったことで、セミナー自体の中止を決定したように想像している。


 ただ、「延期開催の可否については未定」ということで、チャールズ・エリス氏のセミナーが完全に無くなってしまったとも言えず、今後開催される可能性がない訳ではないようだ。チャールズ・エリス氏の健康状態がよくなったら、ぜひとも開催してほしいと思う。

 今回のチャールズ・エリス氏のセミナーも定員を大幅に上回る申し込みがあったということだ。それはそうだろうと納得したが、将来セミナーが開催されたとしても再び抽選に漏れてしまう可能性も高く、微妙な感じもしている。

 これだけ多くの申込者がいるということは、インデックス投資を行っている、または行おうと考えている人が多いということだろう。インデックス投資なんてマイナーなものと思う人がほとんどだと思っていたのだが、そんな考えは間違っているのかもしれない。一攫千金ではなく冷静な投資法と向かい合おうという人が結構多いのかもしれない。そういう人がインデックスファンドに投資し、インデックスファンドの純資産総額を大きく増やし、それが運用管理費用(信託報酬)の低減につながってくれるとありがたい。
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(4)
コメント

確かに首都圏ではインデックス投資は盛り上がっていると思いますが、
地方(広島)では、なかなかセミナーもないですし、話をできる人もいません。
話をするには東京に行かないといけません。
こちらで投資と言うと、個別株などアクティブ投資ばかりです。
地方には、インデックス投資をしている人は少ないのでしょうか?
それとも私が知らないだけなのでしょうか?
2010-09-05 日 23:03:03 | URL | はーぶ #- [ 編集]

>はーぶ さん

 地方がどうなのか、情報が入ってこないので分かりませんが、おっしゃるようにセミナーは少ないようですし、インデックス投資は盛り上がっていないのかもしれませんね。インターネットなどで情報が入手しやすくはなっているとはいえ、地方の格差は大きいのかもしれませんね。そんなことに負けずに頑張ってください。
2010-09-06 月 00:33:28 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]


たしかに、地域格差はあると思います。
自分も転勤族なので地方の状況は少しは分かるつもりです。
ただ、個人的な経験では、北海道でインデックス投資家と会ってスノーボードをしましたし、マレーシアのペナン島でもインデックス投資家と食事をしました。
要は、自分からどれだけ「場」を作るアクションを取るかだと思います。
ツイッターやmixiがある今ではツールには事欠かないと思います。
2010-09-07 火 22:31:40 | URL | 水瀬 ケンイチ #JalddpaA [ 編集]

>水瀬 ケンイチ さん

 なるほど、格差を縮めるためには行動力も必要だということですね。ツールをうまく使って、時には大胆に行動すれば、格差は縮められそうですね。なかなか頭で分かっていても行動に移せないことが多いので、行動力を忘れないようにしたいと思います。
2010-09-08 水 01:18:36 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。