プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2010/11/23 (Tue) 23:57:15
ようやく資格取得勉強が終わった(その2)
 今回は投資とは関係ない内容なので、興味のある方だけお読みください。

 「ようやく資格取得勉強が終わった(その1)」の続きです。

 それでも、やるだけのことはやったという思いもあり、試験に臨むことにした。試験当日は日曜日で、試験は午後からだったのだが、少し早く起きてインプット、ツールと技法、アウトプットを少しでも完全に覚えるようおさらいをした。

 昼前に家を出て試験会場に向かったのだが、初めて行く場所で少しだけ迷ってしまった。それでも試験会場には試験開始の50分ほど前に着いた。受け付けをすると、注意事項を書いた紙を渡され読みながら待つように言われた。待つ場所にはたくさんの人がいて、こんなに同じ試験を受ける人がいるのかと思ったが、ほとんどが他の試験を受ける人であった。


 注意事項の紙に書いてあることは事前に分かっていた内容ばかりで、すぐに読み終えた。試験時間まで時間があったので、またインプット、ツールと技法、アウトプットのおさらいをしていたのだが、なかなか試験開始で呼ばれない。周りにたくさんいた人は別の試験部屋に入って、数人だけが残っている状態。試験開始の時間になっても呼ばれないので、たまらず受付の人に「いつ試験が始まるんですか?」と訊いたら、「少しお待ちください」と言われた後、すぐに試験部屋に通された。なぜ試験開始が遅くなったのかは、今でも不明である。

 試験部屋に入ると、既にパソコンには試験が始められるように準備されていた。チュートリアルから試験に入り、最初は操作に慣れないところもあったが、すぐに慣れた。試験は、基本は英語なのだが、試験申し込み時に日本語訳を申請しておけば日本語訳も併記される。ただ、日本語訳は必ずしも正しく訳されていないものもあり、英語を読まなければならないこともある。今回の試験では少なからず意味が分かりづらい日本語訳があった。

 試験は4時間で200問に答える必要がある。200問のうち175問が採点対象で106問以上の正答で合格となるが、採点対象の175問がどれかはわからない。試験は1問当たり1分を目安に進めていったが、どうも自信を持って答えられるものが少ない感じがした。途中で、もしかしたら、この問題では合格は難しいかなという思いも浮かんでしまったが、そんなことを考えてもしょうがないと気を取り直して進めた。

 試験は順調に3時間20分くらいで最後まで到達した。残り40分あり、ここで休憩することも考えたが、休憩なしで見直しをすることにした。見直しをしたら、やはり答えに迷うものがいくつも出てきてしまい、考えているうちに時間は刻々と過ぎ、全部を見直したところでタイムアップ。

 終了のボタンを押し、ここで試験結果が出てくると思いきや、アンケートが出てきた。事前に、すぐに試験結果が出てくると聞いていたので、落ちてしまったか?と思いながらアンケートに答えていった。アンケートに答えた後、何やら英語の文章が長々書いてあるページが出てきて、何が書いているのかよくわからずも読み進めていくと、unfortunatelyという単語が見つかり、あ~、やっぱりダメだったかと思って、次のページに進めるとfailの文字があり、不合格であることが確定した。

 不合格は残念であるが、それ以上に、どうすれば合格するのだ?という思いが強かった。解答はもらえないので、どの問題を間違えたのかは分からず、また試験を受けても、同じ問題ならおそらくまた落ちてしまうだろうと思った。

 これ以上何を勉強すれば合格するのだ?2冊の本は何度も繰り返し勉強したので、これ以上勉強することが思い浮かばなかった。もうこの資格は諦めようかなとも考えた。既に555ドルも受験料を支払い、また試験を受けるにはさらに375ドルもかかってしまう。また受けて落ちたら、多額のお金が無駄になってしまう。

 そんな考えも浮かんでしまったが、ここで諦めてはいけない、逃げてはいけない、と自分に言い聞かせて、再度受験することにした。しばらく期間を空けて受験することも考えたが、せっかく覚えたこともあるので、それを忘れないうちにと考え、1か月後くらいに再受験しようと考えた。

 この続きは「ようやく資格取得勉強が終わった(その3)」に。
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

なんとなく、PMPっぽい気がしましたが違いますかね・・・

ツールとか技法とか、、英語な感じとか・・・

うちの会社だともーーーー少ししないと、受験とかないですね・・

結構、勉強時間もかかりそうですしね。。
2010-11-24 水 22:34:55 | URL | 矢向 #Ji7woxQg [ 編集]

>矢向 さん

 PMPっぽいですか?数か月も勉強すれば、さすがにPMPの内容はそれなりに覚えてしまいます(汗)。
 勉強時間はそれなりに必要だと思いますが、PMPの合格率は噂には6割程度らしいので、ちゃんと勉強すれば受かるのではと最初は思っていました。でも現実はそんなに甘くはなかったですが・・・。
2010-11-25 木 00:45:12 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。