プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2010/11/27 (Sat) 20:30:27
ようやく資格取得勉強が終わった(その3)
 今回は投資とは関係ない内容なので、興味のある方だけお読みください。

 「ようやく資格取得勉強が終わった(その1)」と「ようやく資格取得勉強が終わった(その2)」の続きで、今回で最終回です。

 またwebから受験費用の支払い。375ドルの受験費用は痛いが仕方がない。ここでもaudit対象となる可能性もあったが、対象から逃れることができた。受験申し込みは近い日がもう既に埋まっていて、また近くの受験場は試験開催日が少なく、11月中旬にならないと受験できる日がなかった。約1か月半後であるが、勉強しなおす時間を考えるとちょうどよいかなと思い、11月中旬に再受験することに決めた。

 再受験することに決めたはよいが、どうやって勉強するかが問題だ。「PMP教科書」と「PMP試験合格虎の巻」の2冊の本はそれなりに勉強したので、これ以上勉強しても、試験に受かる確率が高まるようには思えない。別の本を買って勉強することも考えたが、既に勉強した2冊の本と大差はないだろうとも思った。


 さてさて、こういう時は・・・、しばらく考えたら「基本に立ち返る」ことが重要ではないかということに気づき、「プロジェクトマネジメント知識体系」であり、「プロジェクトマネジメントのテキスト」であるPMBOKをきちんと勉強するしかないという結論となった。

 もともと、

A Guide to the Project Management Body of Knowledge: Official Japanese Translation(プロジェクトマネジメント 知識体系ガイド PMBOKガイド)
A Guide to the Project Management Body of Knowledge: Official Japanese Translation(プロジェクトマネジメント 知識体系ガイド PMBOKガイド)

をきちんと勉強しなければならなかったのだが、最初に見た時に非常にとっつきにくいイメージを持ってしまい、以後はあまり見ることも無くなってしまっていた。これをきちんと勉強しないといけないと腹をくくって、PMBOKガイドを重点的に勉強した。

 通勤の電車の中で読んだり、仕事で遅くなる日が多かったのだが、家に帰ってから毎日数ページでもいいので読み、関西方面に出張することもあったのだが、新幹線の中やホテルでも読み、というのを続けて、全部で5回ほど繰り返し読んだ。ただ、これだけ読んでも、正直言って理解が深まったという感覚はあまり持てなかった。

 再受験の日が近づき、

PMBOK問題集―PMBOKガイド第4版対応
PMBOK問題集―PMBOKガイド第4版対応

を購入し、力試しにやってみた。この問題集の問題を解き始めると、非常に基本的な内容を問う問題ばかりで、この問題なら90%以上は正解でないとダメではないかという感じすら持った。にもかかわらず、採点結果は約85%と、また微妙な正答率。ん~、やっぱり自分には才能がないなあと思うしかなかった。

 それでも再試験は目前に控え、悪あがきで、本屋さんで問題集を立ち読みしていくつか問題をやってみたら、なんと間違えてしまうものが多い。あ~、もうダメだと落ち込んだ。でも、もう試験日はずらせないところまで来ており、覚悟を決めて受けるしかなかった。

 再試験当日、またお昼前に家を出発して、試験開始の40分くらい前に到着。受け付けをして、荷物をロッカーにしまう時に、前回とは違うロッカーを選んだ。あまり意味のないことだが、少しでも前回のことを引きずらないようにしたい気持ちの表れであった。

 今回は試験開始予定時刻の15分くらい前に呼ばれ試験部屋に通される。いよいよ始まるんだなと思いながら席につき、慌てないように深呼吸。チュートリアルの途中で、EVなどの計算式などをメモ用紙に書き留め、チュートリアル終了の前にまた深呼吸をしてから試験本番に突入した。

 試験に入り、試験はまた1問当たり1分くらいを目安に進めた。30問くらいまで進んだところで、自信を持って答えられる問題が多いことに気づき、「今回はいけるかも!」という思いも浮かんだ。でも、まだ始まったばかりで安心するのは早いと、気を引き締めた。

 案の定、問題を進めると答えに迷う問題が多く出てきて、「やっぱり今回もダメかな?」という思うも浮かんだ。ただ、前回の問題と比べると日本語訳は改善されている感じだった。前回と同じ問題も数十問出ていたが、明らかに日本語訳が変わっていたものがあった。おかげで、1問当たり1分もかからないペースで進んだ。

 試験の終盤に入って、また自信を持って答えられる問題が多く出てきて、「今回はいい勝負になるな」と。最後の問題まで答えたところで、残り1時間以上あった。1度退出して休憩を取ろうかと思ったが、入退出時のサインなどが面倒だと思ったので、その場で数分間休憩し、問題の見直しに入った。

 チェックを付けた問題を見直し、1、2問だけ答えを修正したところで、残り40分以上あった。もう一度見直そうかと思ったが、あれこれ考えて正解のものまで直してしまってはいけないなと考え、もうこれでいいやと、終了することを決断。しかし、本当にこれいいのか?と終了のボタンをなかなか押せない(往生際が悪いぞ!)。また深呼吸して、終了のボタンを押下。アンケートが出てきて、これに答える。早く結果が見たいような見たくないような。アンケートは上の空で答えた感じ。

 いよいよ試験結果が出る。ジャン、「Congratulations!」文字が出てきて、やったーという喜びと、ほっとした安堵感とが。試験結果を紙で受け取り、「Examination Result:PASS」(合格)と書かれていることを何度も確認して、試験会場を後にした。

 ようやく長い長い、プレッシャーのかかる試験を終わることができた。合格すると、私の勤める会社ではお金が出るので、受験料を考慮してもプラスになる。ただ、勉強した時間の長さと、かかったプレッシャーの大きさを考えると、割に合わない感じも残る。

 PMPは資格取得後も資格維持に必要な継続学習が必要で、今後も継続的に勉強することが求められる。資格を取ってもそれだけで役に立つものではなく、どう生かすかがカギとなる。資格で得たものをどう生かすかはそれを使う人にかかっている。少しでも生かせるようにしていきたいと思う。
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(5)
コメント

合格おめでとうございます。
私は継続学習で四苦八苦しています。普段の業務があるとなかなか継続学習まで手が回りません。e-learningでごまかしている感じです。
2010-11-27 土 23:08:22 | URL | 吊られた男 #zdvXpt9s [ 編集]

合格おめでとうございます!継続学習を積み重ねるのは大変ですよね。仰るように、資格をどう生かしていくのかというところはしっかりと考えていきたいです。
2010-11-28 日 17:37:30 | URL | 田舎のKen #- [ 編集]

> 吊られた男 さん

 継続学習も結構たいへんですよね。最初のうちはいいのですが、年数が経つとだんだん受ける講座が少なくなってという話も聞こえてきます。何よりも勉強の時間をつくるのは一番難しいかもしれませんね。


>田舎のKen さん

 資格をどう生かしていくかと言っても、具体的にどうするのかは簡単には思い浮かんでこないものです。資格取得、資格取得という人が多いのですが、資格を取得してそれをどう生かしていくかの視点がもっと必要だと思います。実際の経験を積み重ねてブラッシュアップするくらいしか、出てきませんが・・・(汗)。
2010-11-28 日 22:00:43 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

合格おめでとうございます。

合格すると良い連鎖が生まれて、
次は、、という気になりますね。

資格をどう活かすか
という話もありますが、
既に体系だった知識がついているので
後は普通に仕事をしていけば
おのずと今回の知識が使えそうな気がします。
2010-11-30 火 22:05:26 | URL | あつまろ #- [ 編集]

>あつまろ さん

 体系だった知識が身についているかどうかは疑わしいのですが、これまでの経験と、これからも目にするであろう新しい知識や技術もできるかぎり身につけて、それらをうまく生かしていければいいなと思います。
 あつまろさんも将来PMPに挑戦する時は、頑張ってくださいね。
2010-12-01 水 00:34:35 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。