プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2011/01/15 (Sat) 23:32:53
プリンタインクカートリッジ購入での出来事
 今回は投資とは関係のない批判的な内容なので、興味のある方だけお読みください。

 昨年の12月頭の出来事である。喪中で年賀欠礼の葉書を印刷しようとしたのだが、インクが無くなったのか、インクカートリッジのインクが詰まってしまったのか、原因はよく分からないが、インクカートリッジの問題で印刷ができなくなった。

 仕方がないのでインクカートリッジを購入しようとしたが、このプリンタは某PCメーカーのPCを買う時に同時に購入したもので(直販)、インクカートリッジは店頭では売っておらず、この某PCメーカーに注文する必要があることが分かった。webサイトの方で注文を受け付けていて、最速で翌日には届くと書かれており、早速注文したのであった。


 注文は問題なくでき、注文受け付けのメールも届いたので、遅くとも数日内には届くと思った。だが、1日経っても2日経っても、5日経っても届かない。webサイトから問い合わせをしたが、2日経っても返答がない。もう一度webサイトから問い合わせをしたがこれまた返答がない。こんなふざけた対応があるのか?と、かなり怒りモードが高まった

 仕方がないので、電話で問い合わせをした(最初から電話で問い合わせをするべきだったと後悔したが)。しかし、電話も「混み合っていますので、しばらくお待ちください」のメッセージが流れ、なかなかつながらない。時間をおいて何度か電話をかけなおして、ようやくつながった。

 注文品が届かないことを伝えると「クレジットカード番号の認証で問題があり、滞っている」との答えがあった。だが、こちらの入力ミスなどの問題なのか、向こうの問題なのかは分からないとのことだった。どっちにしろ、注文をほったらかしにして、こちらからの問い合わせも無視してというのは、大きな問題だ。そのことを指摘したが、担当者はただ「申し訳ありません」の言葉を繰り返すだけで、どう改善すべきかということにはあまり関心がないようだった。

 とにかく注文したインクカートリッジを届けてほしいので、その旨を伝えると、注文したインクカートリッジは在庫切れで、大容量のインクカートリッジなら在庫があり、早く届けることができると。もう何でもいいので、早く届けてほしいと伝えた。これでインクカートリッジはすぐに届くのかと思ったが、実際に届いたのは4日後であった。

 このPCメーカーは直販で伸びてきた会社のはずで、webサイトを用いたシステムはかなり進んでいるものと思っていたが、今回のような出来事に会うと、大きな問題を抱えているように思った。今度PCを買い替える時にはこのメーカーを外すことも考えるかもしれない。ただ、たまたま今回は悪いことが重なって、ごく稀なことが起こったのかもしれないので、きっぱりと切り捨てることはしないつもりだが。でも、今回の出来事は起こってほしくなかったな。

 他のメーカーも似たようなものかもしれないが、もしそうなら、webサイトから注文するという行為はかなり危険が伴うものであると感じる。IT技術はかなり進んでいるが、一方ではまだまだ発展途上のところも残っているように感じた今回の出来事であった。
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
 プリンタの経験は、大変でしたね。
 よく使うプリンタであるならば、カートリッジは普段から1個買って備えておくべきかと思います。
 さもなければ、別のプリンタが使えるようにしておくのでしょうか。
 プリンタだけでなく、パソコンも予備機が必要です。
 ソフトは、故障しないけれど、ハードは故障するものです。
 何が起こっても大丈夫というようにしておかないと、結局自分の行いたいことが行えないという結末になりがちです。
 しばしばこういうことはもっとも忙しいときに起こるものです。
2011-01-16 日 06:52:41 | URL | 乙川乙彦 #aggRNquY [ 編集]

> 乙川乙彦 さん

 おっしゃるように、忙しい時に不幸なことは起こるものなので、備えは必要なのでしょうね。でも、それにかかるコストが多額になることもあるので、限界もありますね。インクカートリッジの予備を持つというのはいいなと思いますが、パソコンの予備までというと、ちょっと厳しいかなと感じます。データなどはお金に換算できないくらい大事なものもありますので、外付けのディスクにバックアップをとるようにしていますが。
2011-01-18 火 00:01:35 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。