プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2007/05/09 (Wed) 22:40:17
投信手数料高止まりで最高水準に
 本日2007年5月9日の日本経済新聞に「投信手数料高止まり――管理費年1.3%、最高水準に、急増『新興国型』、2%超も」の見出しで記事が出ていた。

 記事には

投資信託を購入した後の管理費として利用者が毎年負担する手数料(信託報酬)が高止まりしている。三月末の平均値は契約資産の一・三〇八%と四年連続で上昇。手数料が割高な新興国投信などの商品が増え、過去最高の水準に達した。


と書かれており、なんと手数料は過去最高の水準だそうだ。



 高成長が見込める新興国の投資信託は魅力的で、証券会社等の投資信託の売れ筋ランキングでも新興国の投資信託が上位に入っているのを度々目にするので、よく売れているのは間違いなさそうだ。そういう投資信託は2%前後やそれ以上の高い信託報酬がかかるため、全体の平均値を押し上げたということらしい。他にも、手数料が2重構造になっているFOF(ファンド・オブ・ファンズ)の増加も原因だと書かれている。

 新興国の投資信託であるが、信託報酬が2%前後でも十分に高いのであるが、その他の費用がそれ以上に圧し掛かるものもある。例えば、HSBCインドオープンは2006年11月29日の決算での費用は以下のようになっている。

  信託報酬  395円
  委託手数料 100円
  有取税    3円
  保管費用  323円

 信託報酬(2.1%)以外にも多くの費用がかかっており、トータルで約4.16%の手数料がかかっていることになる。保管費用は間違いじゃないの?と思うくらい高い。これは極端な例だが、こんなに高率の手数料がかかるものもある。このように、信託報酬以外の手数料を含めると手数料の平均値はもっと大きくアップするはずだ。

 一方、FOFが手数料が高いものばかりかというとそうでないものもある。セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは株式だけの投資信託ではなく債券も含まれているものの、トータルの手数料は年率約0.78%と低く抑えられている。投資信託の中でも最低水準の手数料で、最もおすすめできる投資信託の1つだ。

 blogなどでは手数料の高さを問題にする記事が多く出てきているとはいえ、投信を購入する多くの人には、まだまだ手数料の高さは問題視されていないようである。売る側の問題が大きいとは思うが、買う側も手数料の高さを意識する必要があろう。特に長期間になると手数料のわずかな差が運用結果の大きな差となって表れるので、手数料をいくら気にし過ぎても、し過ぎることは無いと思う。

 また、記事では、

投信市場の規模が日本の十倍以上の米国では、残高が多い投信は契約者から利益還元を求められ、信託報酬を下げるケースがある。


と書かれている。投資信託を買う側にすれば信託報酬の引き下げは非常に良いことであるが、後になってから信託報酬を引き下げるというのでは、売る側のたくさん売ろうとする努力を削ぐことになってしまい、少し問題ではあると感じる。

 最初から低い信託報酬を設定することが重要で、そうするなら後になってから引き下げることは必要ないように思う。最初から手数料が低い投資信託であれば、手数料に敏感な賢い投資家はそういう投資信託を喜んでたくさん買うだろうし、たくさん売っても信託報酬を引き下げられなければ、売る側もたくさん売る努力も惜しまないだろう。売る側、買う側の両方がメリットを受ける仕組みが必要だ。

 手数料の高さが過去最高水準となったことは問題ではあるが、こうして記事に取り上げられ、少しずつ手数料に対する意識が高まっていけば、そのうち手数料が下がっていくと思われる。既にセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドなど、少しずつその動きは出てきていると感じる。

トラックバックした記事
「投信手数料高どまり」 by NightWalker さん
投資信託雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
”チョイワル添乗員資産運用日記 株・FX・投資信託”のブログ管理人のまーぷーです。

リンクの取り消し了解しました。 
お互いいいブログを作っていきましょうね。

もし迷惑でなければ私のブログの方では、fundstoryさんのブログのリンクを残しておきたいんですけど、、、
それは大丈夫ですか??

それから左下のメールフォームからメールを送ろうとしたら、登録メールアドレスが間違ってるようで送れませんでした。 1度ご確認ください。 
2007-05-10 木 18:03:50 | URL | まーぷー #- [ 編集]


まーぷー さん、ご連絡ありがとうございます。
いろいろ考えるところがあって、投資信託をメインにするblogをリンク対象にしたいと思い、今回の決断に至りました。
なお、そちらのリンクはよろしければ残していただいて問題ありません。
もし、将来、まーぷーさんが投資信託のウェイトを上げるようでしたら、よろしかったらコメントいただけるとありがたいです。有意義な情報交換ができればなあと思っております。
なお、左下のメールフォームですが、テストしてみましたが、特に問題はありませんでした。まーぷーさんが使われた時はシステムの調子が悪かったのかもしれません。
今回はご丁寧な連絡をいただいて、ありがとうございました。
2007-05-11 金 02:26:33 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。