プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2011/04/10 (Sun) 00:04:21
日本の今後の電力供給は?
 福島第一原発は、一時に比べると安定化の方向に向かっているようだが、いまだに予断を許さない状況が続いている。原子炉を冷温停止状態にするには、うまくいっても数か月はかかるとの見方もあり、長期戦となることは間違いない。

 福島第一原発の1~4号機は廃炉となるようだが、最終的な廃炉には、数十年の時間がかかるようだ。冷温停止した後にはもっと長い年月かかかり、そのための費用も大きなものになるだろう。

 さて、福島第一原発の事故のために、日本では数十年間は新たな原子力発電は建設されないだろうと言われている。アメリカでは1979年のスリーマイル島原子力発電所事故以降、新たな原子力発電の建設は行われていないところから見ても、日本で同様なことが起こっても何ら不思議ではない。


 そうなると、日本では電力をどうやって生み出すのか?という問題に直面することになる。火力発電の比率を高めるとか、風力発電や太陽光発電を多くするなどという話もあるが、二酸化炭素を削減しなければならないことや、安定的に発電できる方法なのか、コストアップになるのではないかなどの問題があり、簡単には解決できない問題である。

 原子力発電に変わる適当な方法がないとなると、やはり原子力発電に頼るしかないのではないかという人もいるが、今回の福島第一原発の事故を見ると、それは受け入れられない方法だろう。安全を確保できない方法は絶対に認められないと思う。

 そうなると、今現在一番比率の高い火力発電の比率を高めるしかないように思う。安定的に大量に電力を供給できるのは火力発電しかないと思われる。二酸化炭素の問題もあるが、将来的には排出権を売買する方法を使って解決するしかないだろう。大幅なコストアップが予想されるが、大きな危険を伴う原子力よりは受け入れやすいのではないだろうか。

 コストアップについては、発電する側の努力も求められる。日本の電力料金は外国の約2倍との調査があり、外国に比べて高い。電力会社には外国並みの料金になるよう頑張ってもらうことが必要だ。かかったコストに利益を乗せるようなやり方ではだめで、顧客に受け入れられるような料金にするためには、どれだけのコストがかけられるのかというやり方に変えなければならない。

 そのためには電力供給の自由化を行い、競争させることが必要だろう。電力会社以外でも自社(工場)で使う電力を自家発電している会社は結構多くあり、電力供給の自由化を行うと参入する企業は結構多く出てくるのではないだろうか。そうなれば、原子力に頼らずとも、大きなコストアップなしに必要な電力を確保できるのではないかと思う。
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

電力料金の国際比較(USドル/kWh)

家庭用電力料金
OECD/IEA, ENERGY PRICES & TAXES, 3rd Quarter 2009, p.349
Table 22
Electricity prices for households in USD/kWh

        2007年
        
Denmark    0.344
Netherlands  0.285
Germany    0.263
Italy     0.258
Ireland    0.244
Luxembourg  0.231
UK      0.219
Austria    0.214
Portugal   0.210
OECD Europe 0.203
Hungary    0.188
Slovak Rep  0.188
Spain     0.187
Japan     0.176
New Zealand  0.161
Poland    0.151
Czech Rep.  0.146
Finland    0.145
France    0.158
Total OECD  0.143
Switzerland  0.136
Norway    0.132
Turkey    0.122
US      0.107
Korea     0.102
Mexico    0.093

http://www.oecd-ilibrary.org/energy/energy-prices-and-taxes/volume-2009/issue-3_energy_tax-v2009-3-en
2011-04-23 土 10:50:47 | URL | foo #BaVqJGy6 [ 編集]

>foo さん

 書き込みいただいた電力料金を見ると日本より高いところが結構多いですね。ヨーロッパが比較的高く、ヨーロッパでも原発が多いフランスが安いというのは、ちょっと興味深いです。でも、ヨーロッパで大地震が起きたらと思うとちょっと心配です。
2011-04-24 日 23:46:41 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。