プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2011/05/15 (Sun) 19:04:02
福島原発の事例を今後役に立てなければならない
 今回は投資とは関係ない内容なので、興味のある方だけお読みください。

 福島第一原発の1号機の原子炉圧力容器で「メルトダウン(炉心溶融)」が起き、直径数センチ程度の穴に相当する損傷部から汚染水が漏れているとみられると東京電力が発表した。一部の専門家の間では以前からメルトダウンした可能性があるとの見方があったようだが、それがほぼ現実のものとなったようである。このため水棺するという計画は見直しを迫られ、原子炉の安定化までの期間も延びてしまう可能性が高くなった。

 まだまだ、福島第一原発から目を離せず、状況を見守る必要があると思うが、一方では今回の事故を今後にどう役立てるかを考えていく必要があると思う。不幸にも大震災で福島第一原発ではメルトダウンが起きてしまい、大量の放射線物質が漏れ、安定化にも非常に苦労しているが、これを単なる日本の事故として終えてしまってはいけないのではないかと思う。


 話は少し変わるが、日本の1990年代初めのバブル崩壊後、長引いた不況は日本だけで起こったもので、他国には関係がないような見方もあったようだが、アメリカなどで日本のバブル崩壊がかなり研究されたようである。それがアメリカのサブプライムローン問題から起こった不動産バブルの崩壊、リーマンショックが決定打となった戦後最大の経済危機で役立っているとも言われている。

 このことから日本で起こった福島第一原発の事故を同様に今後役立てられなければならないと思うのである。旧ソ連のチェルノブイリ原発の事故はある意味やるべきことをきちんとやっていなかったために起こってしまったお粗末な事故だが、福島第一原発の事故は想定されることに対してきちんと危機管理を行っていたにも関わらず起こってしまったものであるので、原子力技術のさらなる向上のためには今後に役立てる必要があるはずである。

 特に日本ではある程度大きな地震が起こることを前提に原発が設計されていたが、外国の原発ではそういう前提では設計されていないような話も聞く。日本の阪神・淡路大震災ではそれほど大きな地震が起きるとは考えられていなかったはずだが、現に起こってしまったのであるから、外国でもあまり想定していない場所で想定を超える規模の地震が起こってもおかしくない。大地震が起きた場所に原発があったら、福島第一原発と同じようなことが起こり、もしかしたらそれ以上の大惨事になる可能性もあり、そうならないためにも福島第一原発の事故を研究し、対策を練っておく必要があると思う。

 そうやって原子力発電の技術をもっともっと向上させていく必要があり、今のレベルの技術で安易に原子力拡大を進めていくのは危険であると思われる。福島第一原発の事故は技術力の過信に対して神が警告を与えたのではないかと思う。その警告を無視するのかどうか、それは原子力の専門家だけではなく、我々一般人にも大きな影響を与える、大きな、重要なテーマだと思う。
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

内容自体には大筋同意ですがいくつか気になりました。”旧ソ連のチェルノブイリ原発の事故はある意味やるべきことをきちんとやっていなかったために起こってしまったお粗末な事故で福島第一原発の事故は想定されることに対してきちんと危機管理を行っていた”というのはどうしてそうお感じになったのか私には理解できないです。いずれにせよ、御ブログで依然触れておられたように、この原子力というものは想定しようがしまいが、暴走すると人間の手に負えなくなるということです。サブプライムショック後のお話もしかりで、確かにこの日本の陥ってしまった流動性の罠を研究されたバーナンキ議長による史上類を見ない規模での規制緩和が進行中です。しかしこれはまだ終わったわけでなく、現在進行形で実験中であるだけで有効なのかどうかは結果として分かっていない状況です。(現状商品価格の高騰など異常な状況も垣間見えてきていますので、福島原発同様まだまだ予断を許さない状況にあると言えます。)以前、御ブログでも触れられておられたように何でもかんでも人間がコントロールできるのかという問題なのだと思います。3号機はプルトニウムという世界に存在する物質で最も有害といわれるものですが、それがメルトダウンしてしまっている状態は、大変憂慮すべき問題ですね?ついつい長文になってしまいました。大変失礼いたしました。
2011-05-15 日 19:41:53 | URL | ベトナム株投資 #XzNY5sGc [ 編集]

> ベトナム株投資 さん

 チェルノブイリ原発の事故ですが、wikipediaによると「運転員への教育が不十分だった」「実験が予定通りに行われなかったにもかかわらず強行した」「実験の為に安全装置をバイパスした」などとあり、かなりいいかげんなことが行われたと思われます。一方、福島原発は今となっては地震規模の想定が甘かったと言えますが、東日本大震災が起こる前には地震規模の想定が甘すぎると強く訴えていた人はかなり少数派であり、実際に起こった地震規模を想定するのは難しかったのだと思います。地震規模の想定以外に問題だと指摘されていることは一般の報道ではあまり聞こえてきませんので、地震規模以外の危機管理はきちんと行われていたと思っています。

 想定外のことはしばしば起こるものであり、ベトナム株投資 さんもおっしゃっているように、「何でもかんでも人間がコントロールできるのか」という問題をあらためて考え直さなければならないのだと思います。
2011-05-16 月 00:53:29 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。