プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2011/06/19 (Sun) 00:29:37
計画停電で電力料金が割引されていた
 毎月届けられる「電気ご使用量のお知らせ」だが、時間があったので先月分のものをじっくりと見てみたら、電気料金がいつもに比べて安くなっていた。何でかな?と思って細かく見てみたら、計画停電が行われたためにその分だけ割引がされたということであった。割引額は200円弱で6回も停電が行われたということになる。

 ちなみに、家にいた時に停電にあったことはなく、何となく得した気分だ。会社のある人は何度か停電になったため、ろうそくを点けて晩ご飯を食べた、という人がいたが、今回の「電気ご使用量のお知らせ」を見て、本当に停電が行われていたのだとあらためて思った。

 計画停電による電気料金の割引は誠意ある対応だとは思うが、大量の放射性物質を漏らし、節電を強いさせることは、電気料金割引以上の迷惑だと感じており、早く事態を収拾させ、もとの安定した電力供給を行ってほしいと思う。


 さて、当面は電力不足で節電を強制されると思うが、一部で言われているように、電力がそれほど不足していない現在に節電をがんばるというのはいかがなものか?と思ったりもする。なぜなら、ピーク時に不足するだろう電力を補うためには、過去に停止した火力発電所を再稼働したり、新たな発電所を建設したりする必要があると思うが、どういう方法を取ったとしても大きなお金が必要になるはずで、今、我々が節電すればするほどそのお金は電力会社には入らないことになるからだ。

 ピーク時に備えてピーク時の電力を抑えるために今から節電するというのは分かるが、そうすればするほど電力会社が必要とするお金が消えてしまうという矛盾に陥ってしまう。節電すれば経済も停滞する可能性が高く、電気がある時には無理に節電しない方がよいはずだ。

 ただ、来月7月辺りから暑さは厳しくなっていくものと思われる。その時にはどうやって節電するか、節電してエアコンなどをあまり使わないようにしても体調を崩さないようにするにはどうすればよいかを真剣に考え、実行していかなければならない。残された時間はあまり残っていない。

 幸い私はエアコンでガンガン冷やさなくても電力消費が相対的に低い扇風機で十分な場合が多いので、家ではエアコンはあまり使わず、扇風機を使って節電に協力したいと思っている。これから来る暑い夏場を節電しながらなんとか乗り切りましょう!
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
こんにちは!
関東ではもうすぐ計画停電が実施されますね。
蒸し暑い午後にエアコンが使えない状況なんて想像もできないですね。
今のうちに、充電式扇風機やクールタオルなどの節電グッズをいろいろ調べています。
はやく準備しないと!
2011-06-26 日 16:17:50 | URL | スナフキン #- [ 編集]

> スナフキン さん

 今年の夏がどれだけ暑くなるか心配ですが、備えあれば憂いなしということわざがあるように、停電になっても使えるような代替手段が用意できればよいですね。探せばいいものが見つかるかもしれないので、私も探してみたいと思います。
2011-06-26 日 23:35:25 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。