プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2007/05/13 (Sun) 00:46:10
「株式投資の未来」を読んでみて
 ゴールデンウィークの後半から約1週間をかけて

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす
ジェレミー・シーゲル著

を読んでみた。この本は2005年11月に出されたようで、少し前になるのだが、他のblogなどでもおすすめになっていることも多く、少し時間のできた連休を利用して読んでみた。

 感想を一言で言うと、オリジナリティのあるなかなか興味深い内容であった。具体的に興味深かったのは以下の点だ。

(1)成長の罠
(2)高齢化問題
(3)D-I-V指針



 これだけでは何のことだかさっぱり分からないと思うので、簡単に内容を書いてみたい。

 まず、「成長の罠」について。IBMとスタンダード・オイルの2つを例に挙げ、高成長企業への投資が必ずしも高リターンをもたらす訳ではないことを述べている。1950~2003年で、1株当たり売上高、1株当たり利益など、成長ペースを示す指標はIBMの方が上回っているのに、株式からのリターンはスタンダード・オイルの方が上回っていることが示されている。

 これは、投資家が成長力に対して過大な金額を払うがために、そのリターンは大きくならないということのようだ。逆に成長しないと思われる企業の株式は安値に放置されることが多く、リターンは意外に大きくなる。この他にも1990年代を取り上げ、高成長を続けた中国と、経済的危機の状態になったブラジルの例を挙げて、株式からのリターンはブラジルの方が多かったことを示している。

 次に「高齢化問題」について。投資に関する本で、これほど高齢化の影響が書かれた本を読んだことはなかった。日本をはじめ先進国では高齢化の問題が少しずつ取り上げられるようになってきているが、私自身はそれほど問題とは考えていなかった。だが、この本ではかなり深刻になる可能性が書かれている。

 高齢化により労働人口が減少し、モノの供給量が減少して、インフレ率が上昇する。インフレになれば債券の魅力は乏しくなり、労働者不足から賃金上昇につながるため、企業の株式も見通しが明るくない。高齢者は生活費のために資産を切り崩していくが、人口減少のためにその資産の買い手がいなくなり、資産価格が下落する。

 労働人口を維持するために、退職年齢を延長する、生産性を上げる、社会保障税率を下げるなどの方法があるが、どれも現実的な解ではないそうだ。でも、途上国の発展が高齢化を解決する解になりうる。途上国で生産されたものが高齢化を迎えた先進国に供給され、また先進国の資産を途上国が買い、モノと資産の交換が進むことが鍵となるということだ。

 最後に「D-I-V指針」について。インデックス投資をコアとするべきものの、インデックスを上回る方法として次の3つを挙げている。

  ・配当(Vididend)
  ・国債(International)
  ・バリュエーション(Valuation)

 この中でも高配当戦略には少々驚いた。配当金は出されるたびに税金が引かれてしまうため、複利効果が出しづらくなり不利になると考えていたのだが、配当が高い銘柄は投資家が収益見通しに過剰に悲観的になっているために、株価が適正水準を下回り、リターンは平均を上回るということのようだ。過去の統計が示されており、非常に説得力がある。

 「株式投資の未来」は単にインデックス投資で平均値を狙うことが一番良いということを述べるのではなく、インデックスを上回れそうな方法を過去の統計を示しながら説得力を持たせて書かれている。そこが、この本の非常にオリジナリティを感じさせる良い内容だと思うところだ。

 先日「再び楽天証券が海外ETFを追加」で書いたように、ちょうど楽天証券でiShares Dow Jones Select Dividend Index(DVY)(ダウ・ジョーンズ好配当株式指数に連動)が取り扱われることになり、高配当戦略を実践できる環境も整った。インデックス投資を基本にしつつも、高配当戦略も検討してみたいと思っている。
投資本 | Trackback:(2) | Comments:(2)
コメント

今日は。5月14日、試行ながら私もブログを開設してみました。投信による資産形成の記事が書ければ良いかなと思っています。

ここにリンクをはらせていただいております。まだ試行段階ですが、今後とも宜しくお願いいたします。

http://shinkansen-19641001.cocolog-nifty.com/
2007-05-16 水 07:50:12 | URL | 新幹線 #FyfYRPZg [ 編集]


新幹線 さん、コメントありがとうございます。
blog開設おめでとうございます。鋭い視点での記事を期待してますよ。
こちらからもリンクさせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。
2007-05-17 木 00:37:48 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

買ったら一生うらない。その会社の株を買うことはその会社の一部を所有すること。すばらしい。この価値観はデイトレードを否定する。我々は社会に付加価値を生み出すことでしか、いきていけないと思う。バフェット本人の言葉で彼の企業経営に対する考え方、哲学がよくわかる
【2007-10-05 Fri 20:24:35】 | みかの記録
インデックス投資家はインデックス投資がベストだと考える向きが多い。 のらはベストだとは思っていないがベターだとは思っている。 また、インデックス投資家には新興国への投資が好きな人も多いらしい。 そうした、想いを打ち砕かれる本だ。 個別株への投資、成熟産...
【2008-04-21 Mon 23:47:48】 | のらFPのブログ
Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。