プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2011/07/10 (Sun) 21:11:52
2011年上期運用結果
 2011年上期(半年間)の運用成績のまとめ。

  期首 期末 損益 損益%
全体 \3,818,644 \3,965,017 \146,373 +3.83%

 金額で約14万円、率にして約4%のプラスとなった。半年間の運用成績としてはとてもよいとは言えないが、まずまずというところだと思う。何よりも通算損益がプラスとなって終ったところはよいと言えるのではないだろうか。

 特別によい材料があった訳ではないが、リーマンショックからの経済の立ち直りが鮮明となってきたことが株価の上昇につながったと思う。しかし、その経済の立ち直りもやはりまだ本格的なものではないという懸念も出て、株価の頭を押さえた感じとなって、小幅な上昇にとどまった。



 また、日本で起きた東日本大震災も株価の頭を押さえたと感じている。特に日本国内では電力不足が長引きそうなため、まだまだ長い期間に渡って影響を与え続ける可能性もある。

 為替が1ドル80円に近い水準であり、欲を言えば、為替が円安に振れてくれればいいかなと思うのだが、今は仕込みの時期であり、高い円で安い外貨資産を購入するメリットをきちんと認識しなければいけないかなとも思う。目先の損益にとらわれず、将来の損益がよくなるのかを忘れずに記憶しておく必要があると思う。

 2011年上期は外国株式のインデックスファンドからETFへのリレー投資が実施できてよかったと思う。長らく外国株式のインデックスファンドの評価損益がマイナスであったために、そのタイミングで外国株式のインデックスファンドを売却してしまうと税金面でデメリットとなってしまうために、リレー投資を見合わせていたのだが、株価が上昇してきて外国株式のインデックスファンドの評価損益のマイナスも解消してきたため、ETFへのリレー投資を実施することができた。

 外国株式のインデックスファンドからETFへのリレー投資の副作用で、複数の外国株式のインデックスファンドを整理でき、外国株式のインデックスファンドの保有銘柄を減らすことができたこともよかったと思う。資産の管理上、あまりに多くの種類の銘柄を保有することは結構たいへんであると感じていたので、本当によかったと思う。しかし、全体で見るとまだ保有銘柄が多いと感じるため、もう少しへらせればいいなと思っている。

 2011年はまだ半分が残っており、まだ何が起こるか想像が付かないが、何が起こっても慌てず、冷静に、状況を見守り続けていきたいと思っている。

2011年上期運用経過 | Trackback:(0) | Comments:(3)
コメント
私は株式投資をしても苦戦続き。
投資信託もパッとせず(というよりマイナス続き)(>_<)

そこで出会ったのが海外のヘッジファンド投資でした。
もちろん先のことは誰にもわかりませんが、
少なくとも過去3年のトラックレコードが、
年率10~20%のファンドがごろごろ。
設定来だと50~100%のファンドもごろごろしています。

やるっきゃないと思って始めたのが、Wintonというファンド。
個人投資家でも国内業者を使えば割とアプローチは簡単です。
(参考「みんなの海外投資」http://www.minkaigai.com/

世界の先物市場、オプション、先物市場など、
私などは手の出しようのない市場が投資対象。
年平均利回りは16.9%ですが価格変動率が18.4%という
暴れ馬ファンド(ちゃんとまっすぐ走ってね)。

幸い不動産を売却したお金があったので、
思い切ってドバっと買い付けました(なるようになれです、
だって他に投資する対象が思いつかないんですもの)。
1億円貯まったら、またご報告しま~すo('▽'o)~~
2011-07-14 木 17:30:52 | URL | みんなの海外投資ファン #//469eGg [ 編集]


みんなの海外投資は、参考サイトではなく某社の集客・宣伝サイト。気を付けてください。

みんなの海外投資”ファン”ではなく、みんなの海外投資”関係者”乙
2011-07-16 土 08:43:01 | URL | ごんちゃん #- [ 編集]

>みんなの海外投資ファン さん

 ちょっと好ましい内容ではありませんので、次回コメントいただく時は気を付けてください。


>ごんちゃん さん

 私も宣伝臭い内容に感じたので、レスポンスするのをためらっていました。お知らせいただいてありがとうございます。
2011-07-17 日 02:10:47 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。