プロフィール

fundstory

Author:fundstory
1999年から投資を始めたが、失敗したなあと思うことも多く、実際の投資経験から本格的な投資について学んでいこうと思う。
基本スタンスは、長期、分散、低コスト、アセットアロケーション。毎月の積立、インデックス投資を基本とする。

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
たくさんのアクセス、ありがとうございます。
リンク(個人投資家)
リンク(専門家等)
逆アクセスランキング
たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございます。
お願い

  • 投資には様々なリスクが伴いますので、その点を十分に認識して、自己責任で行うようにしてください。
  • このblogを気に入っていただければリンクは自由にしていただいてかまいません。
  • こちらからの新たなリンクは、たいへん申し訳ありませんが、都合により中止しております。
  • 当ブログ内容の無断転載を禁じます。

メールフォーム
メールアドレスは間違えないように記入してください。メールアドレスを間違えてしまうと、こちらからの返信ができなくなってしまいますので。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
--/--/-- (--) --:--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
2011/11/27 (Sun) 00:08:03
電車とタクシーの衝突事故に遭遇
 今回は投資、資産運用とはあまり関係ない内容なので、興味のある方だけ読んでください。

 もう1か月ほど前のことになるが、10月24日の電車とタクシーの衝突事故に遭遇した。タクシーがガードレールなどを突き破って線路に転落して、そこに電車が来て衝突した事故であった。私はちょうどこの事故にあった電車に乗っており、もろに影響を受けてしまった。

 事故のことを思い出すと、途中の停車駅から出発してすぐに急ブレーキがかかった。それとほぼ同時に電車内の電灯も消えて車内が暗くなってしまったので、ただ事ではないなと思った。それでもこの時点ではすぐに復旧するだろうという楽観的な考え方の方が強かった。


 電車が止まったあと車内には「電車が何かに接触したと思われる」という内容や「急停車でケガをした人はいないか、もしいるようだったら車掌が通った時に知らせるように」などという内容の放送があり、これはもしかしたらやはりただ事では済まないかもしれないという考えが強くなってきた。

 その後救急車と思われるサイレンの音が鳴り響き、電車は止まったまま動き出す気配はまったく見えず、しばらくは電車の中で身動きが取れない状態が続いた。電車が止まってから1時間以上も経った頃に「電車を降りて一番近い駅まで歩いてもらいます」という内容の放送が入って、この時になってとてもひどい事故になってしまったことが分かった。しかし、その放送があった後も電車から降りられるまでにはさらに1時間くらいかかった。

 電車の一番後ろの車両までのろのろと歩かされ、一番後ろのドアにハシゴが渡されて、そこから1人ずつ電車を降り、線路の上を数百メートルくらい歩いて一番近い駅まで辿りついた。線路の上を歩いたのはこの時が初めてであった。その駅まで歩いている間、空にはヘリコプターが飛び続け、駅に着いたら今度はマスコミの人がたくさんいて、中継をしたり、事故にあった電車から降りてきた人を捕まえてインタビューをしたりという光景が見えて、報道合戦が激しいなと思ったものだ。

 駅に着いたものの別の路線の近くの駅までの振り替え輸送のバスにはたくさんの人が列をなしており、いつ乗れるのか分からないような状態であった。別の路線の近くの駅までは歩いても歩けない距離ではないということだったので、歩いた方が早く着きそうだったので歩くことにした。結果的に歩いた方が早かったと思う。しかし、別の路線の近くの駅まで来てもその路線では家までは行けないので、この日は諦めて会社に戻り、会社に泊まったのであった。

 今回の事故で思ったのは、この事故にヘリコプターやたくさん記者を派遣してテレビなどで長い時間をかけて報道することもいいとは思うのだが、それと同じくらい経済に関するニュースを取り上げてもらうことも大事なことではないかと思った。経済ニュースは難しいイメージがあり、なかなか視聴率が取れないので、自然と少なくなってしまうという話を聞いたこともあるが、それでいいのだろうか?報道を受ける側も景気が悪い、政府は何もやってくれないと嘆くばかりではなく、経済ニュースをもっと見て、聞いて、勉強して、どういう政策を行うべきかなどを言えるくらいになることも必要なのではないだろうか?そんなことを感じた電車事故であった。
その他雑感 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

報道番組でも視聴率至上主義。
スポンサーあっての民放ということでしょうか。
NHKも最近は番組宣伝が多く視聴率をかなり意識いていることが窺えます。
経済ニュースがみたければワールドビジネスサテライトを見ろということでしょうか。
なんにしてもfundstoryさん怪我無くてよかったですね。
一歩間違えたら中国の列車事故クラスの大惨事になる可能性もあった事故でした。
2011-11-27 日 23:02:29 | URL | たれぱんだ #- [ 編集]

> たれぱんだ さん

 視聴率を取るためには、視聴率を取れるものばかりにするのは、仕方がないことですね。視聴者の方がそういうものを欲しているということになりますから、改めなければならないことが多いと思います。
 心配していただいてありがとうございます。私はまったく無事でしたが、おっしゃるように大惨事に巻き込まれる可能性もありますので、気をつけたいところですね。
2011-11-29 火 00:43:35 | URL | fundstory(管理人) #STKlk0h. [ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Google検索
Google
有用な金融機関
個人的に今後の資産運用に有用だと思う金融機関です。

  • SBI証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など100銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金を使うとSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点がある。(2013/4/1現在)
  • 住信SBIネット銀行
    SBIハイブリッド預金はSBI証券の買付余力に自動的に反映されるなどの利点の他、全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行の提携ATM手数料が無料、預金金利も高水準。月3回まで振込手数料無料、振込日予約、定額自動振込など振込機能も充実。(2013/4/1現在)
  • マネックス証券
    海外ETFは米国上場のものを100銘柄以上取り扱い、手数料は業界最低水準。
    投資信託も多数取り扱い、「バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド」などここでしか買えないものもある。もちろん低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • 楽天証券
    海外ETFは「バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)」など200銘柄以上を安価な手数料で取り扱う。投資信託は1200銘柄以上取り扱い、低コストのインデックスファンドを複数銘柄取り扱っていて、インデックス投資を行える環境が整っている。(2013/4/1現在)
  • セゾン投信
    バンガード社などと組み、低コストの投資信託(FOF)を直販する。人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式と債券で世界分散投資ができ、順調に純資産総額を拡大中。「セゾン資産形成の達人ファンド」は当初の日本株式ファンド2つに加えて外国株式ファンドを組み入れ、本格的なファンドに成長中。
投資の参考になった本
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。